HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  チン切り・小番一騎の妻が法廷でビックリ大放言

                                          2016年 3月28日  0:28

   
   
   


        ログ

 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死
 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
          
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
         
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億
 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
        
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて
 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕


   

 事件がおこったのは、昨年2015年8月のこと。チン切り被告妻がダンナに言う
 には、勤務先で上司に襲われたと言う。その言葉を信じて、ダンナの小番一騎
 (こつがい・いっき)はその上司(A弁護士)の事務所に妻といっしょに乗り込んだ。

 A弁護士を数回ぶんなぐった。A氏の意識が、もうろうとするなかで、彼のあそ
 こをチョン切ってしまた。そして水洗トイレで、水と共に流した。
 結合手術の可能性までその瞬間に、水に流れてしまったのだ。

 「あれ、ここどこ。何で血、出てるの」
 その後、A氏は錯乱した様子でこう言ったという。
 小番は事態を把握しきれない男性に笑いながら「切ったんです」と告げ、「(妻を)
 強姦したからです」などと言い放った。

 笑いながら「切ったんです」というのも、やった事の凄さに比べて余裕だ。元プ
 ロボクサーで当時は慶応大学の法科大学院生だった小番一騎の考えている
 事は正直、わかりにくいと思った。

 ところで、『何か変』なのはダンナの小番一騎ばかりではなく、その惨劇の元と
 なった妻も、週刊文春に掲載された法廷での発言を読んでみると、相当におか
 しい。

 小番一騎との結婚についてこのように述べている。
 【<小番被告から>結婚すれば会社の福利厚生が受けられる。猫を飼いたい
 が、結婚していないと猫をもらえないと言われ、『紙ペラ一枚だし、まぁいいか」と
 思った。しかし正直、生活してみて甘かったと思った。一年暮らして心の整理が
 つき、飼っている猫と同じように、一騎〈被告〉もペットのようなものと思えば腹が
 立たないと思うようになりました】

 結婚後、妻は弁護士事務所の専属事務員として働くようになる。そこで出会った
 のは被害者のA弁護士。
 そのA氏から最初にキスされそうになったときは拒絶するほど嫌ではなかった
 ので受け入れた。

 『これはセックスするかもな』と思った。給与や賞与のこともあるから、職場環境
 を良くするため、という打算的な考えもあったという。
 五回性交し、コスプレも楽しんでいたが、やがて嫌悪感を募らせていった。

 【A氏が私をあだ名で呼び始めたり、自分に酔ってるメールを送ってくるように
 なり、気持ち悪くなってきた。ネックレスをプレゼントされたときも本気で引いた。
 そこで一騎に『気持ち悪いメールが来て、仕事をやめたい』と伝えたり、母親に
 『セクハラを受けて、仕事をやめたい』と伝えたりした】

 さらに妻は「実はセクハラを受けていた」、「二回だけセックスをした。頭が真っ
 白になり抵抗できなかった」などとダンナに嘘を吹き込む。

 その結果、ダンナは弁護士のあそこを切り落として犯罪者となった。弁護士A氏
 から見みれば、人妻との火遊びで酷いダメージを社会的にも肉体的にも喰らっ
 た事になる。

 その悲劇の根本的な当事者である小番一騎の妻が現在、考えていること。
 「いまはリセットして、海外で美術の勉強をしてみたいと思っている」
 彼女には、小番一騎や弁護士A氏の悲劇は、そもそも眼に入っていないし、
 心にも留まっていないと思われる。それくらいマイペースでノーテンキで呑気な
 キャラを思わせる。

            

 参照:弁護士局部切断事件 妻の悪女ぶりに法廷の空気が冷え込んだ

  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system