HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議









  伊藤リオン・見立真一、その後の関東連合のニュースは?

                                          2015年04月12日 03:29
                        (追記 2016年12月26日 見立のその後 )


     


        ログ

 
おでんツンツン男・豊嶋悠輔
 ・占いが捜査に活躍・極秘捜査
 ・「君の名は。」より「君の縄」
 ・実録映画・傑作10番街の殺人
 ・高畑裕太・強姦事件の不可解
 ・不可解な連続点滴殺人事件
 ・大竹しのぶの「後妻業の女」
 ・ゴジラで石原さとみ“異次元”
 ・松本・ヒトラーの映画に嫌悪
 ・鴨川つばめと山上たつひこ
 ・鳥越俊太郎・女子大生の前で
 ・能年玲奈がのんに改名裏事情
 ・池田徳信の目黒バラバラ殺人
 ・美しき人の哀しみ・エレジー
 ・阿部祝子さん事件の不思議
 ・高知東生、五十川と薬物逮捕
 ・六本木クラブ襲撃事件で15年
 ・デッドプール・下品で大人気
        
 ・佐藤宣行・新潟少女監禁事件
 ・引退・洗脳もウソ、能年玲奈
 ・レヴェナント 蘇えりし者
 ・岩埼友宏の神・橋本愛への失望
 ・沖縄・島袋里奈さん殺害と米軍

 ・芸能か将棋か?竹俣紅の選択
 ・歌が心に染みるあやしい彼女
 ・小番一騎の妻が法廷で大放言
 ・殺してない・栃木7歳女児殺害
 ・元少年Aの週刊文春記者直撃
 ・女性の濃密な関係キャロル
 ・マンガ「芸能界 蛭子目線」
 ・ブリッジ・オブ・スパイ
 ・高橋健一が制服に走った背景
 ・大東隆行射殺・2年後の犯人像
 ・小番一騎のチン事件・拒めない
 ・土田芳さん皮剥ぎ事件に同居人
 ・土田芳さん顔剥ぎ取り殺人
 ・診療報酬詐欺_タレント女医逮捕
        
 ・ジェイシー事件と白い沈黙
 ・天地真理と「老後破産」悪夢
 ・6人殺害のナカダ記憶喪失?
 ・HP・飯島愛の誕生日に閉鎖
 ・川崎有料老人ホーム3人転落死

 ・嫌われ山田浩二と3人の女性
 ・山田浩二の少年愛の不思議
 ・小番一騎イタイ弁護士への復讐
 ・世界最大の不倫サイト情報流出
 ・佐川一政、生活保護の日々
 ・佐川一政、他の加害者の出版
 ・少年Aの手記「絶歌」の波紋
 ・金山昌秀は逃げた油撒き事件
 ・800万円引出し平沢愛美事件
 ・三菱重工ビル爆破テロ40年目
 ・声優のアイコ今度は妹キャラ
 ・すき家女性店員が裸の画像を
 ・官邸ドローン山本泰雄の犯行
 ・妖しげな魅力「ヴィオレッタ」
        
 ・フィリピンで性獣に高島雄平
 ・エリカでなく、にしおかすみこ
 ・その後の関東連合のニュース
 ・大塚勝久と大塚久美子社長
 ・ロバート・ダーストと死者達
 ・アメリカン・スナイパー快感
 ・切り刻まれた「黒い看護婦」
 ・うさぎ5時に夢中!降板騒動
 ・パニック映画『新幹線大爆破』
 ・狂気・老女殺害の大内万里亜
 ・後藤健二さんの数奇な人生
 ・世界一うつくしい昆虫図鑑
 ・ユニクロで起きていること
 ・その女アレックス賞6冠達成
 ・新たな橋本愛インタビュー
 ・2015年版「悪魔の人名辞典」
 ・百田尚樹著作の「殉愛」騒動
 ・千原ジュニア発言に大激怒!
 ・りえ7年ぶりの映画・紙の月


 関東連合のニュースを聞かなくなって、だいぶ経つ。
 ところで、いままで世間を騒がしていた主要なメンバーは今、どうなって
 いるのか?

