HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議



































































































  女性同士の運命の濃密な関係を描いた「キャロル」

                                          2016年 2月13日 22:35

     


        ログ

 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
          
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
         
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
        
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて
 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?


 

 ◎ 「キャロル」           (原題:Carol)
 監督  :トッド・ヘインズ      2015年 アメリカ

 キャスト:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン


 

 1950年代を舞台に、上流階級の夫人とデパートの店員の運命の関係を描いた
 キャロルという映画、アカデミー賞で主演女優賞(ケイト・ブランシェット)、助演
 女優賞(ルーニー・マーラ)ほか6部門候補にあがっている。

 映画評論家の前田有一氏は、この映画を話題となったベッキーの不倫にからめ
 て、このように超映画批評のサイトに書いている。

 それにしても、同性愛であり不倫でもある二人の恋愛に、なぜ私たちは不快感を
 感じないのだろうか。彼女たちと、ゲスの極みベッキーとの違いはいったいどこ
 にあるのか。ルーニーさんの底上げ気味の美巨乳のおかげなのか。

 否。この関係が不快でないのは決してベッキーよりルーニーさんの胸が大きいか
 らではなく、それよりも二人の関係に身勝手さがない事が大きい。

 それは登場時から感じられる洗練されたケイト・ブランシェットのふるまい、言葉
 の選び方は言うに及ばず、すべての鎧をはぎとられちっぽけな少女のように
 追い詰められた後の態度からも感じられる。どんなに不利な状況に追い込まれ
 ても、彼女は愛に誠実で、自分が大切にする人間関係を守り抜こうとする。そこ
 に観客は共感し、涙するのである。


 と、いうのを読んですぐにでも見たくなって映画館に夫婦で向かった。

 この映画は、前田有一氏だけではなく、ほとんどの評論家にも高評価なのだけ
 ど、ぼくにはピンとこない映画だった。デパート店員テレーズが、人妻キャロルに
 恋してしまうその理由が今一つ伝わらなかった。

 今まで同性愛とは無縁の人がそちらへ行ってしまうにはそれなりの理由がある
 とおもう。キャロルは毛皮の似合う上品な人妻だが、写真を撮ることが好きな
 芸術家肌のテレーズの個性に、キャロルの個性が絡むとは思えなかった。

 劇場では、ラストのシーンで涙ぐんでいる人もいたので、この映画にはまってしま
 う人もいるのだろう。うちの奥さんもいっしょに観たので、「キャロルで泣けた?」
 と、後で聞いてみると、「この映画では泣けなかった」と答えていた。夫婦そろって
 一歩ひいて観てしまった。

 と、ぼくは思っていたのだが、映画をみてから1週間後に奥さんはこんな事を言い
 出した。

 「ところで、あの映画の主人公の人、おおきかったわよねぇ」
 キャロルを演じたケイト・ブランシェットの大きさにはぼくもあらためて気が付き、
 ネットで既に身長は検索済みだった。

 「174センチだってよ。」
 「え?もっとあるわよ。180センチはあるみたい」
 「相手役のデパートの女の人(ルーニー・マーラ)は、身長160センチだって。
 既にそこで14センチの差があって、ちょっと『魔女に食べられる小さな女の子』
 みたいに見えちゃったよ。」

 「あの女の人、宝塚の男役みたいでステキ。キャロルの相手役の女の人には
 何も感じなかったけど。男の人の方に人気があるのかな?」
 『宝塚』のたとえには、同意するが、ケイト・ブランシェットがステキとはぼくにはあ
 まり思えなかった。彼女はちょっとガタイがでかすぎて、女っぽさがそこで消され
 てしまうのだ。確かに、ルーニー・マーラの方に男性のファンが多いのではない
 か。

 「なんか、ケイトの今回の映画は、女の人のほうが絶賛しているよね」
 「わかるわぁ。頼りがいがあって優しくて、それでいて脆いところもあって・・・・
 あんな女の人とだったら、恋愛に落ちるというのもわからないではないわ」

 『あれ?映画を観た直後の反応とは違ってきているぞ?』と、思いつつもまあ
 ぼくよりは、映画「キャロル」から感じたものは大きかった事は確かなようだ。
 ということで、ぼくの映画の評価は60点。

 ちなみに、ケイト・ブランシェットはインタビューにて記者にこう聞かれた。
 「レズ経験は今回が初めてですか?」
 ケイトは「映画の役で? それとも実生活?」と聞き返した。驚いた記者が女性
 との交際経験を尋ねたところ、「ええ。数多く」と答えた。だが、さすがに詳細に
 ついては言及せず。

 「あまりプライベートなことは公表しない主義なの」と説明、ツイッターなどの
 ソーシャルメディアもプライベートでは使わないと付け加えたとの事。
 ファンの人はますますその秘密めいたムードに夢中になるのかも。

         

 参照:「キャロル」 超映画批評
     ケイト・ブランシェット過去のレズ経験告白

  

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system