HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  『絶歌』だけではない、佐川一政、他の加害者の出版

                                          2015年07月11日 21:20

   
   
   


        ログ

 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・
少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・
金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・
800万円引出し平沢愛美事件
 ・
三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 
フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ

 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
         
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」 
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動

 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 
りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億

 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
        
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて

 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
        
 ・バタフライルーム傑作スリラー
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 
強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹

 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件



 殺人を犯した人間(元少年A・酒鬼薔薇)が書いた『絶歌』の出版に対する
 逆風がすごい。しかし、『酒鬼薔薇の『絶歌』の出版のみを取り上げて、
 犯罪者の出版に関しあれこれ言うのはおかしいのではないか?』という事
 は、何冊か犯罪者の書いた本を本屋で目にして、購入した事がある者なら
 ば、誰もが感じることではなかろうか?

 ● 佐川一政
 時にぼくが思い出すのは、佐川一政という女性を殺してその肉を食べた男。
 佐川一政は、フランスに留学し、大学に在籍中にオランダ人・女性留学生
 を殺した。

   佐川一政

 屍姦の後、解体し写真に撮り、いくつかの部分の肉を食べた。
 そのあと女性の遺体を遺棄しようとしているところを目撃されて逮捕され、
 犯行を自供した。

 作家の本橋信宏氏が、本人から聞いた話として、「戦後重大事件プロファ
 イリング」で、このように書いている。

  「あれは計画的な殺人だったんですよ。この本を訳してくれませんかと
  おびき出して、彼女が本に気をとられている隙に前もってファンシー
  ケースに隠してあったカービン銃で背後から撃ったんです。生まれて
  初めて撃ったんだけれどうまく当たってしまいました」

  このとき食べた人肉は1キロで、食べきれない人肉8キロは冷蔵庫に
  保存した。

  「いちばんおいしかったのは太腿でした」遺体の始末に困った佐川氏は、
  ボストンバッグにバラバラ遺体を詰め込み、ブローニュの森の湖に沈める
  つもりだった。ところが、疲労困憊していた彼は、途中で目撃されてしま
  い、あえなく逮捕された。

  「殺してしまった後はなんていうか、もう死体ですからね。何もセクシャル
  な感じはしなかったですね」
  被害者を心から愛していた佐川氏は、一体になりたいという強すぎる
  欲求から殺害し、その結果がバラバラ殺人になった。


 しかし、心から愛したのなら、彼女を生かしていたいと思うのではないか。
 『愛していたから結果、殺人となりました。』というのは、いかにも都合のい
 い、理屈に聞こえる。

 佐川は、精神鑑定の結果、心身喪失状態での犯行と判断され、不起訴
 処分となった。しかし、本人が「あれは計画的な殺人だったんですよ。」
 と、述べているところから判断すると、心身喪失状態での犯行として不起訴
 とするのは、誤った判断だったのではないか?

 その後、佐川はマスコミに何度も出ていて、本も単著や共著で15冊以上
 出している。また、アダルトビデオにまで出ている。
 このような目だった佐川のマスコミを利用した活動を、食べられたオラン
 ダ人留学生の親はどのような想いで観ていたのか?

 また、トカナというサイトでは、「加害者が執筆・出版した3つの怪事件」
 として、それぞれの犯罪者の書いた本とその事件の内容を述べている。

 ● 永田洋子、永山則夫、林眞須美
 1、加害者の手記が最も多いのは、昭和46年(1971)〜47年(1972)にかけ
 て起きた、連合赤軍による同志殺害事件。連合赤軍幹部で主犯格の永田
 洋子はちょっとした作家なみに出版を重ねている。

 永田洋子は日本の新左翼活動家で、連合赤軍において中央委員会副委
 員長を務めた人物。
 1971年8月組織離脱の2人を殺害、翌同事件渦中で「総括」として仲間12
 人を死亡させた。1972年2月17日、委員長の森恒夫と共に一度下山した後、
 活動資金を持ってキャンプに戻ろうとしたところ、山狩り中の警官隊に発見
 され、激しく抵抗をした末、揃って逮捕された。

