HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議






















  オレオレ詐欺の帝王から取材した驚愕の手口「詐欺の帝王」

                                          2014年11月15 16:05

 


       ログ


 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」

 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
         
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて

 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・宇多田ヒカルの結婚過熱報道
 ・ゼログラビティの感動をゼロ
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・桝添要一スキャンダルに負け
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・郷ひろみ、双子の父となる
 ・綾瀬はるかの笑えた紅白歌合戦



     


  
   詐欺の帝王

 「詐欺」という2文字の醸し出すイメージは、なかなか刺激的だ。
 それは、殺人とは違って、暴力ではなく人間の人の言葉を信じやすい盲点を突く
 ような、知能で勝負するようなイメージがあるからだ。
 そして、今までその犯罪は暴力団とは無関係に、多くは個人的に企てる犯罪に
 思えたのだが、 最近は暴力団や、暴力団に所属せずに犯罪を繰り返す「半グ
 レ」も絡んでかなり組織的な犯罪になっているようだ。

 というわけで、溝口敦(あつし)著作の「詐欺の帝王」という本を買った。
 これは著者が詐欺の実態を調査するうちに出会った、一人の詐欺を本職とした
 男の話を書いている。

 詐欺の被害は、年々増加しているとの事だ。
 最近のニュースにも、今年の上半期(1〜6月)の詐欺全体の件数は前年に比
 べて約1割増加し、5682件、被害総額は約3割増加したという。

 被害総額は、振り込め詐欺約161億円と振り込め詐欺以外の特殊詐欺約108
 億円を合わせて約268億円にもなっている。たぶん他にも届出がないケース
 なども想定され、この金額以上に思える。しかも、首謀格の摘発はわずか4%に
 とどまり、非常に深刻な状況だという。
 
 ところで、この本に出てくる本藤彰(仮名)という男の話が、面白い。
 最初はイベントサークルのパーティ券にてうまみを知る。
 但し、そこから早大元「スーパーフリー」の和田真一郎と知り合ったことから、
 大学卒業後にせっかく入った大手広告会社にて、左遷されてしまう。

 SPAのインタビューにて、彼はこのように答えている。

                     **

 ――本藤氏のこれまでの経歴について教えてください。 

 本藤:大学時代、イベントサークルをまとめ上げて、合同イベントを企画したりし
 ていました。例えば50サークルを集めて、六本木の大箱を6時間120万円で借り
 る。 その売値を200万円にして参加サークルに割り振って、自分で1回のイベン
 トで80万円儲けるなんてこともやっていました。早稲田のスーフリのケツモチも
 していましたね。

 ――大学卒業後は?

 本藤:大学卒業後は広告代理店に勤めていましたが、スーフリ事件との関与を
 疑われて左遷されました。それで広告代理店は退社して、学生時代に蓄えてい
 た資金で何か新しい仕事を始めようと思ったんです。

 ――新しい仕事とは?

 本藤:トバシのケータイと匿名の銀行口座、多重債務者の名簿の“三種の神器”
 を片手に、ヤミ金を開業しました。最初は6人ぐらいのチームで月の売り上げが
 800万円くらいと苦戦していましたが、翌月からは大きく売り上げを伸ばし、ピー
 ク時には1店での貸付残高が1億円。ヒラの店員にも月給50万円を支払っても
 まだ利益が出ていました。

 ――ヤミ金をはじめ、本藤氏はこれまでどのような詐欺を行ってきたのですか?

 本藤:オレオレ詐欺の草創期に荒稼ぎしただけでなく、ワンクリック詐欺、未
 公開株詐欺、社債詐欺、そしてイラク・ディナール詐欺と、さまざまな詐欺を行っ
 てきました。

 ――なぜ今、詐欺の実態を語ろうと思ったのですか?
 
 本藤:現役のころから取材依頼がありましたが、自己顕示欲を満たすために
 詐欺の手法や知識をひけらかすようなことはありませんでした。引退した今、
 溝口氏の取材を受けることにしたのは、一つに「特殊詐欺」に対する世間の
 誤解を解き、警鐘を鳴らしたかったという思いがあります。

 ――どのような誤解ですか?

