HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議




     

   ● 角川春樹・ASUKAに全て吸い取られる?

             女子大生バラバラ殺害の3つの気になる点


  

   
   
   


         ログ

 矢沢永吉に脅されて和田アキ子
 美由紀の不審死6人事件−A
 ・美由紀の不審死6人事件−@
 ・殺人は蚊を殺すと同じ金川真大
 ・脂肪事件から46人違法処刑事件
 ・8人の愛人ウッズスキャンダル
 ・小林順子さん殺害も?放火事件
 追加金額払いたいほどの面白さ
 ・ペルーと島根バラバラ殺人事件
 PR]髪の専門家が作ったシャンプー
         
 映画見たりブックオフ行ったり
 ・紅白歌合戦・陽水と永ちゃんは
 男の色気アマルフィ女神の報酬
 ・バラバラ殺人事件と殺人全集
 秘密クラブ!美女「S」は誰?
 マニアックなハッピーフライト
 ・森繁久彌のちょっとHな思い出
 ・遊び?温泉とみみずと芸者
 ・男を夢中にする?上田美由紀
 ・PR]無料相談・無料紹介受付中!
  プレミアム結婚相談
         
 ・スペル・怖がって笑って驚いて
 ・フェイスオフ殺人犯・市橋達也
 ・幻に思えた闇の中の魑魅魍魎
 ・毎日検索のAV女優倉沢七海
 ・6人の死・結婚詐欺木島佳苗
 ・4人の死・結婚詐欺セレブ生活
 ・エリカの解雇と高城剛の問題
 ・猥褻牧師卞在昌氏らを提訴
 ・集団暴行・村上友隆ら4人逮捕
 PR]【注目情報】大学受験の英語
  で失敗しない方法を発見


 

 ★ 角川春樹・ASUKAに全て吸い取られる?
                          09.11.18 23:48


 角川春樹(67)が、 現在交際しているASUKA(27)とは年齢差がちょうど
 40歳ある。 周囲に「結婚する」と言っているという。
 
 今週号の週刊文春は、 カラーと呼ばれる花が表紙の、ひさびさにいい色あい
 のイラスト。その週刊文春(11月26日号)に、角川春樹とASUKAのことが記事
 になっている。
 角川春樹は獄中結婚を含め、これまで5回の結婚、離婚を繰り返すなど、奔放
 な女性関係で有名とのこと。

 「やはり金持ちは何でもありで景気がよくていいねぇ・・・。」と、思いきや、なに
 やら事情は複雑そうだ。

 春樹事務所社員が、悲痛な気持ちで内情を明かす。
 「どれだけ働いても、ASUKAにカネが流れるかと思うと、やってられない」
 所属タレントですらないASUKAが使ったクレジットカードの明細が春樹事務所
 に届くというのだ。

 「春樹氏が用意したカードで月百万円は下らない買い物をしている。ブルガリの
 時計やディオールの服などブランド品ばかり。キャバ嬢みたいなピンクのドレス
 を着ていたこともある。春樹氏はすきやばし次郎など有名店にもASUKAを連れ
 て行き、会社の経費で処理しています。タクシーチケットまで渡している」
 (前出・事務所関係者) 

 何やら、つい最近立て続けに起こっている女詐欺事件に重ねてしまう。
 但し、こちら・ASUKAは年齢も若いし、あんなに驚きの肥満体ではもちろんな
 い。さすがに角川春樹もそこまで趣味は悪くないのだろう。
 
 今年初めには、ASUKAのプロデュースに不満を漏らした社員が退社させられ
 る事件もあったという。
 『なぜこんなに売れない子を宣伝しないといけないのか』と嘆いたことが、彼女
 の逆鱗(げきりん)に触れたとのこと。

 角川春樹がASUKAの金ヅルになっている? いいように利用されている?
 「大丈夫かな?」と、サメはしなくてもいい心配までしてしまう。

 現在、角川春樹が12年ぶりにメガホンを持った映画「笑う警官」が公開中。
 ASUKAは同作品にも女性警官役で出ているという。時間にしてわずか15秒。
 セリフは一切ないという。
 映画関係者も「女性はここ数年ずっと春樹さんに同行していたので、結婚する
 としても不思議じゃない」と証言しているとのこと。
                
              

 参照:角川春樹氏40歳下の歌手と熱愛、結婚も asahi.com
     週刊文春 文藝春秋


 ★ 女子大生バラバラ殺害の3つの気になる点
                        09.11.16 23:47


 島根県立大学1年生の平岡都さん(19)の殺害・死体損壊遺棄事件。
 この事件も、詐欺女の事件に並んで最近、注目を浴びている事件だ。

 サメは、この事件に関して書かれている、3点の事が気になっている。まずは、
 胸のタトゥ。 次が大量のブランド物。
 そして、ネットで言われている小説との類似点。

 @ 胸のタトゥ
 捜査関係者は声を潜めてこう語った。
 「被害者は素朴な印象が先行しているが、実は胸にタトゥーを入れた、都会な
 ら珍しくない“いまどきの子”。出会い系サイトなど、あらゆる可能性を想定して
 通信記録の解明に当たっており、まだまだ時間がかかりそうだ」

 A 大量のブランド物
 週刊ポストには、捜査関係者が注目しているという部屋にあった意外な物が
 記事として書かれている。
 「真面目で地味な印象の彼女の部屋から、大量のブランド物が出てきたよう
 だ。彼女のバイト代ではとうてい買えるはずもない。」

 B 小説「龍臥亭事件」
 昭和7年、名古屋市内で今回の猟奇殺人に酷似した事件が起きていた。
 島田荘司氏の「龍臥亭事件」は、その事件をベースにして創られたと言われ
 ている。
 「龍臥亭」と「臥龍山」、偶然の一致とは、思えないとのこと。犯人は、これら
 の事実を知っていた可能性が・・

 この小説は、サメはまだ読んでいないので、ぜひ読了して今回の事件に結び
 つくものなのかを考えてみたい。

           

 参照:島根女子大生バラバラ殺人 カギは未発見の“携帯電話” ZAKZAK  
     ネットゲリラ: 臥竜山は偶然ではない ネットゲリラ


     







☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング芸術系ランキング

inserted by FC2 system