HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議












  「ローグワン スターウォーズ・ストーリー」楽しめる?

                                          2016年12月29日 22:49

     


        ログ

 ・ローグワン スターウォーズ
 ・最後の関東連合手記と見立真一
 ・おでんツンツン男・豊嶋悠輔
 ・占いが捜査に活躍・極秘捜査
 ・「君の名は。」より「君の縄」
 ・実録映画・傑作10番街の殺人
 ・高畑裕太・強姦事件の不可解
 ・不可解な連続点滴殺人事件
 ・大竹しのぶの「後妻業の女」
 ・ゴジラで石原さとみ“異次元”
 ・松本・ヒトラーの映画に嫌悪
 ・鴨川つばめと山上たつひこ
 ・鳥越俊太郎・女子大生の前で
 ・能年玲奈がのんに改名裏事情
 ・池田徳信の目黒バラバラ殺人
 ・美しき人の哀しみ・エレジー
 ・阿部祝子さん事件の不思議
 ・高知東生、五十川と薬物逮捕
 ・六本木クラブ襲撃事件で15年
 ・デッドプール・下品で大人気
        
 ・佐藤宣行・新潟少女監禁事件

 ・引退・洗脳もウソ、能年玲奈
 ・レヴェナント 蘇えりし者
 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍

 ・芸能か将棋か?竹俣紅の選択
 ・歌が心に染みるあやしい彼女
 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 ・殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
         
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死

 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
       
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月


 ローグワン スターウォーズ・ストーリー

  ◎ 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 2016年
   原題;Rogue One: A Star Wars Story

   監督: ギャレス・エドワーズ
   キャスト:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ 、ドニー・イェン

 映画「スター・ウォーズ」への熱い想いを語る人は多い。
 その熱に影響されて、学生の時にスター・ウオーズを期待で胸をふくらませて

 観に行った。でも、退屈で退屈でしょうがなかった覚えがある。そのとき、ぼく
 は、宇宙を舞台にした冒険活劇、いわゆるスペースオペラとは縁がないことを
 悟った。

 そして、今回、「ローグワン スターウォーズ・ストーリー」がやってきた。
 またもや、世間はちょっとしたスターウォーズ祭り。 当映画に出ている俳優
 ディエゴ・ルナが、『シリーズを知らない人でも「最高の形でユニバースに入って
 いくことができる」』ときっぱり語った。

 物語は、生き別れの父親に娘がはるばる会いに行くお話し。
 公式には、以下のように要約されている。

 帝国が銀河宇宙に侵攻の手を伸ばし、ジェダイを無力化した暗黒の時代。惑星
 をまるごと破壊する帝国の究極兵器デス・スターが完成する。だが開発者であ
 るゲイレン・アーソは、動力炉を破壊すれば無機能になる弱点を意図的に設計。

 生き別れの娘はそんな父の平和への意志を受け、設計図のデータが保管して
 ある惑星スカリフに乗り込み、帝国軍の守りをかいくぐって情報の奪取に挑む。

 というわけで、『ひょっとしたら、楽しめるかも?』と思ってまたもや凝りもせず、観
 に行った。
 結果、みごとに沈没した。

 人には向き不向きがある。何も冒険せずともいいかげん自分と相性のよさそう
 な作品はわかりそうなものである。ぼくは海より深く反省をした。

 宇多丸の週刊映画時評ムービーウォッチメン!」によると、『ローグ・ワン』は
 『スター・ウォーズ』シリーズの第一作『エピソード4 新たなる希望』の直前を描い
 たスピンオフ作品。
 『スピンオフ作品とは、何か?』と調べると、漫画・アニメ・映画といった娯楽作品
 の「派生作品」「外伝作」の意味でよく使われるとの事。

 宇多丸曰く、「一応ね、評もクソもない大前提を先に言っておきますけどね。
 今回の『ローグ・ワン』、最低限でも1977年の一作目『スター・ウォーズ』。いわ
 ゆる『エピソード4 新たなる希望』は最低限でも見ていることが絶対条件です!
 一応、念を押しておきますが。」

 なるほど、これは重要なポイントでつまり『スター・ウォーズ』シリーズに何も触れ
 ていなくて最初から、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を見てもピン
 とこない作品との事だ。これ、映画のポスターにでも書いておいてほしいくらい
 だ。 どおりでこちらは、評判のわりに見てて眠くなってしまうわけだ。

 世間のみなさんはこのスターウオーズをどう評価しているのか?
 サイト「映画.com」の全体の評価は5個の☆で平均4個までついているので、
 点数にすると80点という高評価になっている。でも、ぼくにはほとんどその
 面白さが響いてこなかった。

 唯一、よかったのはあきらかに日本の座頭市をモデルにしたのではないかと
 思われる香港の映画俳優ドニー・イェンが演じる盲目の戦士チアルート・イム
 ウェ。ロボット相手に、座頭市が暴れまくって決めまくる。不思議な『チャンバ
 ラシーン?』に興奮した。

 でも、彼の出番は少なくて、ぼくとしては主人公の女性より、こっちをメインに
 映画を作ってほしいと思ったほどだ。

 それと、ちょっと出ていたゴキブリの兜のようなものをかぶっているダース・ベ
 イダー。『蛍光灯を振り回しても、ちゃっちいよな。』というファンの人から怒
 られそうな感想しかぼくは持っていなかったのだが、今回、その蛍光灯・・・・・
 もとい、ライトセーバーの剣を振り回して暴れるシーンが結構迫力があり、ぼく
 の眠気を一瞬吹き飛ばしてくれた。

             

 参照:【映画評書き起こし】、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を語る!(2016.12.17放送)

    

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system