HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  出版社の罠にはまった?少年Aの手記「絶歌」の波紋

                                          2015年06月28日 01:28


   
   
   


        ログ

 ・
少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・
金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・
800万円引出し平沢愛美事件
 ・
三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 
フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ

 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
         
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」 
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動

 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 
りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億

 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
        
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて

 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・バタフライルーム傑作スリラー
        
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 
強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹

 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺


 週刊文春を買って、改めて気が付かされるのだけど、元少年A(酒鬼薔薇
 聖斗)の書いた本『絶歌』が世間を相当、騒がせている。
 6月25日号の週刊文春に続いて、今週号(7月2日号)の文春にも、少年A
 の『絶歌』が記事として取り上げられている。

   少年A

 ● さあ ゲームの始まりです。
 
少年Aの犯罪を振り返りたい。
 1997年、当時14歳の少年が小学生5人を襲い、3人が負傷し、2人
 が死亡した。中でも土師淳(はせじゅん)くん(享年11)の殺害は、被害
 者の首を切断し自らの中学校の正門前に晒した犯罪史に残る事件だった。

 「さあ ゲームの始まりです。愚鈍な警察官諸君、ボクを止めてみたまえ。
 ボクは殺しが愉快でたまらない!人の死が見たくて見たくてたまらない!
 汚い野菜共に死の制裁を。積年の大怨に流血の裁きを。
                  学校刹死の酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」
 被害者は口に、赤字で書き始められた挑発的な犯行声明をくわえさせられ
 ていた。

 思えば、最近会社の知り合いがこんな発言をしていた。
 「さかきばら(酒鬼薔薇)が本をだしたねぇ。さかきばらでも本を出せた
 んだから、オレも本を出せるんじゃないかな?でも会社勤めをしているか
 ら、本が売れて別収入があったら、それはまずいのかな?」
 と、まったくあきれるほどのバカ発想をする。

 その男は、普段はたまに買う週刊誌と旅行雑誌と電車図鑑意外の本を読ん
 でいない。何故、さかきばらが書いた本が売れるのかも、自分の文章力も
 まったく考えていなくて、いつも瞬時の思いつきだけで発言をする。

 「大丈夫。おまえが本を仮に書いても出版社が相手にしないし、自費出版
 で強引に本屋に並べたとしても絶対、売れないから。売れるためには何か
 賞を取っているとか、さかきばらと並ぶ犯罪者であるとか、よっぽどすご
 い体験をしてるとかでないと、素人が書いても売れないから。
 今、芥川賞を取った作家が『自分はなんでこんなに貧乏なんだろう?』と
 いう想いを書いた本を出したのを知っている?作家は本が売れなくて本当
 に生活に困って大変なんだから。」

 と、説明したら、その男は笑いながら「そうか、売れるためにはまず殺人
 しなくちゃなぁ」と笑っていた。

 ● 手紙には見事な『見城論』
 話が脱線してしまった。
 週刊文春6月25日号では、元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の書いた本に関し
 15ページさいて、特集記事にしていた。それが、読み応えがあり、ひさ
 びさに充実した1冊になっていた。

 まず、Aが手紙を幻冬舎社長の見城徹社長に送りつけた事が書かれて
 いる。たぶん、英国人リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害した市橋達也が
 「逮捕されるまで空白の2年7ヶ月の記録」という本をそこの出版社から
 出したことも大きかったのではないか?

 見城氏は、Aから手紙を送られた事を、このように述べている。
 「あの手紙を見たときは半信半疑だったよ。でも間違いなく当時テレビで
 見た犯行声明と同じ文字だったから興奮した。何十枚にも及ぶ見事な
 文章は、僕への熱烈なファンレター。エイベックス社長の松浦(勝人)と
 僕が対談した五年前の正月のBS特番で僕のことを初めて知ったと書
 いてあった。

 僕の書いた『編集者としての病』、『異端者の快楽』(いずれも太田出版)
 なんかも読んでたね。手紙には見事な『見城論』が語られていて、これ
 だけで本に出来るくらい文学的なものだよ」

 そこから見城氏が三人の特別チームを作り何度もAに原稿の直しを要求
 した。結果的に、見城氏は本にするまでにはハードルがあり、あと2年は
 かかると考え、本は出さないことを通告するつもりだった。「他の出版社
 なら出すかもしれないぞ」と見城氏は伝えており、実際に太田出版を含め
 た三社をAに提案していた。

 Aも「もう本は出さなくていい」とまで言い出していた。
 ところが、三月初旬に見城氏は都内のホテルでAと三度の対面をし、その
 時にAが「太田出版で出させてください」と言い出したという。そして「太田
 出版の社長にどうしても会いたい」と言ったとのこと。

