HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議









  異様な切断が謎の「井の頭公園・バラバラ殺人事件」

                                          2011年3月21日 14:55

  


  
      ログ

 ・井の頭公園バラバラ殺人事件
 ・松浦亜弥トラック野郎で主演
 ・サメの会社で過ごした地震体験
 ・谷撼させた殺人者たちの名言
 宮城まり子・ねむの木学詐欺
 ・お世辞かマジか謎の不思議記事 
 ・女性客のラーメンに精液入れた
 ・北野武は頭の中でカメラを回す
 ・まとまり過ぎのウォール・ストリート
 ・激太り小向美奈子海外へ脱出
         
 ・海外で広がるイラストレーター
 ・毒ヘビも食べていた市橋達也
 ・モーニング娘・ドリ娘結成!

 ・なんとでも50億借金小林旭
 ・林家三平・国分佐智子と婚約
 ・不況出版界も!『週刊現代』
 ・悪魔の青木愛イチロー池上彰 
 ・谷岡ヤスジのギャグマンガ
 ・綾瀬はるか「全部終わった」

 ・三本指の女・中西ミツ子その後
 
         
 ・2人組にレイプ後、別の4人に
 ・ウィキリークス創始者アサーンジ逮捕
 ・黒い狂犬の異名持つ伊藤リオン
 ・超絶アクション「GAMER」
 ・広末涼子・妊娠16週目でき婚

 自殺直前の非常ボタンAYA
 ・解雇、山崎義 久84歳刺殺
 ・桃井望の謎だらけの焼死事件

 ・ヨーコ・ゼッターランド離婚

 ・五十嵐一氏の悪魔の詩・殺人

 

 こんにちわ。サメです。
 『日本の「未解決事件」100 昭和・平成の「迷宮」を読み解く』という本を買っ
 た。当時の事件に関連する写真がたくさん掲載されていて、文章も読みやす
 い。
 どこかで聞いたことがある事件の内容を確認するのに、ちょうどよい文章の長
 さだ。これで680円は安いと思った。

 その中でも、あまり記憶になかったのだけれど、今回読んで気になったバラ
 バラ殺人事件を取りあげたい。本の内容にネットで調べた情報を加えて書いて
 いきます。


 ○ 異様な「切断方法」 井の頭公園 バラバラ殺人事件

 井の頭公園は、サメも何度か散歩したことがあり当時、事件があったことはテ
 レビのニュース等で知っていた。
 しかし、こんな気味の悪い内容の事件が起きていたことに驚く。

 1994年(平成6年)4月23日、東京・三鷹市の井の頭公園でゴミ袋に入った
 人間の遺体が、ゴミ箱に捨てられていたのを清掃中の女性職員が発見した。

 生ゴミであれば猫の餌にしようと同僚の男性と袋を開けたところ、男性の足首
 が出てきた。警視庁捜査一課と三鷹署の捜査本部は現場を捜索。 やがて
 同公園の池を中心にしたゴミ箱から27個の遺体の断片を発見した。
 いずれも半透明のビニール袋に入っていた。

 バラバラ遺体が発見された4月23日、捜査本部は杏林大学病院の佐藤喜宣
 教授に司法解剖を依頼した。
 佐藤教授の説明によると、発見された遺体は両手足と右胸の一部分で、体
 全体の3分の1程度で20キログラムであったという。

 奇妙なことに遺体はとても鋭利な刃物で20センチごとにそろえて切断されて
 おり、さらに太さも揃えられ、肉の厚い部分は筋肉を削ぐなどして均一に調整
 されていた。
 要するに27個の遺体は長さと内径が均一に切断されていたという。

 さらには、指紋が削られ、血液が完全に抜き取られていた。また、遺体はとて
 もきれいな状態だった。念入りに洗われ、手がかりになるような付着物は一切
 残されていなかった。
 血を完全に抜くのはある程度の医療知識が必要であるが、それよりも一般
 家庭の浴槽では間に合わないほどの大量の水が必要だと言う。 

 しかし、DNA鑑定で身元は早期に判明した。犠牲者は地元に住む一級建築
 士、川村誠一(当時35歳)さんであった。
 川村さんは4月21日の夜、昇進祝いということで会社の元同僚と高田馬場で
 飲んでカラオケなどを楽しんだのち、夜11時頃に新宿駅で別れてからの行方
 不明となっていた。妻から警察署に捜索願が出されていた。

 怨恨やトラブルの線がまったく出なかったため、捜査本部は交通事故を疑っ
 た。遺体の筋肉の状況に何らかの衝撃を受けた痕跡が残されていたから
 だ。過失によって川村を殺害した何者かが発覚を恐れて遺体を遺棄したと
 いうシナリオが考えられたからだ。

 だが、川村さんの帰宅ルートでそれらしき交通事故が起きたという情報は
 皆無だった。
 死因についてはついに確定することはできなかった。頭部損傷や窒息死が
 考えられるが、頭部が発見されなかったので分からなかった。

 1995年1月には、川村さんが2人組の男に吉祥寺駅の近鉄百貨店前で殴ら
 れていたという目撃情報が報道された。また23日午前4時頃に井の頭公園
 をポリ袋を持った不審な男2人が歩いていたという証言もあった。目撃されて
 いる2人はいずれも30代と見られる。

 捜査の進展に期待が集まったが、この直後からオウム真理教によるテロ
 事件が発生。
 警視庁警察官の多くがオウム真理教へ投入されるなか、警視庁1課はこの
 バラバラ事件を置き去りにしてしまった。

 また、事件発生から3日後に名古屋空港で中華航空機が墜落する事件が
 あり、報道はそれ一色になり、結果的にこの事件はあまり報道されなかった
 という。

 それにしても、20センチごとにそろえて切るという手口が、何か偏執狂的な
 怖さを感じさせる。「指紋が削られ、血液が完全に抜き取られて」 というの
 も、その事件だけではなく「犯人は他にも何度かやっているのでは?」と思わ
 せる手口だ。

 鋭利な刃物で肉を切断できる精肉業者が捜査線上に浮上したこともあったと
 いうが、事件は2009年(平成21年)に迷宮入りをしている。

              

 参照:井の頭公園・バラバラ殺人事件 (事件史探求)
     井の頭公園バラバラ殺人事件  (オワリナキアクム)
 

   


 



☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system