HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議






  自虐にはまる西村賢太の私小説

                                   2010年2月08日  



  
      ログ


 
大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」

        
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢

 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者

 ・朝青龍泥酔暴行事件の被害者
 ・自虐にはまる西村賢太の私小説
 ・全てが濡れ衣だった殺人教師

 獣のような破滅的恋愛ダメージ
 ・殺してやる朝青龍の泥酔暴行
 妻も取られた12年間のTOSHI
 ミッキーロークの復活レスラー
 細川ふみえ豊乳20センチ減
 
       
 ・アスキーの出まくりコラムニスト
 安室と淳のおめでとうムード?
 ・ウィルスガンブラーが狙ってる

 美由紀の不審死6人事件−B
 ・矢沢永吉に脅されて和田アキ子
 美由紀の不審死6人事件−A
 ・美由紀の不審死6人事件−@

 ・殺人は蚊を殺すと同じ金川真大
 ・脂肪事件から46人違法処刑事件
 ・8人の愛人ウッズスキャンダル
 ・小林順子さん殺害も?放火事件
 追加金額払いたいほどの面白さ
 ペルーと島根バラバラ殺人事件
 映画見たりブックオフ行ったり
 ・紅白歌合戦・陽水と永ちゃんは
 男の色気アマルフィ女神の報酬
 ・バラバラ殺人事件と殺人全集
 秘密クラブ!美女「S」は誰?

 マニアックなハッピーフライト


★注目 BOOK ◆ 暗渠の宿           2010.02.08UP  
  新潮文庫 発売日:2010年1月28日発売

 週刊文春(2月11日号)でも紹介されていた、西村
 賢太の私小説が面白かった。
 本のタイトルは「暗渠の宿」。この小説は野間文芸
 新人賞を受賞している。

 ちなみにタイトルの暗渠(あんきょ)とは、「覆いをした
 り地下に設けたりして、外から見えないようになって
 いる水路」のことを言うそうだ。

 もう一編、収録されているのはけがれなき酒のへど
 こちらがまた強烈だった。
 「私はしみじみ女がほしい」ありきたりな相思相愛の
 恋人が欲しかったのである。 

 と思う作者はその思いがかなわないことから、ホテトル嬢を呼ぶ。
 しかし、最も嫌いなタイプの女に当たってしまう。

 その嫌いな女をチェンジしようと思い、自分を見たホテトル嬢の目にも失意の
 色を見る。
 「筆先を自身にも向ける描写がユーモラス」と週刊文春に坪内祐三氏は書い
 ているが、サメにはユーモラスというよりは何か自虐的に思え、自分の心を
 言葉で引き裂いているようにも感じられる。

 「しかし先様の方でも水死した金太郎、と云ったところの青むくみの顔に、全体
 としてしまったところのないトドのような体つきの私を見るその吊り目にはハッ
 キリ失意の色を浮かばせていたから、これはこの際、チェンジを申し出ていた
 ほうがお互いの幸せであろうと思っていると、・・・・」

 この、気乗りがしないホテトル嬢ともさんざんな結果で終り、その後の好きに
 なったソープランド嬢とも失恋で終わってしまう。
 ありきたりな相思相愛の恋愛を望む彼は、夢かなわぬままに年下の友人と
 自分の話を肴に酒を飲む。すると、その友人から見下した嘲りを受ける。

 彼を外に引きずり出して軽い暴行を加えると、友人は口惜しそうな震え声で
 言ってくる。

 「だから飲みたくなかったんだよ。本当に最低の奴だよな、おめえは自分で
 性格破産者とか破綻者とかぬかしていい気になってるけどよ、そんなの褒めら
 れることじゃねぇんだよ。てめえで自覚があるんなら人に迷惑かけねえうちに
 入院するか刑務所に入るかしてくれってんだよ。

 だから恋愛感情を利用されて金取られるみてえな、男として最悪の騙されか
 たもするんだ。はっ、おめえみてえな奴は死ぬまで彼女なんできねえよ、ざま
 あみろ」

 まことに強烈な私小説。サメも買ってアッとゆうまに読み終わってしまった。
 解説の友川かずきも激ホメ。
 「よわい五十九になって、まさか一人の作家にこんなにものめり込むとは思っ
 てもいなかった。」
 
          

 


 



☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system