HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議












  ユーモラスに描いた悪、大竹しのぶの「後妻業の女」

                                          2016年10月 3日 23:16

     


        ログ

 ・大竹しのぶの「後妻業の女」
 ・ゴジラで石原さとみ“異次元”
 松本・ヒトラーの映画に嫌悪
 鴨川つばめと山上たつひこ
 ・鳥越俊太郎・女子大生の前で
 能年玲奈がのんに改名裏事情
 池田徳信の目黒バラバラ殺人
 ・美しき人の哀しみ・エレジー
 ・阿部祝子さん事件の不思議
 ・高知東生、五十川と薬物逮捕
 ・六本木クラブ襲撃事件で15年
 ・デッドプール・下品で大人気
 ・佐藤宣行・新潟少女監禁事件
 ・引退・洗脳もウソ、能年玲奈
 ・レヴェナント 蘇えりし者
 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍
 ・芸能か将棋か?竹俣紅の選択
 ・歌が心に染みるあやしい彼女
 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 ・殺してない・栃木7歳女児殺害
         
 元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル

 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・クリード チャンプを継ぐ男

 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景

 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
          
 佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版

 少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件

 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目

 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
         
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑

 ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成

 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」

 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」



 

 後妻業の女

 「後妻業の女」
 監督: 鶴橋康夫  2016年
 キャスト:大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子


 2014年8月に発行された黒川博行の「後妻業(ごさいぎょう)」の本を買おうか買うま
 いか、ずるずる迷っているうちに、映画「後妻業の女」が始まってしまい、本より先に
 映画を観てしまった。

 「後妻業」の本が出た頃に、『本のモデルなのでは?』と疑われた夫殺しの筧千佐子
 (かけひちさこ 当時67)の事件が、ニュースを賑わせていた。
 彼女の周辺では少なくても6人の男性が死亡している。そしてこれまでの夫たちの
 遺産の大半を相続し、財産の総額は約8億円にもなると言われていた。

 ところで、8月27日に始まった「後妻業の女」の映画。なんせ演技に安定感がある
 大竹しのぶが主演で出るし、映画「ディア・ドクター」で演技の才能が十分あることを
 見せてくれた笑福亭鶴瓶までが出る。これは劇場まで見に行かねばなるまい、と
 思い足を運んだ。

 ストーリーは、『資産家の高齢老人を色仕掛けでだまし、必要とあれば殺人まで犯す。
 仮の恋人となったり妻になったりで男の間をわたり歩き、金をむしり取る。その背後
 には結婚相談所の所長がいた。』というシンプルな話。

 鶴橋監督は刊行されてすぐに原作となる黒川博行氏の小説「後妻業」を一読し、
 映画化を熱望した。その時点で小夜子と柏木には2人(大竹しのぶ・豊川悦司)を思
 い描いていたそうだ。これには大竹しのぶが異論を挟んだ。
 「原作は70歳近いおばあちゃんだし、なんでだろうと思いました。16年ぶりの映画が
 これなの?失礼な。なんで『愛の流刑地』じゃなかったんだろうって(笑)」

 大竹しのぶは、いかにも我の強そうな金に強欲そうな主人公・武内小夜子のキャラを
 うまく演じていたと思う。その小夜子を影で操る結婚相談所・所長の柏木(豊川悦司)
 も、アクの強さがふけ具合とマッチして体全体からうさん臭さが出ていて魅せてくれた。

 大竹しのぶが唇をへの字に曲げて、顔をゆがめて、独特な影のある女の表情をする
 が、その顔がぼくには榎本明の表情とだぶって見えた。
 そんな事を思いつつ、映画を観ていたら、なんと動物病院の先生役で榎本明も出演
 していたのには、笑った。でも榎本と大竹が二人でからむ場面はなかったのが、少々、
 残念だ  。

 豊川悦司も大竹も良かったのだが、但し、小夜子の放蕩息子役の風間俊介は、キャ
 ンキャンうるさいだけのチンピラ小僧で、たとえ喜劇風の役作りとはいえ、一本調子で
 お粗末だった。
 このキャラは監督も役者も、もっと練ってほしかった。

 喜劇風に撮っているのだが、実は内容は老人が次から次へと金のためにだまされ、
 殺され続けている話しで、どうも今一つ笑いに勢いが出ない。逆に普通の実録映画
 のような撮り方のほうがよかったのではないかと思った。『シリアスな内容の中にとき
 おりユーモラスに見える場面がある・・・・・』という方がこの内容では好きだ。

 大竹しのぶが映画の中で、鼻歌のように気ままに歌っている場面があり、その何気
 ない歌がとてもうまくて、聞きこんでしまった。結婚相談所のメンバーに囲まれ、中央
 で踊るツイストも良かった。
 ということで、この映画はやはり「大竹しのぶが主演の大竹しのぶを見たい人の為の
 映画」といった印象だ。

           

 参照:大竹しのぶ&豊川悦司があぶり出した、洗練された“大人の寓話”

  

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system