HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議







  二度と出ることはない谷岡ヤスジのギャグマンガ

                                          2011年1月9日 20:52



  
      ログ

 ・
谷岡ヤスジのギャグマンガ
 綾瀬はるか「全部終わった」
 ・三本指の女・中西ミツ子その後
 ・2人組にレイプ後、別の4人に
 ・ぶっ飛び提案:映画は映画だ
 ・ウィキリークス創始者アサーンジ逮捕
 ・黒い狂犬の異名持つ伊藤リオン
 ・超絶アクション「GAMER」
 ・広末涼子・妊娠16週目でき婚
 ・自殺直前の非常ボタンAYA
         
 ・解雇、山崎義 久84歳刺殺
 ・桃井望の謎だらけの焼死事件
 ・ヨーコ・ゼッターランド離婚
 ・五十嵐一氏の悪魔の詩・殺人
 ・殺害された横手宏美さんの旅
 ・韓諭・松本秀夫さん殺害の謎

 ・蚊を食べたキャスター大人気
 ・岡崎友紀の無邪気?な借金
 ・華城連続殺人事件と殺人の追憶
 ・小林カウと吉永さゆりは別
          
 ・懐かしの女囚さそり梶芽衣子
 ・テイラー婚約の報道を否定
 ・韓国デリヘリ嬢バラバラ事件
 ・由美かおる入浴シーンお別れ
 ・グーグルアースで自分の軌跡
 ・情事を重ねるシルビアの謎

 ・呂月庭は毒ギョーザ事件の犯人
 ・黒い未亡人の自爆テロ死者39
 ・切断遺体女性の2人の男性
 ・助骨12本へし折った看護師
  
 
       
 ・文春が掴んだ海老蔵の真相
 ・父が包丁!娘はつえで応戦
 カプセルでお腹から響く音楽
 ・自殺生中継男はナンパブログ
 ・週刊朝日編集長が解く黒木昭雄
 ・黒木昭雄・自殺発表に対し疑惑
 ・痴漢!腹を触られた・女子大生
 ・諸星和己・沢尻エリカに求婚
 ・報道陣に喝!絶好調のマツコ
 ・暁波氏のノーベル平和賞





 
 こんばんわ。サメです。
 サメは谷岡ヤスジのギャグマンガをようやく見つけて買った。

 こうゆうマンガは、一気に読むと慣れて面白みが薄れてきてしまう。
 解説文を含めて1009ページもあるので、一日に一話か二話に限定し、少し
 づつ読んでいる。タイトルは「アギャキャーマン 傑作選」という。15年間、
 週刊漫画サンデーに連載された750本の中から、面白いストーリーのもの
 を118本選出して収録している。
 
谷岡ヤスジの漫画1
 
 彼は1999年に56歳で亡くなっている。
 1958年に文芸春秋漫画賞を取っている。そのわりには、現在本屋に行っ
 ても置いてあるところはほとんどない。古本屋でさえ、みつけるのがむずかし
 い状況だ。ずいぶんな扱いだ。
 彼のギャグマンガはなかなかない味わいのマンガで、他のギャグマンガで
 代用がきかない面白さを持っているのに……。

 谷岡ヤスジは、子供が主人公のマンガでブレイクした。
 そのマンガは1970年に週刊少年マガジンに連載した「ヤスジのメッタメタガキ
 道講座』という。
 三つの何度も出てくる表現が印象的だった。

 暴力やエッチなシーンで興奮すると鼻血がドバッと飛び出す「鼻血ブー」という
 表現や、頭に日の丸をさしたムジ鳥と呼ばれる変な鳥が、 朝に「アサーッ」、
 昼なら「ヒルーッ」、夜は「ヨルーッ」と物語の冒頭で時間を告げる。他に「オラ
 オラオラ」などの流行語も生んだ。
 
谷岡ヤスジの漫画2
   
 しかし、その一番売れている頃、サメはまったくの無関心だった。単に下品さと
 勢いがうりのヘタクソなマンガというような認識しかなかった。
 そのマンガのブームも消えた頃に、再び谷岡ヤスジのマンガに出会った。
  
 それは、一冊の成人雑誌だった。ヌード写真と、いかにもウソ臭い風俗記事が
 載っている三流雑誌だった。そこに、見覚えのある谷岡ヤスジのマンガにひさ
 びさに出会った。
 『「少年マガジン」から消えて、こんなところで描いていたのか……』とゆう一種
 の悲哀を感じつつそのマンガを見て驚いた。

 まず、マンガの線がよかった。単純な線なのに、とても味わいがあって、ヘタウ
 マイラストを1コマづつ見ているようだった。
 正確なストーリーは忘れたが、こんな内容だった。

 独身の男は怒っていた。いつまでたっても、隣の部屋ではSEXをしている女性
 のあえぎ声が止まらない。独身の男が壁をけって「うるさい!」と、怒ってどなっ
 ていた。最後にその隣の女性の大きなお尻が壁を壊してつきやぶった。
 独身男の部屋の壁にお尻がささったままになった。

 男は、声もなく茫然としたまま鼻をたらし、マンガは終わりという内容だった。
 「これが落ちでいいのか?」と疑問に思ったが、そのマンガのパワーで押し切っ
 た奇妙な味わいはしばらく後を引いてしまった。

 「アギャギャーマン 傑作選」のなかでも、谷岡ヤスジの漫画のパワーに関して、
 呉 智英(くれ ともふさ)が、こんな事を言っている。

 『同世代の高信太郎は、初期のころから谷岡にはかなわんと思っていて、
 谷岡と同じ雑誌でやっていると、競輪競技と同じで、はねとばされるというんだ。
 だから、あの人のそばに寄らないようにした、と。
 ああ、うまい表現だなと思って、「プロの目で見ても谷岡ヤスジのアイデアって
 すごいの?」
 といったら、
 「バカ!谷岡のマンガにアイデアがあると思うか。あんなものはアイデアじゃな
 い。あるのはパワーだけだ」

 (笑)。これは非常に正しい判断で、パワーだけであれだけのものが描ける。
 まさにそれは体力といっても、脳内物質といっても、何でもいい。あのそばに行
 くとはねとばされる。」

 さて、話は元に戻り、エロ本で谷岡ヤスジのマンガに魅せられてから、彼のマン
 ガをサメは探し始めた。
 そして改めて、その実力に関心したものだ。ブームを呼んだ爆発的な人気はな
 くなったろうけど、新たな魅力で、再生していたことを感じた。
             
 谷岡ヤスジのマンガは、必ず1回はどなって怒っている。
 その怒りに至るまでのボケ〜としている間がなんともいい。だから、そのボケ〜
 としている間の舞台に牛がいて、クワを持って畑を耕している老人がいるのが
 妙にはまっていた。

 谷岡ヤスジのマンガは、こんなに出版されない状態だと、やがては消えてなく
 なってしまうのかもしれない。それはさみしいので、ぜひ出版社の方は、谷岡
 ヤスジの作品に触れて、その魅力を再認識して出版を考えてほしいと思う。
 
             

 参照:谷岡ヤスジ 公式サイト

   


 



☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system