  伊藤リオン_見立真一 

 ● 伊藤リオンと、トーヨーボール殺人事件
 まずは、伊藤リオン。
 リオンとは、歌舞伎役者・11代目市川海老蔵への暴行事件を起こした元
 関東連合のメンバー。
 中南米系のハーフで、関東連合系の暴走族「宮前愚連隊」に所属していた。
 その時期には関東連合の先輩にあたる石元太一らとともに「トーヨーボー
 ル殺人事件」(2000年)に関与した。

 「トーヨーボール殺人事件」(2000年)とは・・・・
 都内大田区池上のボウリング場「トーヨーボール」が現場となった暴走族
 同士の乱闘事件、いわゆる「トーヨーボール事件」(2000年)で、1名の
 死者を出すに至ったこの事件の首謀者として石元太一が逮捕された。
 あわせて、被害者への「懺悔」の意思を石元太一が、自叙伝『不良録』の
 内に明かしている。

 この事件は無関係な少年グループを対立暴走族グループと勘違いして
 襲撃した末に 飲食店勤務の少年・小笠原一也さん(当時18歳)を脳挫傷
 で死亡させたもので、犯行に用いた車両が女優の三田佳子(次男が関東
 連合関係者らから小間使いのように扱われていた)の名義であったことな
 どから、「関東連合」がメディアの注目を惹起するきっかけとなった事件で
 もあった。

 また、現場に居た会社員(18)にも重傷を負わせた。この事件の主犯格は
 柴田大輔。当時少年だった柴田大輔、伊藤リオンらは逮捕されるも名前は
 出なかった。

 「海老蔵事件」では実行犯として1年4月の実刑判決を受け服役。この事件
 については、実際には同席していた石元太一ほか数名の罪を被っただけで
 あった、とする見方もある。

 ● 山口組系の組織から破門状
 リオンは出所後は、暴力団に加入したようだ。2014年11月7日付で、仙台
 に本拠地を置く山口組系の組織から破門状を出されていたという。
 葉書(破門状)の出し主は、山口組の最高幹部に名前を連ねる二次団体
 の幹部・X氏。

 破門状の内容は以下の通り。

   元X會 若中 伊藤リオン 三十歳 東京都××区在住
   右の者 平成二十六年十一月七日付けを以って『破門』致しました
   右 念の為御通知申し上げます


 仙台最大の繁華街・国分町で古くから働く飲食店関係者で、X氏を知る
 人物に話を聞く事ができた。

 「Xさんは三十代にして要職を務める若手のホープ的存在。関東連合の
 リーダー格だった見立真一とは少年時代から付き合いがあったようで、
 交流が深かった。見立がフラワー事件で東南アジアに逃亡する前までは、
 元関東連合メンバーや配下の半グレ集団を引き連れて仙台に顔見せに
 連れてきていたくらいですから。震災の時にもXさんの立場を慮ったのか、
 関東連合は牛肉や米などの救援物資を送ってきたそうです。そうした関係
 があったにも関わらず、伊藤を破門したということは、よほどの事があった
 のでしょう」

 “半グレ”の代名詞的存在として悪名を轟かせた関東連合のメンバーであ
 り、暴力団員ではなかったはずの伊藤が“本職”に転じていたのは、なぜ
 なのか。

 この点を関係者に聞くと、返ってきたのはこんな答えだった。

 「リオンはある商売で一山当てて、六本木にキャバクラを出したはず。つま
 り、金には困っていない。そんな彼が暴力団に入る理由があるとすれば、
 身に危険が迫っていたからではないか。それまで敵対グループや都内の
 暴力団にさえ存在を認められ、恐れられてきたリーダーの見立がいたの
 で我が者顔でいられたのが、そうはいかなくなったんだと思いますよ」

