HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議












  ジェイシー・デュガード事件 と映画「白い沈黙」

                                          2015年10月25日 23:06

     


        ログ


 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 天地真理と「老後破産」悪夢
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐

 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 フィリピンで性獣に高島雄平
         

 ・
エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達

 アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
         
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件

バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー

 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて
 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
         
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー

 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ

 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・バタフライルーム傑作スリラー
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白

 

   ◎白い沈黙    (原題:The Captive)
   
   2014年  カナダ  監督: アトム・エゴヤン        
   出演者:ライアン・レイノルズ 、スコット・スピードマン、ロザリオ・ドーソン、アレクシア・ファスト


 白い沈黙
   

 アメリカで実際に起った誘拐事件をモデルに作成された映画が公開され
 た。10月16日から公開されていて、「白い沈黙」という。
 映画のコマーシャルをネットで見たのだが、画面にひきつけられた。9歳
 の娘役のアレクシア・ファストも、父親役のライアン・レイノルズも印象に
 残る。

 そのモデルになった事件は1991年に起っていて、女性監禁事件 “ジェイ
 シー・デュガード事件”と呼ばれている。当時ジェイシーは近くのメイヤー
 ズ小学校に通う小学校5年生の女の子であった。

 11歳で誘拐されて、18年間監禁され、その間に誘拐犯である男との間
 に2児の娘をもうけさせられたジェイシー・デュガードの手記をモデルに
 映画は作成された。

 ● 刑事は5、6年しかもたない
 「白い沈黙」の監督、エゴヤン監督は、制作過程で「多くの刑事にリサー
 チをしました」と話した。

 そして、「(刑事は)とても辛い仕事なので、たいていは5、6年しかもたな
 いそうです。子供が失踪し、常にその子供のことが頭から離れない。
 被害者の成長をポルノのネットで見ることしかできない。虐待されている
 様子はネットを通して見ることができるのに、どこにいるかわからず救えな
 い」と現状を明かす。

 「テクノロジーは視覚的なアクセスを与えてくれました。私たちは繋がって
 いるという感覚を与えてくれますが、これ以上ないほどに物理的には分断
 されています。誘拐された子供達を見ることはできるけれど、どこにいるか
 わからない。犯罪があるとわかっている、見えているけれど、どこにあるか
 わからない。この映画はそんな奇妙さに触発されました」と、作品への強い
 思いを語った。

 ところで、このモデルとなった事件も、当時11歳の小学校5年生の少女
 である、ジェイシー・デュガードさんの写真がとてもかわいいだけに、事件
 の痛々しさが胸に迫る。

 ● 神は私に特別な力を授け 
 ジェイシー・デュガードさんは、1991年6月1日に、カリフォルニア州北部
 の路上で近づいてきた車の中に連れ込まれたまま消息がわからなくなって
 いた。両容疑者が力ずくで車に押し込んで誘拐。約200キロ離れた自宅に
 連れ去っていた。

 事件発生からわずか数時間で全米中のマスコミが事件を取材しようとサウ
 スレイク・タホに殺到した。数日のうちに何十人もの地域のボランティアが
 捜索活動を手伝おうと名乗り出た。それは地域全体を巻き込んだ大規模な
 運動に発展した。この事件は全米中の関心を引き付けた。

 しかしジェイシーが発見される事は無かった。
 その女性は職務質問をきっかけに、保護された。女性は健康で29歳になっ
 ていた。18年ぶりに母親と再会した。

 誘拐されていた18年間、まったく外界との接触がなかったという。 
 犯人のフィリップ・クレイグ・ガリドーは、サンフランシスコの郊外の町アン
 ティオークに住んでいた。デュガードさんは、ガリド宅の裏庭に立てられた
 小屋やテントに監禁され、「奴隷のような状態」(警察当局者)に置かれて
 いた。
 
 小屋は簡単なトイレやシャワー設備があり、電気も引かれていた。外部か
 ら は見えない状態で防音が施されていた。

 ガリドーは、性犯罪の前歴があり、当時は保釈中だった。ガリドーはブログ
 をやっていた。そこに奇妙な書き込みを連ねている。
 「神から特別な力を与えられ、心で念じると音をコントロールできる」
 14日付けの最後の書き込みで、「神は私に特別な力を授け、天使の言葉
 で語れるようになった。やがては世界を救う警鐘の音を出すことができる
 はずだ」と述べている。
 
 自分の声を聞いた人は、自分自身や他人に暴力行為を行う前に考えを改
 め、暴力行為を行わないようになるという。彼はそんなたわごとを考える前
 に、自分の犯罪をはやく清算することが、一番必要な事だった。捕まらない
 うちにガリドは自分の能力に過信してしまったようだ。

 ● 犯罪行為を起こさないための解決策
 誘拐した男、ガリドーは、彼女に2人の子どもを産ませている。保護された
 ジェイシー・デュガードさんと一緒にいたフィリップ・ガリド(58)と妻ナンシー
 (54)の両容疑者を誘拐容疑などで2009年8月26日に逮捕された。
 15歳と11歳になる2人の娘は無事に保護された。

