HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議






 
   11日(金)、12日(土)サメの会社で過ごした地震体験 

                                  2011年3月14日 18:53

     


      ログ

 ・井の頭公園バラバラ殺人事件
 ・松浦亜弥トラック野郎で主演
 サメの会社で過ごした地震体験
 ・谷撼させた殺人者たちの名言
 宮城まり子・ねむの木学詐欺
 ・お世辞かマジか謎の不思議記事 
 ・女性客のラーメンに精液入れた
 ・北野武は頭の中でカメラを回す
 ・まとまり過ぎのウォール・ストリート
 ・激太り小向美奈子海外へ脱出
         
 ・海外で広がるイラストレーター
 ・毒ヘビも食べていた市橋達也
 ・モーニング娘・ドリ娘結成!

 ・なんとでも50億借金小林旭
 ・林家三平・国分佐智子と婚約
 ・不況出版界も!『週刊現代』
 ・悪魔の青木愛イチロー池上彰 
 ・谷岡ヤスジのギャグマンガ
 ・綾瀬はるか「全部終わった」

 ・三本指の女・中西ミツ子その後
 
        
 ・2人組にレイプ後、別の4人に
 ・ウィキリークス創始者アサーンジ逮捕
 ・黒い狂犬の異名持つ伊藤リオン

 ・超絶アクション「GAMER」
 ・広末涼子・妊娠16週目でき婚

 自殺直前の非常ボタンAYA
 ・解雇、山崎義 久84歳刺殺
 ・桃井望の謎だらけの焼死事件

 ・ヨーコ・ゼッターランド離婚

 ・五十嵐一氏の悪魔の詩・殺人


    


 


   


   

 3月11日の金曜日、大阪と東京をつないでテレビ会議をおこなっていた。
 会議を行っていた場所は、ビルの23階だから、眺めがいい。(ビルは27階ま
 であります)
 サメは東京にいたわけなのだが、会議の途中で、突然グラグラと揺れたのに
 は驚いた。

 椅子から立ちあがって外を眺めた人が、「向かいのビルが揺れている」と、
 言ったのを聞いてサメも立ち上がった。

 ● やばい事になってます
 しかし、よく立ち上がれない。
 何か酔っ払ったかのように、足元がおぼつかない。それだけ揺れていたわけ
 なのだが・・・。

 外を眺めると、信じられないことに、うちの会社が入っているビルと、おなじよ
 うに高いビルがゆらゆら動いていた。
 「大丈夫ですか、後ろの机がめちゃくちゃ、やばい事になってますよ!」
 と、大阪の方からTV会議を通して声をかけてくる。

 ふと、後ろの机をみると、揃って並べていたはずの机と椅子がぐちゃぐちゃに
 なっていた。急きょ、会議は中止にして会議室を出た。
 廊下のビルの壁が、多少崩れてじゅうたんに、白く落ちていた。
 いつものオフイスに戻った。

 外を眺めると、遠くのビルから黒い煙がもうもうと上がっているのが見えた。
 これは、九段会館の火災だったということを、後でネットで見て知る。

 すきっ腹にウーロン茶を飲み過ぎていて、それで地震で揺さぶられたから気持
 ちが悪い。サメだけかと思ったら、おなじように気持ち悪いと言う人がいた。
 『ウーロン茶だけのせいでもないんだ』と、思った。
 揺らされているのが、遊園地の遊具・コーヒーカップに乗ったように、軽く酔って
 しまったようだ。

 見ると、机の下にもぐりこんでいる人がいる。やけにハイテンションになって喋り
 まくっている人もいる。少しはしゃいでいるかのように見えた。
 あまりに、ちょっとした揺れに敏感に反応することに対して、人事の人が
 「そんなに、いちいち揺れるたびに、大げさに反応してもどうにもなんないだろう。」
 と、さとしていた。

 ● ワンセグの大活躍
 東日本大震災のニュースを聞いていた。JRは地震の影響でストップしてしま
 い、終日電車は動かないことを知る。つまりは、自宅に帰れないことが判明する。
 必然的に会社に泊まることになる。すぐに、ホテルの予約にパソコンに向かう
 人もいて、「取れた!」と、喜んでいる声が聞こえた。