 前出のX氏を知る飲食店関係者が語るところによると、「リオンはX會の
 看板を抑止力として利用しながら、組には貢献しようとしなかった。そもそ
 も行動が子供染みていて言い訳や泣き言が多く、冷ややかな目で見られ
 ていましたよ。ヤクザとしては使い物にならなかったとの評判です」との事。

 伊藤を知る六本木ホステスは、こんな話を打ち明けてくれた。 

 「本当のことを言うと損すると思ったようで、収入を過少申告していたみた
 い。『月収は50万円しかありません』なんて嘘をついてたみたいです。組よ
 りもこれまでの暮らしや仲間を優先しているように見えました。それと、
 仙台の暴力団は相当躾に厳しいらしく、馴染めていない様子でした。六本
 木のキャバクラも、破門状が出たことで在京の暴力団の圧力により閉めた
 ようです」

 その山口組系の波紋のニュースから、はや5ヶ月経つが、それからの伊藤
 リオンのニュースは何も入っていない状態。

 ● 出頭に応じない見立真一
 東南アジアに逃亡した見立真一はどうなっているのか?
 見立真一は、「半グレ集団」として知られるようになった関東連合を実質的
 なリーダーとして統率していた。

 2012年9月2日未明、六本木のクラブで、客の男性が複数の男達に襲撃され、
 金属バットや鉄パイプで撲殺されるという事件が発生した。
 場所は、六本木のクラブ「FLOWER」で、殺されたのは、都内で飲食店を
 経営する藤本亮介さん(当時31歳)。

 「覆面をして鉄パイプを持った集団が店に乗り込んできたのには、すぐに
 気付きました。はじめは何かのパフォーマンスかと思ったのですが、彼らは
 まっしぐらにVIP席に向かうと、奥のテーブルに座っていた男性に一斉に殴
 りかかったのです。

 音楽が大音量でかかっていたのですが、それでも鉄パイプが男性の頭にぶ
 つかるカキーンという音が聞こえました。時間にして1分くらいの出来事でし
 たが、照明が点滅する中で男性がメッタ打ちにされた光景は・・・・・・・きっと
 一生忘れられません」  (目撃者)

 この事件は関東連合メンバーがかねてからの抗争相手と間違え、人違い
 の末に起きたとされるが、第一報をメンバーに知らせ、襲撃のきっかけを
 作った元リーダー・石元太一被告に懲役11年の判決がくだされたのだ。

 傍聴した関係者が語る。

 「求刑が22年だったから、正直言って驚くほど安い(短い)判決だった。ただ
 検察側は控訴してくるだろうし、本当にこの刑期で決着つくかどうかはまだ
 わからない」
 しかし、無罪を主張していた石元太一は有罪判決に怒りが収まらない様子。
 法廷を出る間際、「俺は納得できないからな!」と叫びながら退廷したという。

 ところで、捜査一課は見張り役、実行犯のほとんどを検挙したものの、主犯
 格の見立真一はフィリピンに逃亡したまま。無論、見立にも出頭するよう再三
 呼びかけたというが、応じなかったのだという。
 
 関東連合の元最高幹部である柴田大輔氏(37)は、見立真一の現在の姿と
 現在の関東連合に対する想いを、週刊ポスト2016年11月4日号にて、このよ
 うに語っている。     (2016.12.26 追記)
 
 「まだ見立君と連絡を取っているメンバーはいるようです。現在、フィリピンの
 離島にいる彼は、マフィアとも反政府軍団とも言われる人たちに匿われている
 と聞く。一時期、ペルー国籍を取って逃げ切るという話もあったけど、整形し
 顔も国籍も変えて日本に密入国する可能性もあるでしょう。

 完全に関東連合に対する気持ちは切れた。僕の『関東連合元最高幹部』って
 いう肩書きは恥ずかしくてしょうがない。一人では喧嘩もできない連中なんで
 すよ。関東連合なんて虚像です」


