HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議















      
 サメ・トピックス

 ◎ 日本フィギュアの黄金期も終わり?浅田真央の引退示唆
          
                                     2013年4月13日

 
    


       ログ

 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?
 ・スーパ強盗殺人・中国人犯人を
 ・長谷川さん殺害の動機は借金
 ・菊地直子の次は高橋克也逮捕
 ・沢尻エリカの大麻・中毒報道


        



  

 ● 日本フィギュアの黄金期も終わり?浅田真央の引退示唆


 @ 浅田真央、来季で引退示唆

 安藤 美姫(25)がスケート界からいなくなって、今度は浅田真央(22)が。
 なんとも寂しい限り。日本フィギュアの黄金期も終わりが近づいてきたような
 気がする。

 表彰式の後に報道陣の取材に応じた浅田真央は東京・代々木競技場で行
 われた世界国別対抗戦終了後、「来季は集大成のいい演技がしたい。
 スケート人生で最高のレベルの演技をすることで(世界一に)近づける」と話
 した。その後、報道陣に来季が現役最後のシーズンかと問われ、「今はそう
 いう(ソチ五輪で引退)気持ちです」と話したという。

 一方、こちらは11年世界選手権で金メダルの安藤美姫。
 既に昨秋に強化指定を辞退。

 来季も伊東秀仁フィギュア委員長(51)は「2年も滑っていないわけですから」
 と、強化指定から外れる事を説明した。

 ところで、強化指定とは? (以下サイト・ウィキペディアから。)
 選手強化キャンペーン(せんしゅきょうかキャンペーン)は、日本オリンピック
 委員会(JOC)が加盟団体の肖像権を一括して管理し、JOCが指定したオフィ
 シャルスポンサー企業にだけ代理店(現状では電通)を介してコマーシャル
 出演を認め、スポンサー企業は協賛金をJOCに支払って選手の強化資金に
 活用するというシステム。
 との事。

 A 「中国人みんな悪い!」8人殺傷・中国人実習生を狂わせた「妻の不貞」

 広島の水産加工会社の社長、及び従業員8人が殺傷された事件。
 逮捕された中国人技能実習生、陳双喜(ちん・そうき)(30)は県警の調べに
 叱責する社長に恨みがあった」「職場のみんなにばかにされた」などと話し、
 動機は職場への不満だったとにおわせていた。しかし、事件直前に中国に
 残してきた妻が別の男と“駆け落ち”し、激しく落胆していたという。

 そこで自暴自棄になったのが、今回の犯行に結びついたのか?

 B 月29万円の生活保護でも苦しい 2児の母が訴える朝日記事に疑問噴出

 これは、まさにタイトルが全て表しているニュース。
 月29万円の生活保護では、2人の子どもに劣等感を持たせずに育てるのは
 難しい――。

 こう訴える大阪府在住の母親(41)を紹介した朝日新聞大阪版の記事。

 母親は2012年7月に夫と離婚し、中2の長女(14)、小5の長男(11)と3人で
 借家に暮らしている。しかし、養育費はもらっていない。
 月29万円の中での使い道がまた、共感を呼びにくく、これでは疑問噴出もあ
 たりまえの事。

 『41歳の女性が、外で働いて月29万円稼いでいる人がどれだけいるのか?』
 という事をまず新聞も、本人も考えてみる必要があるのでは?

 C 大学で「漫画から見る日本」開設、1000人が殺到―台湾

 「漫画から見る日本」では、有名な漫画「サンクチュアリ」や「課長島耕作」など
 を教材として使用している。「サンクチュアリ」では日本の金権政治について語
 り、「ドラゴン桜ありがとう」では日本の教育について討論。

 「大使閣下の料理人」では日本外交政策を考察するといったように、毎学期
 13シリーズの漫画とテーマをカリキュラムに組んでいる。これ以外にも、参考
 資料として70作品以上を用いるとの事。

 この授業を担当する蔡増家(ツァイ・ズンジア)教授はかなり以前に「日本の
 政治経済研究」という授業名で関連の一般教養科目を開設したことがあった。

 その頃は選択する学生は毎学期20人にも満たなかった。

 「当時は本当に憂うつだった」と語る教授は、幼い頃から漫画を読むのが好
 きで、あれこれ思案して、「漫画」をツールとして利用することを決意し、その
 結果、一般教養の授業に学生を呼び込むことに成功したとの事。

 アイデアの勝利を感じさせるニュース。

 D 森に27年「隠とん生活」、盗みで生計立てていた男を逮捕

 米メーン州で、1986年から森の中で隠とん生活を始め、キャンプ場などで盗
 みを繰り返してきた男が逮捕された。

 逮捕されたのはクリストファー・ナイト容疑者(47)。警察によるとナイトは、池
 のほとりにテントを張り、他人との接触を避けるように暮らしていた。27年間
 に及ぶ隠とん生活で他人と言葉を交わしたのは、ハイカー1人だけだったとい
 う。

 なぜナイト容疑者が隠とん生活を送るようになったのかは分かっていない。
 何か興味を引く人物。彼が書いた自伝でも読んでみたいような気がする。

          
 
  
   

 




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system