 人事の人が近くのコンビニから、カップヌードルやおにぎりやサンドイッチを買っ
 てきた。これは、ありがたかった。

 エレベーターは地震の影響で、15階までしか動いておらず、16階から23階
 までは徒歩で上がって行く必要があった。コンビニのびっしり入った袋を
 もって、8階分、階段を上がるのは、ご苦労なことだった。

 ひたすら、地震のニュースをテレビやワンセグで見ていた。ほとんどの人が
 会社で支給された携帯でワンセグを見ていた。ワンセグの大活躍だった。
 東京の地震はともかくとして、東北のつなみの映像は、信じられないものだっ
 た。

 「普通の一軒家と、おおきな船と、車が同じ景色の中に存在する。それって、
 普通はありえない光景だよね」と、おもわずサメは語りかけていた。

 青森の実家の様子がわからなくて、何度か携帯で電話をしてみたのだが、つ
 ながらなかった。海寄りの場所ではないので、そんなに被害はないだろうと、
 思うのだが、連絡が取れないので、不安感が増した。
 特に、ニュースで見た八戸の状況はあまりにひどい為、ますます心配になった。

 後で自宅に戻ってから、固定電話でようやく連絡がついた。青森の両親は近
 くの公園まで車で行き、車の中で地震がおさまるのを待っていたということだっ
 た。

 ● 妻の誕生日
 妻とは、メールがつながったので、連絡はとれていた。
 アンケートモニターの座談会で渋谷に出かけていた。同じように、地震で帰れ
 なくなって、渋谷のビルで一夜を明かしたというのを聞いた。
 別の会合でのケーキが残っていたらしく、「ケーキを2個ももらって、食べちゃっ
 た」というのを聞いた。

 11日は妻の誕生日だった。不思議なバースディケーキになったわけだ。また、
 今までの誕生日の中で忘れられない1日となったことだろう。
 結果、夫婦共々、同じような状況に陥ったわけだ。

 女子社員が、「こうゆう地震の時は、一人で部屋に居ると、不安になってしま
 うのよねぇ。こんな時、結婚してればなぁって思うのよねぇ。」
 と言い、他の独身の人もうなずいていた。

 結局、一睡もすることなしで朝を迎えた。会社の仕事をしていたのだが、半分
 以上はニュースを聞いたり、うろうろしていたので、あまり仕事ははかどらな
 かった。

 サメは、夜型の人間なので、夜中に起きていることは、わりと平気なのだ。  
 朝の交通の状況に、みんなの関心は集中していた。
 朝の8時半頃に、電車の乗り継ぎでなんとか池袋までは、いけそうなことがわ
 かった。

 早く、家に帰って熱いシャワーを浴びたいと、思った。
 外に出ると、風が冷たかった。徹夜をすると、とくに寒い。
 電車で座ったとたんに、安心感と車内の暖かさで猛烈な睡魔が襲ってきた。す
 ぐに眠りこけてしまった。

 それでも、いっしょにいた会社の人に起こしてもらい池袋で降りた。
 まだ、店も開いておらず、コンビニに入ってみたら、弁当やパンの棚がほぼ、
 空っぽになっていた。JRの駅では、運行の確認をとる人の群れが説明する
 駅員さんを囲んでいた。

 フォーカスを買って、池袋の小さな公園のベンチに座り眺めていた。
 「伊藤リオンが歌舞伎町にやってきた」という記事や、「盗撮防止キャンペー
 ンのCMに登場する美女(ティアラ)」の記事に見入っていた。

 妻からメールが入る。
 「何か渋谷から副都心線で池袋まで行ってそのあと有楽町線で和光市まで
 行ってトントン拍子に電車がつながってて、ラッキー」
 とのことで、最寄りの駅につながる私鉄電車も動いたようだ。
 サメも重い腰をあげて池袋駅に向かった。


            

     
  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system