HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議









 
 バットで撲殺された男と
          広末涼子の元夫&宮崎あおいの夫との関係 

                             2008年4月6日 21:54
 
   

 ・撲殺された男と広末涼子
 ・
「よさこーい」と広末涼子
 ・
死刑を望む金川真大
 ・
ショーケンの自叙伝
 ・
ロボットに変身の携帯
 ・
着信拒否の三浦和義
 ・
モザイクバトル薄消し
 ・
空港で三浦和義の逮捕
 ・芸能界本日モ反省ノ色ナシ
 ・
足立区一家4人死傷事件
 ・
少年−おやじにやられた
 ・
女優木村衣里の殺人
 ・
欲望の連鎖・麻原彰晃
 ・
麻原彰晃・四女の手記
 ・
芥川賞受賞の川上未映子
 ・裸祭りポスター大人気
 ・
訴訟でばれた秘密とは
 ・叶姉妹のヒミツとは?
 子供連れニュースキャスター
 ・
今度は父の暴力叶姉妹
 ・
母親の盲目の愛に馬込
 ・「恋空」にパクリ疑惑
 ・奇行目立った馬込政義
 ・新東京タワーとデジタル放送
 ・セックスすれば音色が良く
 ・はね飛ばされ距離世界一
 ・川崎政則は義姉プロポーズ
 ・頭が良くなる性交ダークチョコ
 ・吉野家の奇妙なHP
 ・清-登場で視聴率アップ
 ・祖母の義弟を逮捕
 ・
58歳祖母の交際相手
 ・肛門に指・等に対し告訴
 ・
覗きから始まる恋愛
 ・
動画は森口博子か別人か
 ・
動機が?行方不明事件
 大阪替え玉殺害事件
 ・
タイトル・キーワードの秘密
 ・
石油原因のかいだめ
 ・
花田美恵子も俳優と不倫
 ・
細田孝幸の妻の手記
 紀元水と合同結婚式
 ・こちらの結婚が驚き!
 ・
9日間の断食不眠の難行
 ・
刺された傷を笑ううの
 ・
絞殺した恋人を煮て食す
 ・
イラン日本人誘拐解放条件
 ・亀田を倒す俺の姿を
 ・
うの西村拓郎から再プロ
 ・芸能界の朝青龍・エリカ
 ・
Mではないと姫井議員
 
 
 

  
 会社が合併して新会社になる。
 という時は、その準備で管理系のメンバーは大変だ。サメも連日、携帯の
 新システムの準備でいつもの倍くらい忙しくなってしまった。

 先週は連日夜の10時くらいまで仕事をしていた。それから、2時間以上か
 けて自宅へ戻る。その後、食事を取ると、だいたい1時過ぎ。
 ちょっと気晴らしにネットでも見てると、深夜の2時近くになる。
 それでも朝は5時半起きの生活が続く。

 木曜日は、家でも仕事をしたため睡眠2時間ほどで会社に出勤。
 遊びより何より、ぐっすり心ゆくまで眠りたいが、自分の欲求の1位になって
 いた。

 こんにちわ。サメです。
 眠さにも負けずに、本日は前回に引き続き、広末涼子がらみの事件に関して。

広末と金剛弘の写真

 前回、『次回はそこから書いていきたい』と書いた西新宿で一人の男が殴り
 殺された事件。
 ちょうど、その日発売の週刊新潮がその事件を取り上げていた。
 以下、週刊新潮(4月10日号)の記事から抜粋。

 ● 西新宿金属バット撲殺事件
 事件は3月16日午前4時過ぎのこと。
 西新宿5丁目の狭い路地で、韓国食材の輸入商社に勤務する金村剛弘(た
 かひろ)こと、金剛弘氏(32)が、数人の男に襲われた。
 四方から金氏を取り囲んだ男たちが、「追いかけろーっ」「逃がすな」「足をや
 れ」などと声をかけ、金氏を追い詰めていく。

 そして追い詰めた男たちはおよそ5分、金属バットで金氏を殴打し続けてい
 た。 金氏は「ごめんなさい」「助けてください」と、命乞いをしたが、男たちは
 容赦せず、「殺せ、殺せ」と言いながら、血まみれの金氏をメッタ打ち。
 異変を知った住民が警察に通報し、パトカーや救急車が駆けつけたが、金氏
 を襲ったグループはとうに立ち去っていた。

