HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議














 
  みのもんた次男、窃盗未遂容疑と朝ズバッ!セクハラ疑惑

                                          2013年09月23日  23:14

       


         ログ

 ・みのもんた次男窃盗未遂容疑
 連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?
 ・スーパ強盗殺人・中国人犯人を

 

  

 

   みのもんた

 あと1週間で連続ドラマ「あまちゃん」が終わってしまう。
 会社から帰って、録画していたあまちゃんを見ながら食べる夕食が楽しみだった
 ので、どうしよう?
 舌で味わう食べ物のおいしさと、目と耳で楽しむドラマがセットになって、1日の
 疲れを癒す大切なひと時だったのに。あまちゃんの代わりになるドラマ、もしく
 は他の番組を探さなくてはならない。

 ところで、もう1点、最近急になくなって調子が狂ってしまったのが、朝の報道
 番組「みのもんたの朝ズバッ!」(月〜金曜午前5時半)から主役が抜けた事。

 朝の睡眠不足のぼんやり頭で見る、テレビ番組としては、みのもんたの浪速節
 的なきどらないキャラクターが見ていて一番、安心感があった。
 もっと見栄えのいい若い女性ばかり集めた朝の番組もあるのだが、ちゃらちゃら
 したうわべの実のない華やかさは、夜の番組には合うかもしれないが、朝には
 きつい。

 みのもんたが急に朝ズバに出なくなった事に気が付いた時に、ぼくがまずまっ
 先に思ったことは、『セクハラが問題になったのかな?』と、いう事だ。

 
● セクハラなんてとんでもない
 朝ズバの8月30日放送分で吉田明世アナウンサー(25)のお尻を触った云々
 の疑惑の件だ。
 疑惑の場面は午前8時29分、番組終了直前に起こった。

 みのが吉田アナの腰部分に手を伸ばし、吉田アナが手で払っている様子が一瞬、
 映った。吉田アナは何事もなかったように、ニュースを伝えたが、この映像が動画
 サイトにアップされ、「セクハラか」とネットを中心に話題になった。 

  みのもんた_セクハラ疑惑 

 テレビの映像はしっかりと捕えていて、これはいくらどうこう言い訳をしても、明ら
 かにみのは触っていて、吉田明世アナウンサーはその手を払いのけている。
 でも吉田アナの言葉がニュースになっていないので、事実がわからない。
 もしくは、彼女はこの件に関しての発言を局から止められているのかもしれない。
 その件がその後、特に大きな問題となることはなかったように思えた。

 関係者によると、疑惑の場面はCM中、みのが吉田アナを驚かせようと、少し押
 したことが原因という。この場面の前のコーナーでは、銀行マンの闘いを描く「半
 沢直樹」を引き合いに、アンケートで集めた上司や部下への不満を紹介していた。
 
 吉田アナが「部下」と読むところを「バカ」と聞こえるように読んでしまい、みのが
 「今、バカって言ったよね」と笑いながら肩を押す場面があった。この流れで、
 本番に入ったところで吉田アナがちょっとよろけるという展開を予想したようだが、
 手が払われてしまった。セクハラ報道があって吉田アナも驚いているという。

 みのは日刊スポーツの取材に「アナウンサーがトチった時に軽く突いたりするの
 は、僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんて
 とんでもない。
 そんな認識はないし、相手も戸惑っていると思う。このように報じられることに
 驚いている」とコメントした。

 でも、映像では、明らかに肩ではなく腰部分に手が伸びていたが・・・・。
 『とにかく、TBSとしては、セクハラ疑惑がニュースにもなってしまい、みのもん
 たの出演を一時期、控えるのかな?』と、ぼくは勘違いをしていた。知るのが
 遅かったが、彼がテレビに出ないのは、次男が窃盗未遂容疑で逮捕された為
 だという事を知った。
 事件の内容がよくわかっていないので、調べた。

 
● 日テレにとっては、”人質”
 みのもんたの次男で日本テレビに勤務する御法川(みのりかわ)雄斗容疑者
 (31)が逮捕されたのは、9月11日。窃盗未遂の疑いで警視庁に逮捕された。
 8月13日、都内のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で他人のキャッシュ
 カードを使い現金を引き出そうとした疑い。
 御法川容疑者は「話すことはありません。弁護士が来てから話します」と供述し
 た。 みのは所属事務所を通じて「父親として申し訳ない気持ちでおります」と
 謝罪した。

 8月13日の午前1時ごろ、現場から約40メートル先の別のコンビニ前で、酒に
 酔って寝ていた40代の男性会社員を警察官が発見した。保護しようと近づい
 た際、男性のそばから男が走り去り、男性のバッグが盗まれていた。

 直後に警察官が、男と服装や背格好がよく似た御法川容疑者を見つけ、事情
 聴取。 その後の捜査で、防犯カメラに男性のキャッシュカードを使い、現金を
 引き出そうとする御法川容疑者が写っていたため逮捕した。

 警察の調べに御法川容疑者は「話すことはありません。弁護士が来てから話
 します」と黙秘を続け、「疲れた」などと言っては、調書に署名することさえ拒否
 していた。
 非協力的な態度を取りつづける雄斗容疑者に、警察は怒り心頭だという。