 ● 金剛弘さん殺害の報復
 水面下ではいかなる交渉があったのか? 捜査関係者の語る内幕は生々
 しい。             
 「事件直後、中国や韓国、フィリピンなどに国外逃亡したメンバーに出頭を
 促すため、捜査サイドは1人の男に白羽の矢を立てた。関東連合メンバーが
 少年時代から慕うAという人物です。彼は暴力団関係者で暴力団を担当する
 捜査4課が間に入る形で『協力しなければ、別件で身柄を抑えるぞ』と圧力
 をかけ、渋々海外逃亡組との連絡調整役に仕立てあげられた。結局、多くの
 メンバーが韓国からほぼ同時期に出頭することになった背景にはAの存在が
 ある」

 それでも出頭の呼びかけに応じなかったのが、見立慎一容疑者だ。
 関東連合メンバーの多くが心折れる中で見立容疑者はこう語っていたのだと
 いう。

 「薄々気づいてはいましたが、Aや関係者への事情聴取を通じて『まだ目的
 を晴らしていない。それが済むまでは俺は出頭できない』と見立の意向が
 確認されました。フィリピンに逃げている以上、現地に行ってどうこう、現地
 警察と連動してどうこうというのは現実的な話ではなく、我々としてはずっと
 潜伏されると手の出しようがない。完全に膠着状態です」(前出の捜査関係者)

 見立容疑者の言う「目的」とは、2008年3月に西新宿で起きた実業家・金剛
 弘(32)さん殺害の報復とみられる。しかしながら、今回フラワーの一件で
 多数のメンバーが逮捕され、警視庁からは「準暴力団」と位置づけられた
 関東連合の行き先は明るくない。

 ところで、迷宮入りのように思えた金剛弘さんの殺害事件だが、振り込み
 詐欺グループの仲間割れから起きた死体遺棄事件によって、おぼろげなが
 ら西新宿の事件の概要がわかってきたという。

 ● 振り込め詐欺グループ・死体遺棄事件
 2010年12月に埼玉県の墓地で男性(土屋彰勲さん)の遺体を遺棄したと
 して、警視庁は齋藤邦美(さいとう くにみ)を公開手配した。

 斎藤らは2010年12月6日夜、東京都豊島区内のマンションで土屋さんに
 暴行を加え、車で移動し八王子市内の団地の一室に拉致。7日ごろまで
 監禁した。さらに、10日ごろに土屋さんの遺体を霊園に運び込み、土の中
 に埋めた疑いがもたれている。

 17日ごろには、土屋さんと交際していた女性に、土屋さんの知人を名乗る
 男から「2000万円を持ってこい」と連絡があった。女性が指示通りに都内
 の高速道路の路側帯に2000万円を置いて立ち去ると、「カネを確認した」
 との電話があったという。斎藤らが土屋さんを人質に取っているように装い、
 脅し取ったとみられる。その後も土屋さんと連絡が取れないのを不審に思っ
 た女性が翌年(平成23年)1月に巣鴨署に相談し、捜査1課が捜査に乗り
 出していた。

 土屋さんは斎藤らと同じ振り込め詐欺グループのメンバーで、犯行を繰り返し
 ていた。詐取金の分配をめぐってグループとこじれていたとの情報があるこ
 とから、それが殺害の動機になったとみている

 この斉藤と周辺人物が金剛弘さんの殺害事件に関わった疑いが強く持たれ
 ている。
 斉藤を知る関係者が絶対匿名を条件に明かす。

 「齋藤は八王子を根城にする打越スペクターという暴走族出身。この暴走
 族の先輩にNという男がいて、彼が六本木の事件で関東連合が狙ったK
 兄弟や、関東連合メンバーに刺されて重症を負ったA連合会の組員とツル
 んでいたんです。東京の不良勢力で言えば、反関東連合ということで固
 まっていた。