 そして日本の新左翼組織連合赤軍のメンバー5人(坂口弘、坂東國男、
 吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久)が、長野県軽井沢町にあるあさま山荘
 に逃げ込んだ。あさま山荘で警察部隊との激しい攻防戦が始まった。事件
 では民間人1名、警官も2名殉職した。

 以下、永田洋子の著作。
 『十六の墓標』(彩流社)上下2巻」、『氷解 女の自立を求めて』(講談社)
 『私生きてます 死刑判決と脳腫瘍を抱えて』(彩流社 )
 『愛と命の淵に 瀬戸内寂聴・永田洋子往復書簡』(福武書店)
 『続十六の墓標 連合赤軍敗北から十七年』『獄中からの手紙』
                                     (ともに彩流社)
 同じく連合赤軍幹部で主犯格の坂口弘は『あさま山荘1972』(彩流社)を
 上下と続で計4巻出している。坂口は獄中で短歌を創っており、『常しへの
 道』(角川書店)『坂口弘歌稿』(朝日新聞)と、2冊の歌集も出している。

 幹部メンバーの坂東國男も『永田洋子さんへの手紙』(彩流社)を出版し
 ている。
 ということで、犯罪者がその罪の重さにも関わらず、本を出している状況
 は今に始まった事ではない。

 2.1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件を引き起こした
 永山則夫(元死刑囚)。 東京、京都、函館、名古屋で4人を射殺。
 1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの間、獄中で創作活動を続
 けた小説家でもあった。

 手記としては『無知の涙』(角川文庫)『人民をわすれたカナリアたち』
 (角川文庫)『愛か−無か』(合同出版)『動揺記1』(辺境社)
 『反−寺山修司論』(JCA)などがある。
 昭和58年には、小説『木橋』で第19回新日本文学賞を受賞。
 その後、『ソオ連の旅芸人』(昭和出版)『捨て子ごっこ』と、次々に小説を
 発表している。

 3、和歌山毒物カレー事件、
 1998年7月25日夕方、和歌山市の園部地区で行われた夏祭りにおい
 て、提供されたカレーに毒物が混入された事件である。カレーを食べた
 67人が腹痛や吐き気を訴えて病院に運ばれ、そのうちの4人が死亡した。

 逮捕された林眞須美は『死刑判決は「シルエット・ロマンス」を聴きながら』
 (講談社)を、2006年に出している。

 ● 木嶋佳苗と加藤智大
 また、最近の事件に関わったものが書いた出版物もあげている。 

 首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗の『礼讃』(角川書店)2015/2/28 。
 彼女の裁判は、さいたま地方裁判所において全訴追事案(殺人3、詐欺・
 同未遂6、窃盗1)についての併合審理となった。

 2008年(平成20年)6月8日(日曜日)に東京都の秋葉原で発生した加藤
 智大による秋葉原無差別殺傷事件。7人が死亡し、10人が負傷(重軽傷)
 した。 その本人による著作『解』(批評社)が 2012年7月に発行された。

 加藤智大の弟(享年28)が自殺した事を週刊現代記者の齋藤剛氏が『週刊
 現代』2014年4月26日号で明かしている。
 以下、その弟の言葉。
 <「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い
 知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。そ
 れが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。 死ぬ理由に勝る、生き
 る理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら
 教えてください」>

 この他にも、たくさんの著作が探せば出てくるのであろう。但し、犯罪者が
 自分の名前や顔を完全に隠したうえでの出版というのは、世界的にみても
 珍しいのではなかろうか。

 『絶歌』の批判は多いものの、結果的に他の小説やエッセイを抜く15万部
 の大ベストセラーになっている。加害男性に入る印税は2千万円以上とみ
 られる。これからも、本が売れなくて困っている出版状況のなかで、犯罪者
 の書いた、もしくは犯罪を体験した人が書いた本は次々と出てくるのではな
 いか?

         
 参照:『絶歌』論争をする前に ― 加害者が執筆・出版した3つの怪事件を覚えていますか?
 
  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system