HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議














 
  クッククックの桜田淳子さん、17年の空白を経て

                                          2013年06月10日  23:54

       


         ログ

 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?
 ・スーパ強盗殺人・中国人犯人を
 ・長谷川さん殺害の動機は借金
 ・菊地直子の次は高橋克也逮捕
 ・沢尻エリカの大麻・中毒報道
 ・長谷川かなえさん殺害・深い謎

      
   
 

  
  
桜田淳子

 5月28日、桜田淳子(55)が、相澤秀禎会長の通夜に姿を現したことで注目を
 浴びている。公の場に姿を見せたのは16年半ぶりのことだった。

 相澤秀禎会長の息子で、サンミュージック社長の相澤正久氏が語る。
 「淳子さんに会うのは本当に久しぶりでした。『会長のお顔をぜひ見させてくだ
 さい』とおっしゃったので快諾すると、お棺の中の会長の顔を覗きこみ、 『来まし
 たよ』とゆっくりと語りかけていました」

 それから1週間。テレビ業界では、「ぽっちゃりしていたが、オーラがあった」
 「ピリッとした雰囲気に、ブランクを感じさせなかった」「松田聖子より存在感が
 あった」など、さまざまな声があがっているとの事。

 桜田淳子と言えば、ぼくにはまずこの歌のフレーズが浮かんでくる。

  
ようこそここへ クッククック 
  わたしの青い鳥


 この歌を歌う時に桜田淳子は、白い帽子 ”エンジェルハット”をかぶっていて、こ
 のクッククックのフレーズに合わせて、指をメトロメールのように動かして歌った。
 なんとも可愛らしく、でもどこか不思議な動きと表情の動きを感じたものだ。
 当然、そこは誰もが気付くところで、コロッケをはじめとして、多くの物まねのネタ
 にされたものだ。
 「わたしの青い鳥」という歌の『クッククック』のフレーズは死ぬまで忘れないだろ
 う。

 ところで、桜田淳子は1992年に統一教会の合同結婚式に参加し結婚した。

 「淳子は統一教会信者だった実姉の影響で、十九歳の時に入信していた。同じ
 結婚式に徳田敦子(バトミントン世界チャンピオン)や山崎浩子(新体操元日本
 代表、後に脱会)なども参加して大騒ぎになった。壺などを売りつける悪質な
 霊感商法と強引な勧誘方法も社会問題化し、連日報道されました。」
                                         (社会部記者)

 被害は亡くなった相澤会長にも及んでいた。
 「実は相澤会長にも淳子の姉から二百万円の壺を購入していたのです。『淳子
 にもいろいろ事情があるのだろう。彼女のことを思って買った』と親心をのぞか
 せていました」(前田・サンミュージック幹部)

 1993年の映画「お引越し」の出演が芸能活動の最後となり、96年の統一教会
 クリスマスフェスティバル以来、国内で人前に出る活動はしていない。

 それから17年、どのような生活を送っていたのか。
 淳子の知人が答える。
 「彼女は専業主婦で、東京に引っ越してきたのは子供の教育環境のためだそう
 です。ご主人はリーマンショックまでがディトレーダーとして株取引をしていました
 が、それ以降は株には一切手を出していないそうです。いまは何で生計を立て
 ているのかわかりませんが、どうやら蓄えがあるみたいですね」

 別の知人はこう語る。
 「大学生の長男はかなりのイケメン。長女は十七歳の高校生で、芸能界入りし
 てもおかしくない美少女です。二人とも目鼻立ちがはっきりしていて、若いころの
 淳子さんに似ています。下のお嬢ちゃんはどちらかというとご主人に似ていて、
 大人しい世祖な感じです」
 本人に近況を聞こうと自宅を直撃したが、残念ながら応答はなかったという。

 報道陣からは、相澤秀禎会長の通夜の場でも、桜田淳子に質問が飛びまくっ
 た。でも彼女が答えることはなかった。

 本当に知りたいことは、統一教会そのものに対して、その教会が起こした合同
 結婚式に関し、桜田淳子が今はどのように思っているかということだろう。
 2006年には、淳子は「アイスルジュンバン」というエッセー集を出しているが、
 統一教会に関しては触れていない。

 桜田淳子の本を読んだ感想としては以下のような言葉が出ている。
 
・家庭、子育てをがんばっている姿が目に浮かびました
 ・「桜田淳子」の今現在のお母さんぶりを知り、とても感慨深いものがありました。
 ・女性、母親、家族の思いが、愛情と感謝であふれており今の世の中に足りない
  ものが見えるようでした

 
 ぼくとしては、その家族愛どうこうの本ではなくて、ズバリ現在の桜田淳子・個の
 心境を語った本を出してほしいと思った。
 でもその心境は永遠に胸にしまったままになるのだろうか?

          

 参照:
週刊文春 最新号
      桜田淳子さん 16年半ぶり報道陣の前に 1時間近く…相澤会長に別れ

  
  


    





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング







inserted by FC2 system