ヒット商品・美肌沙羅(さら)の「美肌一族」に続け!

                                  
2006年7月23日 
20:50 

 注目

 ・世界一弱いチャンピオン
 ・若林一行は二重人格か
 ・全て山本圭一が悪い?
 ・美肌沙羅の美肌一族

 ・極楽トンボ山本の淫行
 ・殺害当日鈴香に男の影
 ・
彩香ちゃん殺害認める
 ・ヒストリー・オブ・バイオレンス
 ・朝鮮人民軍の牛盗み
 ・
池田優子のケチと脱税
 ・
テポドンはどこ狙い?
 ・9歳で女児を出産
 
涙、嫌われ松子の一生 
 ・サッカー止まらない
 ・セレブ女医池田優子
 ・走るトムの「M:i:V」
 ・女子大生果菜子の誘拐
 ・サップの試合放棄の訳
 ・放火で0からやり直し
 ・犯罪映画インサイド・マン
 ・放火殺人とカンニング
 ・畠山鈴香とテレビの力
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・なぜヒゲをのばしたか
 ・給付金目当ての鈴香
 ・テレビも週刊誌も鈴香
 ・盗作疑惑の和田義彦
 ・畠山鈴香の無責任人生
 ・警察の理由A彩香の母
 ・黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・警察の理由−彩香の母
 ・彩香の母は犯人か否か
 ・101匹の死と暮らした
 ・秋田の児童殺人の犯人 
 ・ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫
 ・サップ謎の試合トンズラ
 ・娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・血の海にした伊藤嘉信
 ・千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 ・元キャバ嬢太田和美
 ・ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争

 騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・
女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ

 

 左の商品は、コミックスでは
 なくて、化粧品。
 日刊ゲンダイ7月22日号に
 記事が載っていて、目をひ
 いた。
 
 携帯サイトで1日6万4千枚
 販売したという、ヒット商品。
 「そんなお肌で私に勝てる
 とでもお思い?」
 と、いかにも少女マンガの
 キャラクターに出てきそうな
 せりふ。
 
 ネーミングも「美肌一族」と
 いうユーニークさ。
 サメはついついホモ雑誌の
 もう廃刊になった「薔薇族」
 を思いだしてしまった。

 「美容液マスクなんですよ。
 
 OLを中心に大人気になっています」(女性向けコンビニ「ハピリィ」)一時は
 入手困難だった。
 「月刊で50万枚程度の注文をいただいています」(発売元のラブラボ)
 定番の人気商品になっているようだ。

 このインパクト抜群のお嬢様キャラクターは、携帯のモバイルサイト「コスメ
 walker」http://gws.st/cosme/中の美肌マンガ「美肌一族」にでてくる主人
 公。名前は美肌 沙羅(びはだ さら)さん。
 紗羅さんは相当な美肌の持ち主で、美肌コンテストで数々の美肌自慢たち
 と戦っていく
 すごいんだか、アホらしいんだか、判断に迷うストーリー展開。
 その沙羅さんにお美肌を作っている一つがこのマスクとの事。
 
 サメがなんでこの商品に注目したか?急に肌に注意を払う事に感心を抱き、
 男の美容に目覚めたわけではない。
 この商品のユニークさに惹かれてしまったのだ。
 化粧品といえば、洗練されたデザインを追求しているのがほとんどで、こう
 ゆう遊び心を取り入れたのはめずらしいのではないか? 

 こちらは、もう
 既に、販売中止
 かもしれない。 
 美肌一族との
 関連商品という
 事で出ていた。
 発売は平成15
 年3月3日。

 伝説のアニメ
 「エースをねら
 え」のキャラク
 
 ターお蝶夫人をキャラクターに起用。
 「蝶」と「腸」をかけ機能性を強烈なインパクトでターゲットに訴求したとの事。
 フレッシュプルーン果汁を100%使用した女性のための機能性果汁飲料。
 プルーン(すもも)は、鉄分、ビタミン、ミネラル、カルシウムをバランス良く
 含むことが知られている。
 
 しかし、「お腸夫人」のネーミングは、飲んだとたんおなかをこわしそうな気
 がしないでもない。でも、一本くらい飲んでみたい気にさせる。
 もう販売してないなら、ぜひ復活してもらいたい。

 このように見るだけで楽しめるような商品を、化粧品に限らず、いろいろ展開
 していってほしいものだ。
 
    
 参照:オーホッホッホッホッホッ (Healthy Style Cafeより)
     NEWS RELEASE (ダイドードリンコからのニュースリリースより)








日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング
inserted by FC2 system