HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議


  「L.A. ギャング ストーリー」 エグさとスカっとした爽快感
      

                                          2013年10月26日  09:45

 
 

        ログ
 
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・バタフライルーム傑作スリラー
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
  
 

          

    
     


   ◎L.A. ギャング ストーリー    (原題:Gangster Squad
   
   監督:ルーベン・フライシャー    脚本 ウィル・ビール    2013年/アメリカ/113分
    出演者: ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ショーン・ペン

 
   L.A. ギャング ストーリー

 先日、池袋の文芸坐で見て、とても面白かったのが実話を元にして作られた
 という『LA. ギャング ストーリー』という映画。1949年のロサンゼルスを舞台に、
 ギャングと警察官の抗争を描いている。
 でも、他の人の感想をネットでみると高評価と、けなす人と、けっこう真っ二つ
 に分かれているようだ。

 最近、みたアクション映画がどれもこれもがパッとしなかったから、この映画の
 痛快さはぼくにはとても心地良かった。
 「もう、アクション系の映画に心躍ることはないのかもしれない・・・・」まで思って
 いたから。この映画を見て、また希望が湧いてきた。

 ● 「ドライヴ」のライアン・ゴズリング
 まず、ヒロインのエマ・ストーン。とっても綺麗だし、なにか安室奈美恵にちょっ
 と似ていて親しみが持てる。そのエマ・ストーンの恋人役をやったライアン・ゴ
 ズリングも、甘い色男風が実にサマになっていて、良かった。

 後になって知ったのだが、ライアン・ゴズリングは、アメリカ映画「ドライヴ」
 (2011年)という映画にも出ていた。この映画は、カンヌ国際映画祭で監督賞
 を受賞している。
 この映画もぼくは、みていたのだが、同一人物だとは、まったく気付かなかっ
 た。

 ライアン・ゴズリングは、「L.A. ギャング ストーリー」に出た理由をインタビュー
 でこのように答えている。

  ルーベン・フライシャー監督が作ったコメディ『ゾンビランド』の大ファンだった
  んだよ。 『ラブ・アゲイン』でエマ・ストーンと共演する前にどんな女優かを
  知るために観たんだけど、あまりの面白さに目的をすっかり忘れたくらい。

  映像センスも素晴らしいし、物語のテンポも最高だ。才能豊かなルーベンか
  ら出演オファーがあったのが第1の理由だね。それとロサンゼルスを恐怖
  支配していたギャング、ミッキー・コーエンをショーン・ペンが演じると決まって
  いたのが第2の理由。ショーンは僕らの世代のなかでは最高の俳優のひとり
  だし、ずっと共演したいと思っていたんだ。


 彼が、インタビューでも答えているように、悪役のショーン・ペンは実に存在感
 のある俳優。今回の映画の中の彼は、見ているだけで、怖い雰囲気がムンム
 ンで、やはり悪役はこうでなくっちゃ、という見本のような演技。
 この配役がこの映画のヒットにも結び付いたと感じるが、実は監督自身が、
 ショーン・ペンを映画に引き込む事に、執着したようだ。フライシャー監督は、こ
 のように答えている。

 「大物ギャングを演じられるロスの俳優候補の中で、ショーン・ペンが最有力だっ
 た。俳優であり、監督でもある彼を口説くことは苦労したよ。僕は若造だし、経験
 も浅いからね」。と、謙遜するフライシャー監督。
 
 ところが、「僕の作品への想いが伝わり、キャラクターにも興味を持ってくれたん
 だと思う」と事態は瞬く間に好転した。「ショーンが決まった後は、次々に素晴ら
 しい役者を迎えられた。ジョシュにライアン、エマ、ニック・ノルティ、ジョバンニ、
 アンソニー、ロバート……才能が大集合さ。このキャストが実現できて幸運だっ
 た 」と満足気のフライシャー監督。

 それでは、実際のギャング、ミッキー・コーエンとは、どんな人物だったのか?
 