 太田出版の動きは早くて、Aと初めて会った三か月後には『絶歌』が発売
 されることになったという。

 ● 自分のアイドルは連続殺人者
 週刊文春では、別ページにて「少年Aを神と崇める模倣犯列伝」と、題して
 彼に影響を受けた殺人者を8名ほどあげていた。
 例えば、知人女性殺害容疑で逮捕された名古屋大の女子学生(19)は、ツ
 イッターでこんな呟きを残していた。

 「7月7日!!酒鬼薔薇聖斗くん32歳の誕生日おめでとう♪」とお祝い。酒鬼
 薔薇聖斗の発言などを紹介する「bot(ボット)」アカウントにもメッセージを
 送り、返信がくると「返信もらえた死ぬほど嬉しい」と喜んだという。

 同様に世間を震撼させた、昨年七月、佐世保しでの高一女子による同級生
 の殺害事件。ここにも少年Aとの接点がみられるという。
 「加害少女は猫を殺して解剖し、そこから人間の死に対する関心を深めて
 いった。そのプロセスは少年Aと同じです。地元紙は、彼女は事件前、少年
 Aの事件など少年犯罪の新聞報道を調べていたと報じています」
 (取材した記者)

 しかし、犯罪に興味を持つ予備軍が、犯罪者の本を読んで影響を受け、
 結果的に自らも真の殺人者に至る『連鎖』というものは、怖い。
 なぜなら、Aは、今回の本「絶歌」の中で、自分のアイドルは連続殺人者
 であったことを述べている。

 僕は野球選手の名前も、テレビタレントの名前もほとんど知らなかった。
 当時の僕にとってのスターは、ジェフリー・ダーマー、テッド・バンディ、
 アンドレィ・チカティロ、エドモンド・エミル・ケンパー、ジョン・ウェ
 イン・ゲイシー・・・・・・。

 世界にその名をとどろかせる連続猟奇殺人犯たちだった。映画『羊たちの
 沈黙』の公開を皮切りに九十年代に巻き起こった”連続殺人鬼ブーム”に
 僕も乗っかり、友達の家に揃っていた『週刊マーダーケースブック』や、
 本屋にずらりと並んだロバート・K・レスラー、コリン・ウィルソンの異常犯罪
 心理関係の本を読み耽った。

 クラスの男子が好きなアイドルのプロフィールを覚えるように、僕はキャ
 ラの立った殺人鬼ひとりひとりの少年期のトラウマ、犯行の手口、死体の
 処理方法、逮捕されたきっかけ、裁判の経過などを片っ端から頭に詰め
 込んだ。クラスの女子たちがジャニーズとのデートコースを何パターンも
 考えている間、僕は人を殺す方法を何パターンも考えた。

 同級生たちが芸能人やスポーツ選手になるのを夢みるように、僕は、”殺
 人界のトリックスター”になることを夢見た。僕も彼らのように人々から恐れ
 られたかった。怪物と呼ばれたかった。
 「怪物」と呼ばれ、ひとりでも多くの人に憎まれ、否定され、拒絶されること
 だけが、僕の望みであり、誇りであり、生きるよすがだった。
 (「絶歌」元少年A  生きるよすが より)

 というような、連続殺人者の心理も実際に少年A(酒鬼薔薇聖斗)の手記
 を本にすることによって、わかる重要な事の一つであるとぼくは思う。しかし、
 現在は彼の本を買って読むことすらが、犯罪者側に加担するかのような、
 表立って言えない後ろめたい行為のような印象になっている。

 ● 売り逃げの共犯者だ
 週刊文春7月2日号では、『「少年A」14歳の肖像』まどの著書がある
 作家の高山文彦氏のこのような批判を載せている。

 「Aと出版社は、売り逃げの共犯者だ」と厳しく批判する。
 「金銭を得ることを最優先に考えたため、このようなレベルの低い代物が
 出来上がったのでしょう。そもそも彼は、社会的罰を一切受けていない身
 です。にもかかわらず、こうした出版によって、社会と接点を持とうとするの
 はあまりにも世の中を甘く見た考えです。本来、出版社の大人たちがAに
 対し、世の中の道義・倫理を諭すべきなのに、一緒になって金儲けに走っ
 ていて、呆れる他ない。」

 そして、そんな批判にさらされているにもかかわらず、現在、本屋ではほ
 とんど売り切れ状態だ。1週間前は、アマゾンでも先に買った人が早くも
 中古品として定価以上で売買したが、現在は、新刊書としての在庫ありの
 状態になっている。そして、アマゾンには、本を買っていない人までが、
 本の感想、つまり「絶歌」を買わない事の意味を書くという、変則的な掲示
 板のような状態になっている。

                   

 参照:【神戸連続児童殺傷事件】元少年Aの「絶歌」出版までの舞台裏
     週刊文春 2015年6月25日号

  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system