HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議

























































  「流星ひとつ」沢木耕太郎が「緊急刊行」した藤圭子インタビュー本

                                          2013年11月17日  13:13

 
      
       
       ログ


 ・流星ひとつ・藤圭子インタビュー本
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・バタフライルーム傑作スリラー
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体

        
 
    

     



  沢木耕太郎の本になっていない原稿があるというのは前々から知っていた。それ
 は、藤圭子へのインタビューで構成した長編ノンフィクションで、取材は33年前に
 行われた。

 実は書いているうちに恋愛関係になってしまい、その原稿を沢木耕太郎は封印した
 と今は廃刊してしまった「噂の真相」という雑誌に書かれていた。

 ● 刊行を断念した理由
 あるベテラン芸能記者はこう話す。
 「沢木氏は取材を通じ藤と親密になりすぎ男女の関係になってしまった。沢木氏の
 職業的倫理観から、“深い関係”にある女性を取材した作品は出せないと判断。
 それが刊行を断念した理由ではないか、とまで一部で噂になっていたんです」

 その長編ノンフィクション「流星ひとつ」は、10月11日、新潮社から緊急出版された。
 34年ぶりに世に出す事に至った。
 『流星ひとつ』の本のあとがきに、「後記」というタイトルで書かれている” 出版しな
 かった理由”は、”藤圭子との恋愛うんぬん”とは根本的に意味が異なる。
 このように書かれている。

 藤圭子が『引退」するという理由はわかった。それが並の決意でないことも理解でき
 た。とはいえ、これから先、どういう理由で芸能界に「復帰」せざるを得なくなるかわ
 からない。私が一年間を海外で過ごし、しかし、やはり日本に戻ってふたたびノンフィ
 クションを書きはじめることになったように、藤圭子も芸能界に戻って歌うようになら
 ないとも限らない。
 そのとき、この『インタビュー』が枷(かせ)にならないだろうか。 
            (中略)
 要するに、これから新しい人生を切り拓いていこうとしている藤圭子にとって、この
 作品は邪魔にしかならないのではないか、と思ってしまったのだ。」

 その封印した原稿をふたたび出版しようとしたきっかけは何だったのか?
 藤圭子の突然の「謎の死」が、「精神を病み、永年奇矯な行動を繰り返したあげくの
 投身自殺」という説明で簡単に理解されていくのが彼は忍びなかったと書いている。

 ● 一流のインタヴュアーとは
 ところで、その『流星ひとつ』という本の内容。
 藤圭子は冒頭で「インタビューなんて馬鹿バカばかしいだけ」と語る。
 さらに、「この人には、自分のことが、もしかしたらわかってもらえるかもしれない、な
 んて思って真剣にしゃべろうとすると、もう記事のタイトルも決まっていて、ただあた
 しと会ってたことだけが必要だったるすすんだよね。あたしがどんなことをしゃべって
 も関係ないんだ、その人には」

 それに対して、沢木は、「インタビューというのは、そんなつまらないものじゃないと
 思う。」と、反論。「すぐれたインタヴュアーは、相手さえ知らなかったことをしゃべって
 もらうんですよ」
 藤圭子は「知らない事なんかしゃべれないよ」
 まあ、もっともな感想だが、その意味について、沢木は丁寧に説明する。

 「知らなかったこと、というと少し言いすぎになるかな。意識してなかったこと、と言え
 ばいいかもしれない。普通の会話をしていても、弾みで思いもよらなかったことを口に
 してることがあるじゃない、よく。でも、しゃべったあとで、そうか、自分はこんなことを
 考えていたのか、なんてひとりで納得したりする。
 そういうことなんだ、知らなかったことをしゃべらせるっていうのは。相手がしゃべろう
 と用意していた答え以外の答えを誘い出す。そういった質問をし、そういった答えを
 引き出せなければ、一流のインタヴュアーとは言えないと思うな」

 ● 歌詞を観たときは・・・・震えた
 インタビューの中で藤圭子は歌詞に関して、とても興味深いことを語っている。
 「夢は夜ひらく」は最初、園まりが歌った。そのメロディーで何気なく藤圭子が鼻歌を
 歌った。

    昨日はハー坊 今日マミー
    明日はジョージかラリ坊か

 ハー坊やマミー、ジョージ、ラリ坊は当時、藤圭子がいっしょに遊んでいたグループ
 サウンズの男の子たちの名前。
 それをいいとおもった作詞家が「それでいこうよ」と言ったのを冗談だと思ったら本当
 に「圭子の夢は夜ひらく」の三番の歌詞に取り入れていたという。