 襲撃犯が逃走用の車両を停めていた場所近くの住民はこう言う。
 「暴行を終わった犯人たちが車に戻るとき、怖かったけど、窓を少しだけ開け
 て外を見たんです。5、6人の男が歩いていました。バットを持っていた男も
 見えたのです。
 みんなプロレスラーのデストロイヤーみたいな、目だけ出した帽子をかぶって
 いたので、顔はわかりませんでした。」

 すでに意識を失っていた金氏は、病院に搬送されたが、意識を回復すること
 はなかった。5日後の3月21日に脳挫傷のため死亡した。

 ● 金剛弘氏の背景
 芸能人と親交があったという金氏は、在日韓国人の父母の間に生まれてい
 る。実家近くの小中学校に通い、東京朝鮮高級学校に進学したが、中退後
 は父親の会社で働いていた。

 「もともと金さんのお父さんは、キムチやチャンジャなどの食材を輸入し、
 焼肉食材の卸売り店や小売店などに卸していました。かなり儲かったようで、
 今では歌舞伎町にビルを持っているし、女性専用のサウナも経営している
 んです。やり手ですね」(近所の人)

 金剛弘(たかひろ)氏は、広末涼子の元夫である岡沢高宏のブログに、アス
 レチックジムに行った時、写真入りでアップされている。
 鍛え上げた体はプロのボディビルダーの如き逆三角形。

 「もともと、ケンカは一度も負けたことがないほど強い。新宿でチームを結成
 すると、彼のもとに若い子たちが集まってきました。面倒身がよく、売れない
 芸能人や格闘家にメシをおごっていたそうです。一時は元ミス立教の歌手と
 交際していました。女性に不自由しないほどモテたんですよ。」(知人の一人)

 そんな金氏は、普通の人が手出しできないビジネスに関係していたとの噂
 もある。
 「警視庁は、新宿署に刑事部長をトップとする捜査本部を置き、金氏撲殺事
 件の捜査に当たっています。ある程度、容疑者の絞込みはできているよう
 で、商売上のトラブルで襲われたのではないか、との見方が有力です」
                                       (社会部記者)
 この事件は新聞やテレビでの扱いはさほど大きくなかった。
 その理由をメルマガ【サイバッチ!】では、こう書いている。

   今、マスコミ界に、いったい、何がおこっているのか?
  「取材には、動いたんですよ。動いた後、彼らはやっと気がついたんです。
  今回の事件が西麻布のMUSEや渋谷のatomあたりで終わる話じゃない、と。
  結局、最後は有明まで行き着いちゃう。

   それを知って結局、ボツにした。賢明な判断ですね。【サイバッチ!】も
  いつも調子でやると危険ですよ。あの記事を読んで『ぶっ殺してやる』と
  怒り狂っているヤツは1人や2人じゃないですから」(他誌記者)
   そう。あの事件は、アンダーグランドの最深層と呼ばれる地点に到達す
  る。その世界にとっては絶対のアンタッチャブル=有明のトランスパーテ
  ィ、そして、広末涼子などアイドルたちの腐りきった下半身と闇社会のす
  べてが浮かび上がってしまうのです。

                           【サイバッチ!】[03/27//08]より

 何かとんでもない裏事情が隠されているような気もしてくる。
 では、その被害者・金剛弘氏と広末涼子が離婚したばかりの元夫である
 岡沢高宏(32)との関係は何なのか?知人がこう語る。

 「金氏は、岡沢氏とは幼なじみ。小学校以来の付き合いで、金氏はいじめ
 られていた岡沢氏を助けてやっていました。お互い”相棒”と読んでいました
 が、金氏が兄貴分のような存在だったんです」

 ● 岡沢高宏の台所事情
 ところで、その岡沢高宏と広末涼子との離婚。サメにはそこの事情がよくわ
 かっていない。
 岡沢高宏氏の名前も、離婚で初めて意識して記憶したくらいだ。

