HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議













  酒ではしゃいで落ち込んで「アル中ワンダーランド」

                                          2017年02月20日 23:30


     


       ログ

 ・「今日の漫画」史群アル仙
 ・ローグワン スターウォーズ
 ・最後の関東連合手記と見立真一
 ・おでんツンツン男・豊嶋悠輔
 ・占いが捜査に活躍・極秘捜査
 ・「君の名は。」より「君の縄」
 ・実録映画・傑作10番街の殺人
 ・高畑裕太・強姦事件の不可解
 ・不可解な連続点滴殺人事件
 ・大竹しのぶの「後妻業の女」
 ・ゴジラで石原さとみ“異次元”
 ・松本・ヒトラーの映画に嫌悪
 ・鴨川つばめと山上たつひこ
 ・鳥越俊太郎・女子大生の前で
 ・能年玲奈がのんに改名裏事情
 ・池田徳信の目黒バラバラ殺人
 ・美しき人の哀しみ・エレジー
 ・阿部祝子さん事件の不思議
 ・高知東生、五十川と薬物逮捕
 ・六本木クラブ襲撃事件で15年
        
 ・デッドプール・下品で大人気
 ・佐藤宣行・新潟少女監禁事件

 ・引退・洗脳もウソ、能年玲奈
 ・レヴェナント 蘇えりし者
 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍

 ・芸能か将棋か?竹俣紅の選択
 ・歌が心に染みるあやしい彼女
 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 ・殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
         
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死

 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
           
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月



 「まんしゅうきつこ」というペンネームは一度、聞いたら忘れられない。
 もともとは「マン臭きつ子」で、ツイッターで変なリプライが来ないように相手
 がドン引きしそうな名前にしたのが始まりとのこと。

 でも弟をはじめ家族から「いくらなんでもそれはあんまりだ!」とクレームが
 多数寄せられたので、「まんしゅうきつこ」とマイルドに改名し、現在に至る
 という。
 某出版社の編集さんから「やっぱりアレですか、マン臭、きついんですか?」
 と、聞かれたエピソードもマンガの合間にエッセーとして載せている。

 このインパクト大のペンネームのわりには、彼女は綺麗な顔をしている。
 女医さんとか女教師の役が似合いそうな雰囲気だ。

 彼女の漫画はどういうきっかけだったか忘れてしまったが、何かの検索で
 彼女のサイトがひっかかった。
 何気にサイトのマンガを読んでみて、心を鷲掴みされた。今まであまり味わう
 ことのできない強烈な自虐的な味わいの私小説的物語だった。

 そのサイトの名前がまた、「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど 」
 "まんしゅう”と”オリモノ”がセットになっているほとんど下ネタだらけのサイト
 名になっている。サイト名は、ゲテ物っぽいけど、サイトの中身はむしろ
 下ネタとは別の角度から攻め込んで、人の心に残る傑作マンガの連作になっ
 ている。

   アル中ワンダーランド


 そんな彼女の近所の本屋においていた実録マンガ「アル中ワンダーランド」、
 立ち読みで2ページ読んで面白いので買う事にした。あまりに飛んだ発想なの
 で、思わず笑ってしまった。
 読んでいると、強烈な笑いと深い哀しみに交互に襲われる。

 巻末に、アル中鼎談(ていだん)とゆうタイトルで、まんしゅうきつこと
 中川淳一郎と小田嶋隆が対談しているのだが、これがまたマンガと同様に
 興味深い。
 (ところで、この『鼎談(ていだん)』とゆう言葉をぼくは初めて知った。
 三人が向かい合いで話をすることを意味する言葉とのこと。)

 お酒を飲むのが好きな人は、たいてい一個か二個は想いだしたくもない酒の
 苦い想い出を持っているものだ。でも、そもそもその想い出のとらえ方が彼女
 の場合は違っていることがわかる。以下、その対談から抜粋。

 中川  あと、オレが一番嫌なのが、記憶を飛ばした翌日、一緒に飲んでいた
 であろう人に電話をかけるときですね。そこで自分が記憶を失ってどんなバカ
 なことをしでかしたかを聞くんですが、すごく自己嫌悪に陥りますよ。


 小田嶋  そうそう! 僕は、なにより「自分がお金をちゃんと払ったのか」が
 すごく気になってましたね。


 中川  わかります!自分が人に迷惑をかけているのが辛い。

 まんしゅう  え? 私はむしろ「記憶を飛ばした自分がどんなひどいことを
 したか」を聞くのが好きです。大学時代もサークルのコンパで泥酔して、パン
 ツとブラだけになっ てロボットみたいなダンスを踊っていたらしいんですけ
 ど、あとから聞いて「そりゃ、 面白いことしたな!」って。


 そもそも彼女にとっては、「面白いこと」が人生の最重要・優先項目の一つと
 なっている。
 以下は、彼女に対するインタビューより抜粋。

 ――人前に出る以上、絶対的に「面白い自分」でありたい、と思ってしまう
 のでしょうか?

 まんきつ: そう、そうなんですよね。たぶん、自分の求めてる理想が高い
 んです。そこに到達してない自分はもうちょっと頑張らないといけない、って
 いう思いが強い。漫画を描いていても、この程度だと公開したくない、と
 しょっちゅう思います。


 それも、「まんしゅうきつこ」って名前が関係していて、名前のわりに面白
 くないって言われるなー、これ出したら名前に負けちゃうなー、という作品
 は出したくなくて。
 ぐうの音も出ないようなものを書かなきゃ、という気持ちが自分の中にいつ
 もあるんですよね。


 ――自分で設定している基準に達していないと、自分にOKを出せないんです
 ね。

 まんきつ: そうなんですよ! 昔からずっと漫画家になりたいと思いながら、
 30歳までまともに一作も書いたことがなかったんですが、いつも5ページく
 らいまで書いて、ああもう全然面白くない才能ない、ってそこで手が止まっ
 てというのを繰り返していたんです。
 今思えば、とりあえず仕上げるっていうのが何よりも大事だったんだなって
 思うんですけどね。書いていくうちにうまくなるわけだし。


 ブログに関しても、ちょっとでも面白くないと、すぐに「今回は面白くな
 かった」って書かれるでしょう? 公開するときに、あー自分の中でこれは
 合格ラインいってないなーって思っていると、検索すると、面白くなかったっ
 て感想がやっぱり書かれていて。
 そういうのもあって、お酒に走っちゃったんですよね。

            

 参照:美人漫画家がアルコール依存症になったワケ  「まんしゅうきつこ」インタビュー

    
 




☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system