HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議






   
 家出→売春→覚醒剤 “餌食”になった15歳少女悲劇 

   ◎ 「焼肉酒家えびす」4人死亡めぐる経過
   ◎ りょう 10年ぶりラブシーンは“リアル志向”で
         
                                 2011年10月23日 20:22
 
     

  

       ログ

 15歳少女家出→売春→覚醒剤
 マツコ・デラックス連続起用
 永井真太郎彼女を埋めた理由
 原作者が新巨人の星は失敗作
 安藤美姫今回がラストダンス
 ・金が欲しくてやった安藤健治
 ・塩水湖にて1200人の全裸撮影
 ・東電OL殺人事件は冤罪か?
 ・パンツの穴篠崎愛主演で復活
 ・高倉健の6年ぶり次回作情報
         
 ・発想嬉しい古賀新一の変身妻
 ・紳助引退劇ネタで強請られて
 ・小林旭の「赤い夕陽の渡り鳥」
 ・紳助をあぶりだした渡辺二郎
 ・女子大生モデル殺害の丹羽雄治
 ・盆・連日4千人超ねぶたの家
 ・ぴあ最終号は、イラスト祭り
 ・猪木にマジ切れ・泉谷しげる
 ・犯人ホステス高間美花の愛憎
 ・演技に涙が出たスーパーエイト
         
 ・モノクロ映画を見たくて・情婦
 ・忘れられないトラウマ映画
 ・特殊能力の戦い「X-MEN」は
 ・トヨトミ万城目学の創作の原点
 ・美人整体師と友人の共謀殺人
 ・キック・アス対マチェーテは
 ・ブルース・リーと連続殺人犯
 ・小林カウ・モデルの天国の駅
 ・協力の依頼・板橋資産家事件
 ・心理映画・ブラック・スワン





  
 
 
こんばんわ。サメです。
 MSNの10月23日、16時46分のニュースランキングのベスト3を取り上げてい
 きます。

 1.【衝撃事件の核心】家出→売春→覚醒剤 大人の“餌食”になった15歳少…
 2.【ユッケ食中毒】「焼肉酒家えびす」4人死亡めぐる経過
 3.【TVクリップ】りょう 10年ぶりラブシーンは“リアル志向”で

 1番目は、家出少女が売春生活を始めて、覚せい剤に手を出して捕まったとい
 う話し。『このようなケースはたくさんあるのだろうなぁ』と、思わせる事件。
 但し、皮肉なことに、この覚醒剤が、少女を売春生活から救い出すことになる。

 家出をした16歳の少女は、新宿・歌舞伎町で男から声をかけられる。
 「キャバクラで働かない? 身分証持ってる?」
 身分証を持っていないことを伝えると、紹介された男は無職の佐賀義輝被告
 (22)。

 佐賀の言われるままに7人乗りのワゴン車に乗り込んだ。車内には同じよう
 な境遇の少女3人と20歳くらいの成人女性2人が乗っていた。
 少女は佐賀と車中泊をしながら「援助交際デリバリー」をすることになる。

 「100人くらい客をとらされた」少女は捜査員にこう説明した。

 今年2月に出会った衣料品販売会社の社長はホテルで計4回売春行為を行
 なったが、プレーをビデオで撮影された。その報酬として1回につき10万〜13
 万円を支払っていた。調べに対して、「15歳というプレミア感にテンションが
 上がった」と供述。

 また、「制服を着てくれば1万円ボーナス」「中学生だからいっぱいお金あげる」
 などと“オプション料”まで払っていた。
 大口客がいれば、“日給”10万円以上の日もあったという。その大金をつぎ込
 んだ先は、違法薬物だった。

 今年4月6日、いつものように男の自宅で覚醒剤を使用し援助交際をしていた
 少女は、翌7日朝、錯乱状態になって外に出て、自分で110番通報。駆けつ
 けた警察官らに保護された。その後、尿検査で覚醒剤反応が出たため、覚せ
 い剤取締法違反容疑で逮捕された。

 同課の調べに対して、「覚醒剤を打つと元気になって何でもやる気が出た」
 「何人と援助交際しても大丈夫になった」と話したという。
 これをきっかけに、少女に関わってきたとみられる男達も次々逮捕された。
               
 2番目は、焼肉酒家えびすの集団食中毒事件話し。

 今年4月に焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」砺波店で食事し、溶血性尿毒症
 症候群(HUS)で重体となっていた10代の男子が22日、入院先の病院で死亡
 した。一連の食中毒事件での死亡者は5人目との事。

 とても、威張り腐った態度から、頭を下げてペコペコの態度に変身した勘坂康弘
 社長のキャラを想いだした。

 その死亡者がまた増えたニュースの影響か、焼肉酒家えびすの過去のニュー
 ス記事が参照されている。
 『「焼肉酒家えびす」4人死亡めぐる経過』というニュース記事が、2番目にアクセ
 スされているが、このニュースは今年の5月6日にアップされた記事。
 でもこれは、単に死亡した状況を個人別に1、2行で箇条書きにしただけの内容
 だ。
           
 3番目は女優のりょうさんがNHKの初の連ドラに出演とのニュース。
 
りょう

 りょうはモデル出身で、クールなイメージが先行してきた。
 「20代にはクールとか、意地悪な役柄が多かった。街で嫌な顔をされることも
 本当にあり、傷ついていた部分もあります。でもやがて、嫌われ役なら絶対、
 他人に負けないと思うようになった。
 『性格悪いんだろうな』と思われておいて、『本当はいい人なんですね』
 となったら、シメシメ」

 確かに、パッと見は優しい人という印象はもてない。
 「私はもともと、いろんな人に好かれるタイプの“主演顔”ではないと思ってい
 たので、今回びっくり。ただ“夜顔”ではありますけど」

 「10年ぶりにラブシーンを演じるのにビール腹が気になり、ウエストを細くしよう
 と、踊ってやせるというDVD4巻セットを買いました」と、いったん“見た目”に
 走った。

 しかし結局「撮影から帰宅するとそんなパワーは残っておらず、寝るのが先で
 す。DVDは封も開けないまま。きれいなラブシーンはほかでごらんください」。
 アラフォーらしさを“等身大”で演じる結果になった、と笑う。

 来年は「平清盛」での大河ドラマデビューが待っている。演じるのは才色兼備
 の女流歌人との事。 
 りょうは現在、活躍中の女優だが、当記事を読んだ印象は、なかなか、気さく
 で面白い人。エッセーでも書いたら、面白い文章をかけそうな・・・・・・。

            

 PR:双生児〜GEMINI〜 特別版 [DVD] りょう・高崎映画祭にて最優秀女優賞を受賞

   
   

 




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system