HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  碑文谷公園バラバラ遺体・阿部祝子さん事件の不思議

                                          2016年 7月 3日  22:46

   
   
   


        ログ

 ・阿部祝子さん事件の不思議
 ・六本木クラブ襲撃事件で15年
 ・デッドプール・下品で大人気
 ・佐藤宣行・新潟少女監禁事件
 ・引退・洗脳もウソ、能年玲奈
 ・レヴェナント 蘇えりし者
 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍
 ・芸能か将棋か?竹俣紅の選択
 ・歌が心に染みるあやしい彼女
 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 ・殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
          
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕

 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
         
 妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 ・フィリピンで性獣に高島雄平

 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
        
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター

 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」

 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 

  阿部祝子 

 池や沼というのは、海と違って水が動かないから怖い。水がどこまで淀むイメー
 ジがあって、水の中に何が潜んでいるかわからないし、底にズンズン引き込まれ
 てしまうような不気味さも感じる。

 だから、東京目黒区の碑文谷公園で見つかったというバラバラの遺体というのは、
 池の中からというだけで、僕にはかなり強い印象を残す。
 ( ※ 碑文谷公園は、東京でも指折りの高級住宅街に位置し、ボート遊びを楽し
   む親子連れらでにぎわう。)

 さらには、遺体はどこで切断されたかもわからないし、室内には、財布や現金の
 ほかに、通帳も残されている。この事から、殺害目的が金銭でもないとすると、
 殺害の理由が不明だ。

 ● 部屋から、血液反応は出ていない
 碑文谷公園の弁天池が最後に水を完全に抜いたのは平成3年〜4年にかけてで、
 それ以降は恒常的に水が張っていたという。池では水を循環させ、浄化槽のフィル
 ターに引っかかったごみを定期的に取り除いているが、区担当者は「水流は弱く、
 遺体が池の中にあっても動かすほどの力はない」と説明する。

 殺害されたバラバラの遺体は、すべてがまだ見つかっていない。カメが遺体の一部
 を銜えていたという生々しいニュースも流れており、池に生息する魚などにも食べ
 られてしまった可能性もある。

 6月19日のマンションの防犯カメラには、午後8時頃に家族を見送ってそれが最後
 の目撃情報となっている。

 捜査関係者によると、阿部さんは同日夕ごろに長男夫婦と外食し、マンション3階に
 ある自室に一緒に戻った。午後8時ごろ、長男夫婦を同階のエレベーター付近まで
 見送り、自室の方向へ戻る様子がエレベーター内の防犯カメラに写っていた。

 住民らによると、マンションには1階の駐車場やエレベーターなど十数台の防犯カ
 メラが設置されており、午後8時ごろ以降、阿部さんが外出する様子などは確認さ
 れていない。 ただ、非常階段や各階の廊下にはカメラがないという。

 20日の午前9時頃にレンタル業者が訪れたときは連絡がつかなくなっているから、
 空白の13時間が存在する。

 さらに、公園で遺体のみつかった阿部祝子(ときこ)さん(88)の部屋から、血液反応
 は出ていないという。

 ● 阿部さんは社交的な性格
 マンションの防犯カメラにも怪しい人物は映ってはいないようだし、近所でも阿部
 さんは恨みをかうような性格ではないという。ごく普通のやさしい一人暮らしのおば
 あさんだったことが想像できる。

 亡くなった阿部さんは社交的な性格で知られ、高齢になってからもフラダンスを始
 めるなど、元気に活動していた最中の悲劇となった。

 「信じられない」。阿部さんと同じマンションに住む男性(69)は絶句した。男性に
 よると、阿部さんは5〜6年前、男性とともにマンションの理事を務めていた。会合
 では、出席者全員分のお茶を自費で買ってくるなど周囲に気を配り、「本当にす
 てきな人だった」。
 ほかのマンション住人とも定期的にお茶会を開くなど、社交的な性格だったという。

 関係者によると、阿部さんは平成13年ごろ、近くの一戸建てからマンションに移り
 住んだ。転居の理由について阿部さんは周囲に「空き巣に2回入られた。
 もう一戸建ては怖い」などと話していた。

 税理士だった夫は今から5年前の平成23年ごろに死去。その後、阿部さんは
 自分の趣味を持とうと地元のフラダンス教室に通うようになった。自宅マンション
 では世代の違うフラダンス仲間を集めてホームパーティーを開くなどして交流を
 深めていた。

 では、阿部さんはな池でバラバラの切断遺体となって見つかったのか?
 人を殺害して世間を騒がせ、それでいて逃げ切ることに興味を持っている屈折
 した者の仕業なのか?

 ● 身内の線はない
 小倉智昭アナウンサーが「88歳のご高齢と言うことを考えると、普通はその財産
 を狙うとか」と動機の一例を挙げる。さらに「もしそれじゃなかった場合、単にそ
 のなんか死体を切ってみたかったとか、バラバラにしてみたかったとかって、少年
 少女の犯罪って案外あるじゃないですか」と専門家に意見を求めたのだが、そ
 れがひんしゅくを買っているようだ。

 小倉アナのこの発言は、『少年少女が好奇心で遺体をバラバラにしたがるとも
 解釈できる。』とのこと。しかし、これだけ意味がわからない事件だと、常識から
 はずれた、飛んだ発想をしたくなるというものだ。

 「身内の犯罪だ」、もしくは「警察はかなりの手がかりをつかんだ」との情報も一部
 には流れているようだが、以下の内容を読むと、解決には長期化しそうに思える。

 「警察は身内の線はないとみているようで、身内以外の顔見知りか、流しの犯行
 で捜査しています。マンションの12台の防犯カメラや阿部さんの携帯電話の解析
 では容疑者は浮上していません。

 ただ、隣の公園から3階のベランダに入ることは可能。部屋の窓がひとつ開いて
 いたし、部外者の足跡も見つかっている。また非常階段を使って、防犯カメラの
 死角から出入りしたことも考えられる。
 阿部さん周辺にはトラブルもなく“動機”の面でも手がかりはない。1カ月前に付近
 で目撃されたという不審者の線も捨てていません」(捜査事情通)

           

 参照:小倉智昭氏 目黒区バラバラ殺人事件について失言か「少年少女の犯罪」
     マンション内で殺人、切断か 「平成の神隠し」事件と酷似 碑文谷バラバラ遺体

  

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system