 本藤:昨今、振り込め詐欺が悪事をはたらく人たちの資金源になっているという
 面があるからです。私がやってきた「特殊詐欺」「システム詐欺」の発展が資金源
 になっているというのを危惧しています。

 ――今、どのような気持ちですか?

 本藤:贖罪や罪滅ぼしという思いと、警鐘を鳴らしたいという思いがあります。私
 がかつて、「詐欺グループに入りたい」と言っていた若者たちを受け入れたのは、
 短期間でお金を貯めて「不動産をやる」とか「飲食店をやりたい」といった人たち
 の後押しをしたかったから。

 しかし、詐欺はヘタに稼げてしまうので、いまだに足を洗っていない後輩が多く、
 カネ・バクチ・オンナに溺れてしまっている。私は、後輩たちを売ることもできない
 けど、守ってあげることもできない。
 詭弁に聞こえるかもしれませんが、汗水流して働いたお金は無駄遣いしない。こ
 ういう仕事は長くは続けられないから、早く引退して全うな生活をしてもらいたい
 ですね。

                      **

 ぼくが本を読んでいて、一番唖然としたのが、彼の「金置き部屋」のエピソード。
 詐欺とはいかに儲けるかが、よく表れている。

 本藤は金があまりにも入ってきて、金を保管するマンションを渋谷、新宿に借り
 る。あまりに巨額だったから、銀行に預けることは不可能だった。税務署にカネ
 の残高や出所をお伺いされたくないから、土地も株も債権も買えない。
 基本的に遊び意外には使い途がなかったという。

 それでもカネはうなりをあげてなだれこんできて、タンス預金せざるを得なかった
 が、とにかく巨額だったとの事で、以下、本文から抜粋。

 『一億円というとみかん箱一つぐらいのボリュームになる。それが何十、何百箱と
 積み重なった。仕方なく渋谷区東一丁目に住まいとは別に目立たないマンション
 を借り、そこを自分だけのカネ置き部屋にした。カネ置き部屋は他に北新宿のマ
 ンションと、渋谷に近い神泉の戸建てにも設けていた。渋谷の南平台には期限
 ギレになったトバシの携帯を山ほど積んだ専用部屋を用意した』

 何気ないマンションの一室に金があふれるほど箱に入って、積み重なっている
 という・・・・・・
 何かイマジネーションを刺激するエピソードだ。

 但し、彼は事件巻き込まれる。
 2004年4月27日の夕方の事。
 そのマンションに入る前に、金属バットを持った四、五人の暴漢に合う。いきな
 り一人の男が無言のまま金属バットで本藤の胸を横殴りした。
 男たちは容赦なく本藤の頭や肩をめがけ、金属バットを打ち下ろした。
 金の入ったかばんを奪い、ついでに背広の内ポケットを探って財布を引き出し
 た。本藤はあばら骨を三本折られていたが、警察に被害を届けなかった。

 バックには4800万円入っていて、財布には25万円ぐらい入っていたという。
 本藤は、男たちがカネ置き部屋に気づいた様子がなかったことに感謝した。
 とうぜん、警察に届けたら、自宅で使っている秘密のマンション・カネ置き部屋
 が発覚する恐れがあるし、本人自身がそもそも警察とはかかわりたくない身の
 上になっていたから。

 この「詐欺の帝王」と言う本は、詐欺に合わないようにするにはどうしたらいい
 のかというハウツー本ではない。著者が書いた本藤彰の詐欺人生は、まるで
 小説を読んでいるかのように興味深く面白く読めた。
 但し、どのような背景があって、このような詐欺が生まれたかというところに頁を
 取り過ぎに思える。すこし、説明ページが多い。

 背景よりも、詐欺の方法をもう少し詳しく書いてほしかった。その詐欺手段を知
 ることが、詐欺への抵抗力をつける一つになると思えるから。
 ところで、本藤彰(仮名)の正体は、いったい誰なのか?
 一説では、工藤明生と、言われているが、真相はどうなのだろう?

           

 参照:“オレオレ詐欺の帝王”が詐欺の実態を語る理由「世間の誤解を解きたい」

  

 




☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆






inserted by FC2 system