HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  刺傷犯・岩埼友宏、橋本愛への崇拝と失望

                                          2016年 5月28日  21:40

   
   
   


        ログ

 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍
 殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
          
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
          
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
        
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて
 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」

   岩崎友宏・冨田真由・橋本愛

 女優の橋本愛(20)は一時、ロマンポルノにはまったと、述べている。

 ● 生きる力をくれた橋本愛
 「18になったときロマンポルノやピンク映画を観狂ってた時期があって、 高校
 卒業してからだからたったの4.5か月ですが、新橋ロマン劇場に通い続けてま
 した」「魅力的なラインナップにいつも救われていて、はっきり言って青春でした」
 これは、東京都新橋の新橋ロマン劇場が2014年8月末で閉館のときに明かし
 た事だ。

 その劇場が閉館するラスト3日間も出向き、「這ってでも行く気だったので、無事
 見届けられて良かったです」と感想を述べていた。
 その上映作品は『恋人たちは濡れた』『人妻集団暴行致死事件』『(秘)色情め
 す市場』と、刺激的なタイトルが並ぶ。

 日活ロマンポルノやピンク映画は、名匠と称えられる神代辰巳をはじめ、相米
 慎二、森田芳光、現在も活躍する周防正行、滝田洋二郎といった監督を生み
 出し、日本映画界の大きな活力となった。

 しかし、男でもなかなか言いづらい『ロマンポルノにはまっていた』事をアイドル
 系女優の橋本愛が言う事に、新鮮さと自分の気持ちに正直な純粋さを感じて、
 ぼくは彼女に好感度と興味を持ったものだ。

 ところで5月21日の夕刻、イベント会場でアイドル冨田真由さんの、首や胸など
 20カ所以上を刃渡り8.2センチの折り畳みナイフで刺した岩埼友宏容疑者(27)
 は、元は橋本愛のファンだった。
 その事が、週刊文春(6月2日号)に掲載されている。

 岩崎は「人生に多大な影響を与え、生きる力をくれた」として、橋本を「人生で親
 を除いて感謝している人」に挙げている。
 ところが、彼女のロマンポルノにはまっていたという記事を読んで、彼は急に
 橋本愛に興味をなくした。彼は女性に処女性を求めるところがあり、『AVに出る
 ような女はことごとく自害すればいいのに』と書くような偏った価値観の持ち主
 だったとの事。

 「飽きた」発言以降は、橋本を『僕の神様』としつつ、『ロクな神様じゃないから
 冒涜しまくってます』と、書き記している。
 これを受けて、書評家・インタビュアーとして知られる吉田豪さんは、「何が自己
 防衛になるのかわからないものだと思いました」とツイートした。

 ● 腕時計をプレゼントする意味
 ぼくが思うに、岩埼は心が狭い。
 ロマンポルノくらいで、橋本愛を神とまで持ち上げていてすぐ心変わりするよう
 な狭い了見だから、自分が行為をよせてかってに付きまとった結果、邪険にさ
 れると逆上して、過激な暴力に及んでしまう。

 岩埼は子どもの頃から柔道教室に通い、小学校の卒業文春では、将来の夢を
 「オリンピック選手」と書き残している。ただ、学校では「大人しくて目立たない
 存在だった」と、同級生は口をそろえた。

 中学時代の柔道部で一緒だった同級生もこう語る。
 「中学校では休部状態から復活した柔道部の部長も務め、全国大会にも出場
 しました。 得意技は内股でした。でも普段から口数が少なくてて、部活の後も
 一人で帰っていましたし、女関係の話が出たことも一切ありませんでした」

 その後、岩崎は柔道推薦で前橋市内の高校に進学したが、ほどなく退学し、
 別の高校に入り直している。

 近所の住民が語る。
 「いま京都で庭師をしていたのは知らなかったのですが、以前から実家と県外を
 行ったり来たりしていたみたいです。こっちでは、防水関係の自営業をしていた
 ご両親の仕事を手伝っていた時もありました」

 事件の発端は、今年1月17日の夜、都内の小さなレストランで始まった。
 フロアを貸し切ったライブイベントに主演する冨田真由さんを静かに見守ってい
 たのは、京都市の造園会社に勤める岩崎友宏(27)だった。ツイッターを始めた
 のはその翌日のことだった。

 「腕時計をプレゼントする意味を知っていますか?大切に使ってくださいね。」
 この約4ケ月後の5月21日夕刻、東京都小金井市のライブ会場前で、岩崎の
 凶行が冨田さんに襲いかかった。
 刺し傷は約三十ヵ所。「彼女の顔は血塗れで、最初は誰だか判別もつかなかっ
 た」 (会場の関係者)

 ● 努力を全部無駄にしてやりたい
 六年前に芸能界デビューした長野県出身の富田さんは、期間限定アイドル「シー
 クレットガールズ」の元メンバー。
 現在はシンガーソングライターとして活動する亜細亜大学経営学部の三年生で、
 ライブ出演のあったこの日、会場入りするところを岩崎に狙い撃ちされたのだっ
 た。 

 1月に贈った「4℃」の腕時計を、岩崎は”関係を長く大切にして欲しい自分の心”
 と一方的に意味づけた。だが、身勝手な夢想の通りにはならず、岩崎は2月以降、
 陰湿なツイートで冨田さんに絡み始める。
 『あなたに見下されたことは一生忘れないから』

 執拗な書き込みは止むことなく、堪らず冨田さんはもらった腕時計などを郵送
 で岩崎に返却した。岩崎が現物を受け取ったおは4月28日。

 岩崎はツイッターだけではなく、以前からブログも頻繁に利用していた。
 事件日が近づくにつれ、ブログには犯行を示唆するような書き込みも増え始め
 る。
 「命なんてゴミ」
 「お前の努力を全部無駄にしてやりたい」

 一方、5月に入って冨田さんや家族は、警察庁と京都府警に岩崎の存在を挙げ
 て被害相談をしていた。ところが、警察当局は切迫性を認識していなかった。 

 「動機について岩崎は『プレゼントを返されたことに原が立った』と供述して
 います」(社会部記者)

 ● 回復する事を皆さん祈ってあげて
 なお、週刊誌では重体の冨田さんは余談を許さない状態と書かれているが、
 彼女の友人・元ジャニーズJr.の高垣俊也氏が以下のようにツイッターで報告
 した。

 『冨田真由の昔からの友人の者です。先ほど真由のお母さんから連絡があり
 真由は一番のところは乗り切ったとご連絡がありました。心ないガセのツイー
 ト等たくさんありますが、皆さん信じないでください。回復する事を皆さん祈って
 あげてください。 よろしくお願いします。』

            

 参照:橋本愛がロマンポルノにハマっていた!新橋のオヤジと肩を並べて...
       週刊文春 2016年6月2日号

  

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system