 その時の様子をサイト・ウィキペディア(ジェイシー・リー・デュガード誘拐
 事件)ではこのように記述している。 

 2009年8月24日、ある男がFBIのサンフランシスコ支局を訪れていた。彼
 は4ページの短い報告書を提出した。その報告書には宗教、性的なもの
 に対する彼自身の考え方、自分自身が過去に起こしたような犯罪行為を
 起こさないための解決策を発見したことなどが書かれていた。

 さらにまた、どうして自分自身が性的犯罪行為をしないようになったか、
 異常な行動を冒させる人間の衝動を抑制する事によって性的異常者を
 治癒する手助けをするためにはどんな知恵を使えばいいのか、が記述さ
 れていた。

 同じ日、男はまたカリフォルニア大学バークレー校を訪れた。彼は独自に
 宗教イベントを大学キャンパス内で開くための許可をもらうために構内警察
 署に出向いた。特別イベントマネージャー、リサ・キャンプベルは彼と話をし
 たところ、なにか挙動が不審であると直感したので、また翌日来るようにと
 告げると、男は自分の名前を言い置いて去っていった。

 翌朝、キャンプベルは同僚の警察官アリー・ヤコブスに、今日会うフィリップ・
 クレイグ・ガリドー(Phillip Craig Garrido)なる男のことについて話した。
 ヤコブスがガリドーを素性チェックにかけると、過去に強姦事件を起こして
 仮釈放中の身であるということを突き止めた。ガリドーは2人の少女を連れ
 てやって来た。

 ガリドーは彼女らを自分の娘であると紹介した。その場に同席していたヤコ
 ブスは少女たちの仕草が普通ではないと感じた。翌8月26日、仮釈放事務
 所はガリドーに電話し、話があるので来るようにと告げた。

 彼は妻ナンシー・ガリドー(Nancy Garrido)、及び1人の女性、2人の少女ら
 と供に現れた。ガリドーを女性らから引き離した後、女性、少女らを保護し
 た。女性はジェイシーであり、2人の少女、エンジェル(Angel:約15歳)とスター
 リット(Starlit:約11歳)はジェイシーが産んだ子であった。

 フィリップ・クレイグ・ガリドー及び妻ナンシー・ガリドーはその場で逮捕さ
 れた。

 加害者は監禁した上に、ナイフや電圧電流銃(スタンガス)で脅して行動を
 制限し、両脚に筋力低下などの障害を負わせた。犯行当時、28歳だった
 加害者は37歳になっており、懲役14年が確定した。

 ● 倉庫の中から女性の悲鳴
 フィリップ・クレイグ・ガリドーの過去にも犯罪を犯していた。
 1972年、フィリップが21歳のころ、14歳の少女に性的暴行を加えたとして
 逮捕、起訴されたが、その少女が証言を拒否したため有罪には至らなかっ
 た。

 1976年、ガリドーが25歳のころ、サウスレイク・タホで女性を拉致して約40
 km北にあるネバダ州リノの倉庫まで連れ回し性的暴行を加えた。その時
 通りがかった警察官が外に止めてある車の鍵が壊れていたので調べようと
 したところ、倉庫の中から女性の悲鳴を聞いた。その場でフィリップは逮捕
 された。彼は連邦裁判所及び州裁判所において起訴され有罪判決を受け
 た。

 裁判所が精神鑑定を行ったところ、「性的異常者かつ慢性的薬物常用者」
 であると診断された。また裁判手続きの中でガリドーは「私は中学校や高校
 の横に車を止めて若い女生徒を見ながらマスターベーションをしたことがあ
 る」と供述した。

 1977年3月9日、連邦裁判所によって50年の懲役刑を宣告されリーベンワー
 ス刑務所で刑期を開始した。そこで彼は、囚人である祖父の面会に訪れて
 いたナンシーと出会い1981年10月5日、2人は結婚する。それから7年後、
 1988年1月22日に彼は釈放され、ネバダ州刑務所に移された後、ネバダ州
 裁判所による「5年から終身」刑のうち7ヶ月間の刑期に服した。

 1988年8月26日、ガリドーが37歳のころ、彼の身柄はアンティオック (カリ
 フォルニア州)にある連邦仮釈放当局に移される。そして彼は認知症にか
 かっている母親の家で暮らす事になった。仮釈放人としてGPS追跡可能ブ
 レスレットを足首にはめられ規則的に警察官の訪問を受けるなど監視下に
 置かれる。

 事件が起きたのはその3年後の事である。
 フィリップ・クレイグ・ガリドー(Phillip Craig Garrido)は1951年4月5日カリ
 フォルニア州コントラコスタ郡に生まれ、同州ブレントウードにおいて育ち、
 1969年にリバティ高校を卒業した。

 彼の父親のマニュエルはこの頃のガリドーについて「あの子はいい子だっ
 た、しかしティーンエイジャーの頃にバイク事故を起こしてからあの子は
 変わってしまった、その頃からあの子はドラッグを使い始めた」と語ってい
 る。

 この特殊な事件をモデルに作成された「白い沈黙」ぜひ、映画を観た後で
 また、感想をアップしたいものだと思う。
       
          


 参照:18年間監禁された女性、全米震撼の事件をモデルに描かれた映画『白い沈黙』とは
     ウィキペディア(ジェイシー・リー・デュガード誘拐事件)

  

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system