 ● ロサンゼルスの“キング”
 高級住宅街ハリウッドヒルズの豪邸に住み、夜ごと華麗なナイトクラブへ繰り
 出して派手に遊び、歌手や女優たちと食事や酒を楽しむ。20世紀の中ごろ、
 ロサンゼルスに“キング”として君臨していたミッキー・コーエンの日常だという。
 彼のテーブルには、名だたる有名人たちが座っていた。

 そんな華やかな彼は、実は貧しい境遇で生まれ育った。彼は貧しさからの脱出
 を夢見てボクサーを志すも挫折。その後、アル・カポネ率いる犯罪組織シカゴ・ア
 ウトフィット(CHICAGO OUTFIT)の用心棒としてギャング入りすると、トランプ
 賭博の胴元として頭角をあらわし、ラスベガスを作った男「バグジー」ことベンジャ
 ミン・シーゲルの用心棒となった。

 シーゲルとコーエンは1930年代のロサンゼルスの裏社会と違法なシノギを力ず
 くで手に入れ、短期間で西海岸一帯を支配。ふたりの商売は絶好調だったが、
 やがてラスベガスでのホテル建設に傾倒するようになったシーゲルが暗殺され
 てしまう。

 派手好きで有名人との交流も多く、マスコミにも度々登場していたコーエンは、
 もはや知らぬもののいない有名人。そのため、シーゲルが死んでトップの座に
 ついたとたんに、ライバル組織から執拗(しつよう)に命を狙われることとなる。 

 シーゲルの死後、暴力で相手をねじ伏せるやり方でシンジケートの用心棒か
 ら 「サンセットのキングピン」と呼ばれるまでに伸し上ると、恐怖政治によって
 警察や政治家をも操って、当時のロサンゼルスを思いのままに支配した。
 しかし、あまりにも破天荒で冷酷で暴力的な性格から、たびたび命を狙われ、
 街中で突然銃撃されたり、夜中に自宅をダイナマイトで爆破されたりと、その
 襲撃はなんと9回にも及んだ。

 コーエンは窓の厚さが1インチ(2.54cm)もある防弾ガラス仕様のキャデラック
 に乗り、自宅にはまるで要塞(ようさい)のように厳重な警備を施した。
 (投光照明や警報システムから兵器庫まで備えていた)

 また、ケネディ大統領暗殺の容疑で逮捕されたオズワルドを射殺したあのジャッ
 ク・ルビーも、ミッキー・コーエンの友人。さらにそのケネディ大統領の親友でも
 あった歌手のフランク・シナトラとも交流があった。

 しかし、コーエンの用心棒であり、俳優でもあった無類の遊び人ジョニー・スト
 ンパナートが、シナトラの妻エヴァ・ガードナーに手を出したため、シナトラはコー
 エンの自宅を訪ねてジョニーを止めるように懇願したというエピソードもある。
 
 またそのジョニー・ストンパナートは、ある日、イギリスの撮影現場で、嫉妬の
 あまり、俳優ショーン・コネリーの頭に銃を突きつけて脅すも、逆にコネリーに
 銃を奪われ、国外退去を命じられたという話もあるトラブルメーカーだった。

 そんなミッキー・コーエンによるロサンゼルスの支配に終止符を打つべく秘密
 裏に集められたチームがあった。ロサンゼルス市警巡査部長のジョン・オマラ
 とジェリー・ウーターズ率いるギャングスタースクワッド。彼らが、ミッキー・コー
 エンの手からロサンゼルスを取り戻すべく、血で血を洗う戦いを描いたのが、
 本作『L.A. ギャング ストーリー』。

 1950年、コーエンはキーフォーヴァー委員会の調査を受け、脱税の罪で懲役
 4年の実刑判決を受けた。1961年に再び脱税で有罪となり、刑期の一部をアル
 カトラズ刑務所で服役した。アルカトラズでは、同房の囚人から鉛管で殺され
 かけたこともある。
 
 1972年にアトランタ連邦刑務所(彼はこの刑務所で受けた虐待を公然と批判し
 た)から出所。
 1976年に睡眠中死去した。享年62歳だった。

 ぼくが、1点気になったところ。
 実話にしては、映画のあまりに都合がいい終わり方が不満。実話でも同じよう
 に、主人公の家族は無事だったのか?
 あれだけ、残虐な悪役のわりには、肝心要の中心人物には特に危害も加えず
 に、最後に素手で戦い合っておしまい。当たり前の事だが、到底、そんなもんで
 済んだとは思えないのだが。これは原作を読んでぜひ確かめたい部分。
 まあ、それを抜きにしたら、結構、エグいシーンがあるわりに、とてもスカっとし
 た爽快感を味わえるひさびさの面白い映画だった。

             

 参照:「L.A. ギャング ストーリー」のライアン・ゴズリングに直撃インタビュー
     Yahoo!映画『L.A.ギャング ストーリー』特集
     L.A.の伝説的マフィア ? ミッキー・コーエンとロサンゼルス市警の戦いを描いた超骨太肉
      食系マフィア映画「ギャングスター・スクワッド」


 




☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆







inserted by FC2 system