HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  熱い見城徹の本から知らされた鈴木いづみという作家

                                      2009年7月2日 1:11 

 


      ログ

 自分は美人かブスか?判定!
 ・激怒の長嶋茂雄に抵抗の一茂
 ・映画で復活!女優・林由美香
 東国原英夫・過去と総スカン
 見城徹の本から鈴木いづみ
 ・自殺に追い込んだ男は新宿に
 ・現役美術教師・夫婦で盗撮 
 ・
マイケル・僕はマシンだ油を

 オタマジャクシ騒動の結末は?
 ・PR]髪の専門家が作ったシャンプー
 
        
 ・「おくりびと」と納棺夫日記
 ・三沢光晴死亡・日テレ追悼特番
 ・俳優業で悩んでいた田村正和
 ・愛犬家連続殺人・死刑が確定
 ・
26歳年下内門貞文の謎の行動

 ・凶器が刃こぼれ・教授刺殺犯
 山本竜太の100万円バイオリン
 ミツバチの大量死に公募1000万 
 死人も出たネットゲーム廃人
 PR]無料相談・無料紹介受付中!
  プレミアム結婚相談
         
 小沢辞任、そんなの関係ない!
 殺傷犯人まだやることがあると
 残虐な犯人の不可解な行動
 ・草なぎ剛−消えたCM50億円
 ・右翼に植木鉢で闘うデヴィ夫人
 ・相談者は撮影され笑われている
 カッターナイフで妻の頭部切断
 飯島愛孤独死の真相から知る顔
 ・村西とおるの告白と芸能人暴露
 PR]【注目情報】大学受験の英語
  で失敗しない方法を発見



 
 こんばんわ。サメです。
 今、通勤の電車の中で「編集者という病い」という本を読んでいる。作者は
 見城徹(けんじょう・とおる)。
 この人は、「ふたり」「弟」「ダディ」「大河の一滴」などミリオンセラーを出し続け
 ている幻冬舎の代表取締役社長で現役の編集者。

 見城徹の文章は熱い。人物に対しての彼の想いを、フィルターなしでぶつけて
 いる。情熱をこめているので、本からその熱が伝わってくる。

 彼自身のキャラクターそのものがとても面白い。
 作家の小池真理子曰く、「すべてにおいて、見城氏は「過剰な」男である。
 自意識のありようも、自己嫌悪の度合いも、優越感も劣等感も、何もかもが
 過剰で、本人ですら、その過剰さにうんざりしながら生きている、という印象が
 ある。」
 解説で、見城徹との出会いを書いている。

 小池真理子がエッセイストとして世に出たばかりの頃、すでにスター編集者だっ
 た見城は村上龍の担当編集者でもあった。
 小池真理子は、村上龍と当時テニスをして遊んだり、飲みに行ったりしていた。
 そのため、彼女は何度も見城と顔を合わせるようになった。

 ある日、見城は「ノンフィクションを書かないか」と、まじめに小池真理子にアプ
 ローチしてきた。そのときの様子がこう書かれている。

 あんなキワモノのエッセイばかり書いていてはだめだ、と説教された。「きみは
 文章の中に『文化』という言葉を使うが、文化って何なのか、わかって書いている
 のか」などと、無礼なことを聞かれたりもした。

 私は「ノンフィクションではなく、小説を書きたいから」という理由で、彼の誘い
 を断った。その気持ちは本心からのものだったし、だいたい失礼千万な言い方
 ばかりされていれば、頭にきて反発するのは自然な成り行きだっただろう。

 「小説は後でいい。その前に俺と一緒にノンフィクションで勝負しよう」と言い張る
 かれとの間に、溝ができた。他にもいくつかのつまらない誤解が重なった。
 彼との関係はみるみるうちに悪化した。


 小池真理子と見城徹は、そんなわけで絶好状態になった。その後、関係を修復
 したとのことだ。
 しかし、今回は見城徹のキャラクターの面白さは置いといて・・・・・。
 その本のなかで述べられている「鈴木いづみ」という作家について書いていき
 たい。

 彼女の紹介を見城徹は本・「編集者という病い」でこのように述べている。

 彼女はポルノ女優でしたが、それだけでは飽き足らなくて小説を書き、現役
 のポルノ女優時代に「文学界」の新人賞でいきなり佳作をとってしまうんです。
 当初はポルノ女優が小説を書くというだけで、センセーショナルな話題を呼ん
 だものでした。

 とは言っても彼女の小説は、強烈なところが何もなく、まるで影絵のように
 印象の淡いものでした。
 彼女の人生そのものが強烈すぎて痛切すぎて、それらの葛藤を表現するた
 めに小説を書くのは諦めに近い作業だったんです。


 次の記述がまた、忘れられないインパクトを持つ。

 彼女はまた、容貌も強烈でした。元々は非常にエクセントリックな美しさを持っ
 ていましたが、阿部薫という伝説のジャズプレイヤーと暮らし始めると、彼の
 暴力によって全ての歯が抜け落ちてしまったんです。
 髪は脱色したようい赤茶け、酒と煙草と薬の日々で肌が傷み、女優としては
 成立しないコンンデションになって行きました。

       
             (中略)

 やがて阿部は睡眠薬の飲みすぎで亡くなり、鈴木は毎日電話をよこしました。
 ある日、キャッチホンで受けた僕が折り返しかけ直す旨を伝えると、
 「必ず電話をください。昔、親しかった人たちに挨拶をしたいのです」と・・・・・・。
 僕がその電話をかけ直さず終いにした約三ヵ月後、鈴木いづみがわが子の
 目の前で首を吊って自らの命を閉じたことを知りました。


 言うべき言葉がない、短く激しい生涯だ。彼女は36歳だった。
 今度、鈴木いづみについて書くときは、彼女の小説を読んだ後に本の感想を
 述べてみたい。

          

  

 


☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆
個人のページランキング






inserted by FC2 system