    昨日はマー坊 今日トミー
    明日はジョージかケン坊か
    恋ははかなく過ぎて行き
    夢は夜ひらく

     
 また、藤圭子が汚いテーブルの上にポンとのっていたザラ紙に走り書きされていた
 石坂まさをの歌詞を見た時にすばらしいと思ったのがこちら。

     女ですもの 恋をする
     女ですもの 夢に酔う
     女ですもの ただ一人
     女ですもの 生きていく

 「初めてこの歌詞を観たときは・・・・震えたね。すごいと思った。衝撃的だったよ。」
 誰が歌うんだろう、と思ったら自分の歌だったという。
 これは「女のブルース」というタイトルの歌詞だが、三番目の歌詞について、沢木が
 感想を言い、それに補足する藤圭子の言葉に感性のきらめきを感じる。

 「三番の歌詞がいいんだよね。
    
    ここは東京 ネオン町
    ここは東京 なみだ町
    ここは東京 なにもかも
    ここは東京 嘘の町

 実に単純な言葉を繰り返し使っているだけなのに、少しずつ情感が盛り上がって
 いく。演歌の歌詞って、不思議な力があるね」
 「ここは東京、なんて当たり前の歌詞が、みんな味が違うんだよね、歌にすると。
 四つが四つ違うんだ。あたし、これを歌うとき、聞いている人に、四つの東京を見せる
 ことができる、と思ったもん。思わない?なんで、ここは東京、という言葉が四回出て
 くるだけで、こんなドラマになるんだろう、って。沢木さん、思わない?」

 そして、藤圭子がなぜ引退することに至ったかの真相も語られている。
 意外な事に、喉の手術が原因で、歌声が変わってしまった事を、あげている。自分
 の中でそれを認めて歌い続けることができなかったという。

 ● スペインの居酒屋でのじいさん
 僕が今まで読んだ芸能人に対するインタビューで、こんなに心に残った内容はない。
 実に充実した一冊だ。藤圭子のイメージがこの本で変わってくる。
 さらには、沢木耕太郎の語りの魅力もある。彼のスペインで見たワインのグラス売り
 をしてくれる居酒屋の話し。

 カウンターの横に潮にやけたいい肌の色をしたじいさんがいて、大きなザルを前に
 して立っている。大きなハマグリがいっぱいはいっていて、じいさんに五ペセタ渡す
 と、ハマグリの貝を小刀でこじあけ、中身を三つに切って、サッとレモンをかけて渡し
 てくれる。生で食べるという。
 藤圭子が「日本の刺身みたいに?」と問いかける。

 「そう。それだけなんだけど、おいしいんだ、新鮮で。じいさんは、その間、ひとことも
 しゃべらないんだけど、その手際のいいこと、レモンを絞る感じが、なんともいえず粋
 なんだ。ガキッとこじあけ、ブツンブツンと切り、シュッと絞って、スッと差し出す・・・・・・・」
 藤圭子は、「いいなあ!」「とっても行ってみたいよ。行って、自分の眼でたしかめて
 みたい」 と語る。

 そして、本の終わりのほうでこのエピソードに対する沢木耕太郎と藤圭子の心のふれ
 あいを示す語りがあり、それがとても心に残った。

 「さっき、スペインのマラガの話をしたでしょ。そのとき、あなたは、すごく素直に反応
 してくれたよね。それでぼくは思うことができた。この人には言葉が通じる、ぼくの言葉
 が通じるって。あなたの反応に、少し感動したんだよね」
 「そうか、あのときだね。いままで、あんな話をしてくれる人はいなかったんだ。外国
 の話といえば、どこでヴィトンを買ったとか、そんなのばっかし。 マラガの居酒屋の
 話、あたしにはすごく面白かったんだ」

 最後に、藤圭子がこのインタビューの成功を祝して乾杯しようとすると、沢木が
 「いや・・・・・・・このインタビューは失敗しているような気がする」と語る。

 これには、どれだけ自分の仕事に対して厳しい人なのだという感嘆すら覚えてし
 まった。もしくは、こう語った時に、既にこの作品を封印しなければならないと、どこ
 かでは感じていたのだろうか。何はともあれ、30年以上眠っていた、幻の作品を
 読めた事に、さらにはそれがとてもすばらしい本であった事に、ぼくは静かな乾杯
 を沢木耕太郎と亡き藤圭子にしたい。

                    

  

 




☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system