HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議















  ラストはきれいにまとまり過ぎのウォール・ストリート

                                          2011年2月12日 22:31

   
    


       ログ

 綾瀬はるか「全部終わった」
 ・三本指の女・中西ミツ子その後
 ・2人組にレイプ後、別の4人に
 ・ぶっ飛び提案:映画は映画だ
 ・ウィキリークス創始者アサーンジ逮捕
 ・黒い狂犬の異名持つ伊藤リオン
 ・超絶アクション「GAMER」
 ・広末涼子・妊娠16週目でき婚
 ・自殺直前の非常ボタンAYA
 ・解雇、山崎義 久84歳刺殺
         
 ・桃井望の謎だらけの焼死事件
 ・ヨーコ・ゼッターランド離婚
 ・五十嵐一氏の悪魔の詩・殺人
 ・殺害された横手宏美さんの旅
 ・韓諭・松本秀夫さん殺害の謎

 ・蚊を食べたキャスター大人気
 ・岡崎友紀の無邪気?な借金
 ・華城連続殺人事件と殺人の追憶
 ・小林カウと吉永さゆりは別
 ・懐かしの女囚さそり梶芽衣子
         
 ・テイラー婚約の報道を否定
 ・韓国デリヘリ嬢バラバラ事件
 ・由美かおる入浴シーンお別れ
 ・グーグルアースで自分の軌跡
 ・情事を重ねるシルビアの謎

 ・呂月庭は毒ギョーザ事件の犯人
 ・黒い未亡人の自爆テロ死者39
 ・切断遺体女性の2人の男性
 ・助骨12本へし折った看護師
 ・美Body!沢尻エリカ解禁
 
 
       
 ・文春が掴んだ海老蔵の真相
 ・父が包丁!娘はつえで応戦
 カプセルでお腹から響く音楽
 ・自殺生中継男はナンパブログ
 ・週刊朝日編集長が解く黒木昭雄
 ・黒木昭雄・自殺発表に対し疑惑
 ・痴漢!腹を触られた・女子大生
 ・諸星和己・沢尻エリカに求婚
 ・報道陣に喝!絶好調のマツコ
 ・暁波氏のノーベル平和賞



 
 
  
  
  
◎ ウォール・ストリート                 

  監督:オリバー・ストーン                           2010年/アメリカ/133分
  出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン
 
  
ウォール・ストリート

 この映画は、オリバー・ストーン監督でマイケル・ダグラス主演による名作
 「ウォール街」の23年ぶりの続編になる。
 不正取引で刑務所に閉じこめられた男・ゴードン・ゲッコー(ダグラス)が、
 初老の状態で刑期を終えてシャバに出て、再たび株の世界で活躍する。

 ゲッコー
 なんか、カエルの鳴き声みたいな名前なのが、微笑ましい。
 『そういえば、マイケル・ダグラスって、ちょっとガマガエルみたいな顔に似て
 いるなぁ、』 などと、これは余計な感想か?

 映画は、その男の娘と娘の婚約者ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)とのかかわ
 りあいや、ジェイコブが尊敬する元会社の社長が自殺に追い込まれたこと
 への復讐が描かれている。

 映画を観終わって、トイレに行くと高校生らしき4、5人の男が感想を述べて
 いた。
 「ムズク(難かしく)なかった?」という問いかけに、数人が賛同を示していた。
 「あの、すべて丸く収まったラストは何?」という声も聞こえてきた。
 映画を観た後は、その映画に対する他人の感想が、記憶に残るものだ。

 サメの思ったことも同じだ。
 描かれている全体の流れはよくわかるのだが、株の世界に詳しくないので、
 細かい会話の意味がチンプンカンプンになっていた。
 そして、きれいに収まりすぎたラストは不満だ。あのラストではマイケル・ダ
 グラスの演じた底の知れない孤独な男のキャラが、中途半端なことになって
 しまう。

 但し、ゲッコーが自著の宣伝も兼ねて講演を行っている場面が見事だった。
 何か数語を言うたびに会場に笑いが起き、最後に大勢の聴衆に拍手で迎え
 られる言葉で締める。
 その講演の様子は、まさに一つのショーとなっていた。
 同じく、婚約者が自分の進める会社の投資に興味を持たせるために、中国人
 に説明するプレゼンの場面も印象に残る。

 会社で、人に何かを説明するたびに、サメは自分の能力不足がイヤになる。
 もう少し、うまくわかりやすく説明出来ないものかと・・・。
 だから、講演やプレゼンで、人の興味をそらせないシーンは心に残る。

 ウォール・ストリートの感想はこのようなことに留まってしまうが、株や経済に
 詳しい宿輪純一(しゅくわ・じゅんいち)の感想は以下にあげるような分析が
 されている。

 ・破綻した「リーマン・ブラザース」がそのモチーフとなっていると考えられる。
  そのため内容にリアリティがある。

 ・最近の金融事情についてはかなり詳しく描かれており、ご覧になる方には、
  金融事情の勉強になろう。旧来の株式や社債等の証券取引に加え、アジア
  からの国際的な投資、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などのデリバ
  ティブ(派生商品)取引や、環境分野に対する先行投資まで出てきている。


 確かに、映画のなかには「環境分野に対する先行投資」の事がでてくる。
 まずは、リーマン・ブラザーズ とは何なのかを調べてみた。

 リーマン・ブラザーズ (Lehman Brothers) は、アメリカのニューヨークに本社を
 置いていた大手投資銀行及び証券会社。
 1850年に創立され、米国第四位の規模を持つ巨大証券会社・名門投資銀行の
 一つとされていた。
 2008年3月に大手証券会社で財務基盤に問題はないと繰り返し発表してきた
 ベアー・スターンズが事実上破綻した際に、株価が2日間で一時54%以上暴落
 した。

 2008年9月15日に連邦倒産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を
 連邦裁判所に申請し破綻した。総額は6,130億ドル(当時の日本円で約64兆
 5000億円)と米国史上最大の倒産となった。

 話は変わるが、いま、和田竜の「のぼうの城」を読んでいる。
 思ったより面白い。時代小説なんぞを読むのは本当にひさしぶりだ。
 でも、読んでいて感じるのは『自分にもう少し歴史の知識があったらさらに楽し
 めるのになぁ』と、いうことだ。
 
 このウォール・ストリートも同じだ。株や経済の事に明るかったらもっと楽しめ
 たと思える。楽しむためには、いろいろな方面の知識も必要だということだ。

 まあ、映画で描かれる世界の予備知識がなくても夢中にさせてくれるのが、
 本当のエンターティメントの映画なんだろうけど。
 というわけで、サメにはこの映画はラストシーンの不満もあって、60点という
 点数でした。

             

 参照:『ウォール・ストリート』――金融取引に極めて大事な2つのこと  東洋経済オンライン
           


  

  





☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆







inserted by FC2 system