HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議





  平沢愛美さん殺人事件!出会い系サイトで繋がる犯行

                                          2015年05月30日 18:35


   
   
   


        ログ

 ・
800万円引出し平沢愛美事件
 ・
三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 
フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ

 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
         
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」 
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動

 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 
りえ7年ぶりの映画・紙の月
 ・7人死亡で遺産総額10億

 ・高倉健死去・最後の映画スター
 ・舞鶴女子高生惨殺・無罪後に
 ・驚愕の手口「詐欺の帝王」
 ・75歳理事長松本義峯の無理心中
 ・体重120キロラーメン殺人事件
 ・バイブの発明「ヒステリア」
 ・卯月妙子の「人間仮免中」
 ・ドラマ・高校教師が麻薬王
 ・橋本聖子,大輔に無理チュー
 ・ボブ・サップ「野獣の怒り」
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・298人が散ったマレーシア航空
 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 ・「絞殺魔」と超能力探偵者
        
 ・塩村文夏の涙にだまされるな
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 PC遠隔操作事件の小保方銃蔵
 ・片山祐輔にみごとだまされて

 ・吉田有希ちゃん事件に犯人
 ・テロ組織女子生徒276人拉致
 ・小5女児監禁・藤原武の夢
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・バタフライルーム傑作スリラー
 ・L.A. ギャング ストリーの爽快感
 ・エイトマンの克美しげる死去
        
 ・関東連合の暴露本・いびつな絆
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 
強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹

 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?

 栃木県宇都宮市の接客業・平沢愛美(まなみ)さん(失踪時21)の遺体
 が、栃木県真岡市内の民家の庭から発見された。
 愛美さんの写真を見ると、名前通りに愛らしく美しくその命が21歳とい
 う若さで奪われてしまったことは、本当に虚しく哀しい。

   平沢愛美

 平沢さんは勤務先で、客の顔や好みをすぐ覚え、多くの客が「今日はありが
 とう」と言って帰るほど人気のあるスタッフだった。上司だった男性は「掛け
 持ちしているアルバイトが忙しくなり、シフトを外れる時も『時間ができたら
 いつでも来てほしい』と頼んだ」と語る。高校時代の友人で長野県茅野市
 (ちのし)の美容師の男性(29)は「ファッションに関心があり、東京の衣料
 関係のショップで働きたいと話していた。こんなことになって悔しい」と声を
 落としたとの事。

 平沢さんは長野県茅野市(ちのし)出身。中学校に上がるころに両親が離婚
 し、アパートで母一人、子一人の生活をしていた。

 彼女の友人が語る。
 「歌が上手で、中学の時は合唱部に所属していた。高校は『高校生活は続
 けられない。時間がもったいないから早く稼ぎたい』って言って二ヶ月くらい
 で中退した。母親が再婚したこともあって、一人暮らしを始めたのもこの頃。
 最初は長野にいたけど、二年ぐらいして『都会に近い方が時給が良いから』
 って宇都宮に引っ越した」

 彼女は800万円の貯金があった。
 将来、お店をもちたいというのが、彼女の夢であった。
 平沢さんは居酒屋やデリヘルなどでアルバイトを掛け持ちし、昼夜無く働き
 づくめだった。居酒屋でともに働いていたバイト仲間が語る。

 「仕事熱心でお客さんにも人気でした。いつも仕事を掛け持ちしていたので
  『大変じゃない?』って聞いたら、『ずっとお金に苦労してたし、いつか
  自分の店(飲食店)を持ちたいから』って頑張っていた。クラブとか行って
 ノリも良かったし、人懐っこくて年上に可愛がられるタイプだった」

 その自分の店を持ちたいという夢を命と共に奪ったのは、二人の男女で、
 石崎康弘(42)と手面真弥(てづら・まや)(25)。

 警察の捜査に対し、二人はこう供述したと、社会部記者が説明する。
 「遺体発見場所は石崎の実家でした「。元々、二人は平沢さんの預金通帳
 を使って宇都宮市内の金融機関から現金八百万円を引き出した詐欺容疑
 で十八日に逮捕されていた。一方、平沢さんの四月上旬から連絡うが取れ
 なくなり、捜査は平行して行われていた。事情聴取を進める中で二人が
 殺害を認める自供を始めたのです」

 犯人の二人は、出会い系を通じて知り合った数年来の不倫関係にあった
 という。ほとんど、ゆきあたりばったりの計画なき殺人で、二人とも借金に
 追いつめられての犯行であった。

 平沢さんも、ネットの出会い系サイトを通じて石崎と知り合う。
 石崎の知人が振り返る。
 「石崎は小山高校を卒業して、専門学校を出た後は二、三年パチプロをし
 ていた。その後、会社を転々として今の住宅設備会社に落ち着いたが、今
 でもパチンコに相当はまっていた。ミーハーで、経済的に厳しいのにフェア
 レディZ130を買ったりして。最近家を建ててからは『嫁と子供とローンで
 カネが無い』と愚痴をこぼしていた。若い女も好きで(共犯の)手面って女
 とは不倫していた」

 石崎と手面は数年来の不倫関係だった。手面は二人の子供を持つ専業
 主婦で、最近自宅をリフォームしている。
 「手面と平沢さんは面識がなかった。金銭面で困っていた二人が共謀し
 平沢さんの虎の子の貯金を目当てに犯行を企てたと見られる」
 (社会部記者)

 犯行に及んだのは4月5日、平沢さんが所有する車の中だった。
 「平沢さんの自宅は荒らされた形跡がないので、石崎が本人に通帳と
 印鑑を持ち出させたのでしょう。実行犯は手面で、絞殺のようです。翌日
 には手面が平沢さんの振りをして八百万円を早速引き出し、借金返済に
 充てたそうです」
 金融機関に設置された防犯カメラの映像には、現金を引き出す不審者の
 姿が映っていたとのこと。

           

 参照:栃木女性遺体:平沢さん「将来は飲食店を開きたい」
     週刊文春 2015年6月4日号

  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system