 離婚に関しては、サイゾー裏チャンネルで芸能記者がこう語っている。
 「広末はイケメン病でしたからね。かっこいいと思ったら、その日のうちに一緒
 に過ごしてしまう。しかも、岡沢氏との場合は、できちゃった婚でしょう。
 岡沢氏はデザイナーという肩書になってましたが、最近は収入面でも厳しい
 現状がありましたし、遅かれ早かれ離婚すると見られていました」

 「その日のうちに一緒に過ごしてしまう」というのは、困った病気。これは遊び
 好きのイケメンには嬉しくとも、いったん夫になったら、心配で穏やかでは
 いられないだろう。
 また、岡沢高宏氏の金銭事情も大変な状況らしい。

 すでに岡沢氏は事務所に寝泊りしているそうで、そこには、駐車禁止の違反
 金支払いの督促状が送付されている。離婚報道後、岡沢氏が住んでいた
 と見られる代々木の自宅前に集まった報道陣は、その隣の家があまりにも
 豪華だったので、その玄関のチャイムを鳴らしてしまったという。

 だが、岡沢氏の自宅は、その隣にある、ごくごくフツーのマンションだった。
 広末との別れを迎えた今後の岡沢氏は、彼女との経済格差をどんどんつけ
 られていきそうだとの事。アイドル有名人と勢いで結婚した後のつけは大きい。

 ● 金氏と高岡蒼甫
 また、毎回20パーセント以上の視聴率を記録する大河ドラマ『篤姫』の主役・
 宮崎あおいの夫・俳優:高岡蒼甫(そうすけ)(26)の場合は?

 「一昨年、高岡が韓国の釜山国際映画祭で、”個人的には日本という国はあ
 まり好きではない。韓国に対して、日本は卑劣なように見える”などと言って
 物議を醸しました。
 そんな反日発言が口をついて出たには、高岡が在日の金氏と親しく付き合っ
 ていたからでしょう」
 と、同じ知人が語る。

 金剛弘氏の事件の後に宮崎あおいにボディガードをつけたという。
 「金氏が事件に巻き込まれて、岡沢氏は信用のおける人物としか連絡を取っ
 ていないようです。宮崎や高岡にしても、火の粉が降りかからないように、
 外部との対応にはかなり気を遣っているらしい。NHKの大河の収録のある
 宮崎は、特別にボディガードをつけたとも言われています」
                                  (芸能ジャーナリスト)

 週刊新潮に掲載されたこの事件にかんする3ページの記事は、サメにはとて
 も参考になった。
 但し、金氏がいったい何者で、なぜ男5、6人に殺されなければならなかった
 かは以前として謎のままだ。でも単にニュースを読んでいるよりは、周辺の
 事情が見えてきたといえる。
 そして、またまた登場するが、メルマガ【サイバッチ!】では、新潮の記事に関
 してこう書いている。

  明日発売の最新号のトップで<「金属バットで撲殺」された新宿の男は
  「宮崎あおい」の夫と「広末涼子」の元夫の兄貴分だった!>なる記事を
  掲載するんです。
  「新潮の締め切りは毎週火曜日の午前中。【サイバッチ!】が最初にこの件
  を配信したのは24日(月)でしょう。先週号には間に合わなかった。
   しかも、です。1週遅れだというのに、記事は表面をなぞっただけ。広末
  涼子の元夫である岡沢高宏と殺された金村剛弘の交友関係などを書いた
  だけで、トランスパーティの『ト』の字も出てきません。
   担当デスクがこのネタはヤバすぎる判断。軟弱にも事件の核心部分を
  封印してしまったわけです」(ライバル誌記者)。
                            【サイバッチ!】[04/02//08]より 

 事件の全貌は、まずは犯人がつかまらない事にははじまらないだろう。
 その時に、サイバッチ!が書いているような隠された事実が出てくるのか、そ
 れとも封印されたままなのか?

 
         
 
 参照:広末と別れたダンナの懐事情 日刊サイゾー
     暴力団 (新潮新書)  (暴力団から、関東連合の話まで とても参考になります)   
 関連:ガールズ焼肉経営者・藤本亮介死亡の六本木クラブ乱入事件
      
   

    





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system