HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議










  スーパーフリー事件を連想させる新宿歌舞伎町集団昏睡事件

                                          2014年 7月21日  1:06

     


        ログ

 新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・ゾンビの役所公司『渇き。』
 「絞殺魔」と超能力探偵者
 塩村文夏の涙にだまされるな

 恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・片山祐輔にみごとだまされて
 ・PC遠隔操作事件の小保方銃蔵

 テロ組織女子生徒276人拉致
 ・吉田有希ちゃん事件に犯人

 ・新宿歌舞伎町・集団昏睡事件
 ・恐怖の支配・福岡筑後猟奇殺人
 ・鬼女4人の新宿集団暴行事件
 ・「凶悪」でリリー・フランキー
 ・ベートーベンが泣く佐村河内守
 ・宇多田ヒカルの結婚過熱報道
 
          
 ・ゼログラビティの感動をゼロ 
 ・阿部利樹の奇妙すぎるキャラ
 ・バレンティン選手「DV騒動」
 桝添要一スキャンダルに負け

 ・吉松育美・ストーカー事件
 ・郷ひろみ、双子の父となる
 ・綾瀬はるかの笑えた紅白歌合戦

 ・「黒子のバスケ」事件の終結
 ・黒子のバスケ事件36歳男逮捕
 ・今週のバカに朴槿恵で不快感

 ・流星ひとつ・藤圭子インタビュー本
 ・愛犬家連続殺人事件の無罪?
 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 


 

   新宿歌舞伎町集団昏睡

 6月20日、女子大生ら10人以上が東京・新宿歌舞伎町の旧コマ劇場前で
 集団昏倒している写真がTwitterで拡散された。これは大きな話題となった。
 程なく、それが明治大学と日本女子大の公認テニスサークルであったこと
 が判明し、両大学が謝罪する状況に追い込まれた。

 ● パンツ丸出しで倒れて
 テリー伊藤が言うように「地方のお嬢様なんですよ。東京来てハメはずし
 て」「アホですよ」で、終わるような話だと思っていたのだが、これはけっこ
 う深刻な事件なのかのしれない。

 というのは、先日、twitter上に投稿されたユーザーの一言がじわりじわりと
 拡散し、注目を浴びているとの事。
 以下の内容。

 『いくつかの会社の人事関係者と話す機会がありまして、クライス問題は
 非常に深刻だと言う話で一致した。明治大学の2015内定者のサークル
 名の特定が始まっている企業があったり。向こう5年位は明治大学の学生
 を取らない事を決定した企業もあった。』

 ちなみに、「クライス」とは、明治大学と日本女子大学の公認テニスサーク
 ルの名称。

 自分の息子が、就職活動でけっこう苦労したのを見てきただけに、このよ
 うな形で会社から弾けだされてしまう対象になっているとしたら、これは
 大学にとっても本人にとっても大変な事だ。
 また、この事件は犯罪の匂いが実に高い。やはり深く調査の必要がある
 のではないか。大学の謝罪で済む問題ではないとぼくは考える。

 集団昏倒の状況は、このように、ニュースになっている。
 女性たちはショートパンツがめくれてお尻があらわになったり、パンツ丸出
 しで倒れている者もおり、明らかに意識を失っている様子。だが、なぜか同
 じグループと思われる男性たちはほとんど無事のようだ。複数の警察官が
 出動する騒ぎになり、一部では倒れた女性が「脱糞している」との報告も
 あった。

 ところで、酒を飲んで脱糞するというのは、死亡に至る一歩手前の状態で
 あることが、以下の表からわかる。

   


 ● まじでヤリ合宿か
 ネット上では「女性を騙して強い酒を飲ませたのでは」「薬を盛ったのでは
 ないか」との意見が強まっている。この根拠の一つとなったのは「クライス」
 に所属していた女子大生のブログ。

 そこには「このサークル、酒入るとチャラすぎる。まじでヤリ合宿か」などとい
 う記述があり、合宿での飲み会後には「まじで犯されてもしょーがない感じ
 の勢いだったよね」などと綴られていたとの事。
 (現在、この記述のあったサイトは閉鎖されています)

