HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議












  「完璧な尻」に出逢った物語「尻に憑かれた男」
      

                                          2013年03月26日  00:31

 
 

        ログ

 ルーパーは脚本と子役がスゴイ
 ・振り込め詐欺のドン大山多賀男
 ・
大島渚監督の「愛のコリーダ」
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?
 ・スーパ強盗殺人・中国人犯人を
 ・長谷川さん殺害の動機は借金
 ・菊地直子の次は高橋克也逮捕
 ・沢尻エリカの大麻・中毒報道
 ・長谷川かなえさん殺害・深い謎

          






     
 
 ◎『尻に憑かれた男』          

 監督・脚本:エイトール・ダリア        2007年/ブラジル/95分    
 出演者:セルトン・メロ、パウラ・ブラウン、シウヴィア・ロレンソ

 
   尻に憑かれた男

 尻に憑かれた男」という映画、これがGyaO! で無料配信していたので見た。
 日本では2008年10月に「ブラジル映画祭2008」で『下水って、匂う。』の邦題
 で上映されたという。とても面白かった。

 骨董屋を営むロウレンソは、金に困って店に来る客の品を二束三文に買い叩
 き、 屈辱を味わわせることに無上の楽しみを見出していた。だがある日、ラン
 チをとる店のウェイトレスの美しく豊かな完璧な尻に魅了されてから彼の人生
 は数奇な道を辿り始める…。
 とは、アマゾンに書かれていたあらすじ。

 この映画、タイトルだけで判断すると、単なるエロ映画のような内容に、勘違い
 してしまう恐れがある。でも、この映画は違う。音楽の軽やかさもいいし、主人公
 の男が街を歩くだけのシーンなのに、一つの傑作写真をみているような味わい
 もある。これはまた不思議な余韻のある映画になっている。

 主人公の男の台詞も面白く何度か笑わされた。
 喫茶店のウエィトレスの白いスラックスに包まれた形のいい尻を見ながら、
 「このケツを見るだけで1週間過ごせる」と頭の中で想う。この感覚に共感か、
 もしくは笑うことができる人なら、この映画は必見。

 また、彼と結婚を望む女性が
 「幸せになろうね」と、彼に言うと、「幸せなんて・・・低能なヤツらの妄想だ」
 と、答えてしまう。
 まあ、ぼくには見ごたえのある嬉しい映画だった。
 2006年 サンパウロ国際映画祭 最優秀賞、2007年 リオデジャネイロ国際映画
 祭最優秀長編映画賞というのも、納得のできばえ。
     
                

 
 




☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆







inserted by FC2 system