 ところが、西新宿で殺された金村剛弘さんが亡くなる直前、Nたちは飲食
 店でたまたま出くわし、いざこざが起きた。その時、Nは金村さんにボコボ
 コにされたようで、顔は目がふさがってしまうくらいパンパンに腫れるまで
 やられた。一発、二発じゃああはならないくらいにね。Nは執念深い男。
 周りに返し(報復)はするのか? と聞かれると、『俺の一存では決めら
 れない』と言葉を濁していましたが、やる気は満々でした」

 金村さんが早朝、複数のバットを持った男たちに襲撃されたのはその数日
 後だった。当時、捜査にあたっていた警視庁にも飲食店でのトラブル情報は
 もたらされ、容疑者としてNの存在も浮上。Nは身柄の拘束までされたという。

 「別件での逮捕で、Nは身柄を持って行かれました。たしか傷害だったと思
 う。西新宿の件について相当聞かれたようだが、警察は詰め切れなかった。
 それで仕方なしに逮捕案件で起訴し、名古屋刑務所に収監されることとなっ
 たのです」

 ● 六本木の事件はお粗末すぎ
 「突発的な犯行だった六本木に対し、西新宿は用意周到に計画された事件」
 (関係者) なぜ、警察は詰め切れなかったのか。関係者に問うと、こう答え
 るのだった。

 「まず、八王子の人間は関東連合と違って行き当たりばったりで人を襲った
 りしない。金村さんを襲撃する際に、現場近くに防犯カメラはないか、Nシス
 テムはどこに配備されてるか調べた上で、足の付かない車両ナンバーをつ
 けてやっています。凶器だってとっくに処分しているはず。八王子の人間から
 すれば、六本木の事件はお粗末すぎます。

 そしてここからは私の想像ですが、NやKは襲撃を指示することはあっても、
 現場には行ってないでしょう。彼らの立場では襲撃に参加することは考え
 づらい。そこで誰を行かせたか、となると、死体遺棄事件で手配されている
 斉藤や、すでに逮捕された八王子の面々ではないか。Nは暴力団員でこ
 そないが、斉藤をはじめ“若い衆”をたくさん抱えていましたからね。彼らが
 実行部隊となったと私は見ている。関東連合側も当然、そこまでわかって
 いる」

 2013年10月、指名手配されていた主犯格の男、齋藤邦美容疑者が逮捕
 された。

 この事件では、既に知人の男女ら7人が逮捕されていましたが、齋藤は
 逃走を続けていた。警視庁は齋藤邦美が事件を主導した主犯格と断定し、
 全国に指名手配して行方を追っていましたが、公開手配を開始して1年
 以上が経った1月31日、ようやく逮捕に至った。

 警察によると、東京都台東区のマンションに現れたところを、捜査員が身柄
 確保したとのこと。情報提供があったのか、警察の捜査により行方を掴む
 ことが出来たのか、逮捕に至った経緯は不明。

 しかし、その後、金村剛弘さんの事件が解明されたとのニュースは聞こえて
 こないし、齋藤邦美の逮捕によって、見立真一の動きが変わったとの情報も
 ない。
 見立真一は、今、本当にフィリピンにいるのであろうか?という疑問もある。
 「ずっと潜伏されると手の出しようがない。」と、お手上げ状態の警察も本当
 だったとしたら、なんともたよりない。
 はやく、事件の解決につながるニュースが聞きたいところだ。

         

 参照:関東連合・見立容疑者「目的果たすまで出頭しない」
      西新宿撲殺事件の“真犯人”に重大証言
      半グレは絶滅寸前!? 伊藤リオンに見る“極道転身”の茨道

 関連:海老蔵を殴った「黒い狂犬」との異名も持つ伊藤リオン
     西新宿5丁目のバット撲殺事件と関東連合の暴露本「いびつな絆」
     バットで撲殺された男と広末涼子の元夫&宮崎あおいの夫との関係
     柴田大輔の「聖域」・最後の関東連合手記と見立真一

  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system