 「逮捕前にも警察は再三にわたって出頭を要請していた。しかし、雄斗容疑者
 が頑なに出頭を拒否。そうした態度がいっそう捜査員の反発を招いたことも
 事実で、本来ならば所轄が扱う案件だが、有名人の子息ということもあり、本部
 の三課が乗り出して慎重に調べを進めてきた」(捜査関係者) 
 13日には、白金の自宅を家宅捜査するなど当局の決意のほどがうかがわれる。

 9月12日のスポーツ報知では、御法川容疑者は日テレ・スポーツ局所属で、サッ
 カーのクラブW杯などを担当。仕事ぶりを知る関係者は「腰が低くて、まじめなデ
 ィレクター。こんな事件を起こすとは思えない」と驚いている。
 と、報じている。

 しかし、週刊文春(9月26日号)では、別の面も報道している。
 雄斗容疑者が慶応大学商学部卒業後、日テレに入社したのは2006年。コネ
 入社の王道で、まずは営業部に配属。本人はドラマ制作を希望したが、その
 後の移動先はスポーツ局。

 「野球やボクシング、サッカーなどの中継担当でした。当初は上司にタメ口をき
 いたり、ヤバイ奴だという印象はあった。この六月に再び野球担当に戻りました」
 (日テレ社員)
 研修中も他の新人はハキハキしているのに、ひとりだけ覇気がなかったという。
 「最近も仕事はヒマそうでしたよ。日テレにとっては、”人質”ですから、働かず
 とも、いてくれればいいだけの存在なのでしょうが」(キー局関係者)

 一昨年に、学生時代から交際してきた一般女性と結婚して二児をもうけた。
 だが、学生時代も決して優等生ではなかった。慶応時代の同級生が振り返る。

 「雄斗は幼稚舎から大学までずっと慶応。TBSにいるお兄さんもおなじく慶応出
 身で、当時から有名な兄弟でした。雄斗は運動神経がよく、特に足が速いので、
 体育祭のリレーなどで活躍していたのを覚えています。ただ、遅刻や欠席が多
 く、態度は最悪でした。
 中学三年のとき、荷物検査でタバコがみつかったのですが、そのときはオヤジ
 (みの)が学校にかけあって解決したんです」

 
● 息子の教育「女房に任せっきり
 高校に上がってからは二度、停学処分を受けている。
 一度めはタバコで、二度目は万引きだった。この万引き事件を別の同級生もよ
 く覚えていた。
 「夏休みに入る前、学校の掲示板に御法川が一週間から十日くらい停学になる
 という貼り出しがあり、聞けば生協で万引きしたという。誰かが学ランを買おうと
 しているのを聞きつけて『俺がパクってやるからその金寄こせ』と。

 試着して、そのまま払わずに帰ろうとしたところを捕まったそうです。
 金に困っているはずもないのに、なぜそんなことをするのか当時も不思議に思い
 ました。親のプレッシャーとか、そういうのを気にする性格じゃなくスリルを楽しん
 でいる節もあった」

 みのは息子の教育について「女房に任せっきりだった」と反省してみせ、本気
 で叱ったのは「中学生まで。それ以降は体力的にも無理だった」とも振り返っ
 ている。

 御法川雄斗容疑者の過去の学生時代に起こした事件はともかくとして、30歳
 を越して、こんなキャッシュカードの窃盗事件を起こしているようでは、どうしよう
 もない。
 みのもんたの育て方にどうこう言っても、いまさらの感はあるし、遅すぎた指摘
 だ。

 それと、みののはっきりとした白黒つけられていない、セクハラ疑惑の件だが、
 今週の週刊文春ではみのの銀座での飲み方についてこのように書いている。
 「飲み方は下品そのもの。ホステスとの会話は下ネタばかりで、胸や尻を触る
 などのセクハラは日常茶飯時。酔ったみのに思い切り指で浣腸されて泣き腫
 らした子もいる。あんな遊びにつき合わされたら息子だって勘違いしますよ」
 (銀座の高級クラブで居合わせた目撃者)

 別のキー関係者も、武勇伝を聞かされたという。
 「みのさんに酒を勧められれば、局の上層部でも断れない。某局のトップなんか、
 べろべろに酔わされて、床の床柱を抱きかかえてミンミン鳴く”蝉の芸”をやらさ
 れたそうです」

 さて、週刊文春からの抜粋はここまでにして・・・・・・
 ぼくとしては、それでも早くみのもんたに朝の報道番組に戻ってきてほしいと、
 思う。極論を言えば、彼がどんな人物で、彼が自分の子供をどのような育て方
 をしたとかなどは、テレビでみのを見るという事に関して言えば、関係のない事
 だ。みのが極端な女好きで外では下品な飲み方をしていようがなんだろうが、
 同様の事だ。

 それほど、みのに熱を入れているわけでもないのだが、やはり彼に変わるキャ
 スターがいない限りは、朝の番組には、みのに出てほしいと思う。
 だが、もう69歳という高齢であるし、週刊誌にこれだけ私生活での問題を暴か
 れてしまうと、それは叶わない事のだろうか?

            

 参照:みのもんた次男、窃盗未遂容疑で逮捕 日テレ勤務の31歳
     週刊文春 2013年9月26日号
  
  
  


    





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング







inserted by FC2 system