 また、東スポWEBに以下のような記事が掲載されていた。
 大学のサークルの飲み会で、女子に薬物を盛るなどということはあるのか。
 「あるよ」と、いとも簡単にこの疑問に答えたのは、都内の某女子大2年で、
 有名私大のサークルに籍を置くA子さん。

 「男子がやってる。新歓で入ってきた1年の女子がメーンのターゲット。酒
 に慣れてないから、ドラッグ入れても変だと気づかない」
 使われるのは主に脱法ドラッグだ。性感を高めたり、意識を混濁させたり、
 興奮させたりと様々な効果がある。だが、何が入っているかわからないた
 め、人体にどれだけの悪い作用があるかわかったものではない。

 実際に、今回の飲み会で、路上で潰れていたのは、1年女子であったとい
 う情報がtwitterから推測されている。

 本紙(東スポ)は捜査関係者から重大な証言を得た。として、このような
 情報も掲載されている。

 「確かに、男たちは女の飲み物に薬を入れたよ。違法薬物? 違う。睡眠
 導入剤だ」

 この関係者によると「男たちは女子大生をお持ち帰りしようとして、グラス
 に“眠剤”を盛った」という。効果はすさまじかった。「予想以上にバッタバタ
 と女が倒れて、店で寝かせておくわけにもいかず、外に運んだが、それか
 らどうすることもできない。男たちもビビったわけだ」

 ある明大生によると、このサークルでは女性を酔わせる手口として、「伝
 統的にスピリタスのカプセルを使っていた」という。約95度のウオッカをこっ
 そりグラスに入れ、泥酔させるのだという。今回の件では被害届も提出され
 ておらず、警察はバカな学生を厳重注意し、騒動は幕を閉じた。

 だが、“眠剤”をひそかに飲ませて傷害容疑で逮捕されたケースは他の
 事件であるだけに、犯罪スレスレの騒動といえる。

 ● ギャルは撃つための公共物
 他の事件と言っているのは、早稲田大学のスーパーフリー事件。
 以下、サイト「ウィキペディア」から抜粋していきます。

 スーパーフリー事件は、2003年に発覚した組織的な輪姦事件。早稲田
 大学の元公認のサークル「スーパーフリー」のメンバーである大学生らは
 「ギャルは撃つための公共物だぜ」を合言葉に1999年秋から常習的に
 女子大生への輪姦をおこなっていた。

 そのうち2001年12月の事件と2003年4月事件と同年5月の事件のみが起
 訴され、早大生ら14人が準強姦罪で実刑判決を受けた。
 スーパーフリー主催によるほぼ全てのイベントで強姦がおこなわれてい
 たと第17回公判で被告人の一人が証言しており、強姦の被害者の総数は
 400名以上にのぼると報じられた。

 女性を酔い潰すに際しては「スペシャルサワー(又はスーパーヤリヤリサ
 ワー)と称する高アルコール飲料(アルコール度数96のスピリタスを各種サ
 ワーに混ぜたもの)が常用され、スーパーフリー内部ではこの酒が「ノーベ
 ル賞ものの発明」と称えられていた。泥酔した被害者が昏睡状態に陥り、
 吐瀉物にまみれ、死体のように全く反応しなくなっても輪姦は続行された。

 スーパーフリーのメンバーたちは、女性を強姦した後「俺たちにはヤクザが
 ついている」と被害者を脅して口封じしていたが、事実、暴力団幹部の息子
 と繋がりのあるハコ屋(クラブでのイベントの予約利権を握るイベントサーク
 ルOB集団) がスーパーフリーのバックにいたことをノンフィクションライター
  の小野登志郎が確認している

 逮捕者の多くは早稲田大学の学生であったが、逮捕者の中には東京大
 学・慶應義塾大学・明治大学・法政大学・学習院大学・日本大学といった
 数多くの有名大学の学生や社会人の会社経営者も存在した。

 スーパーフリーは男性だけの組織ではなく、「ギャルズ」と呼ばれる合計
 50〜60人程度の女性スタッフにも支えられていた。彼女らは男性スタッフが
 チケットを売りさばくのを助けると共に、自らの知人女性をイベントに連れて
 きて男性スタッフに「献上」し、輪姦のブロッキングを幇助し、被害者の宥め
 役を担当していた。
 
 それらの貢献への見返りとして、「ギャルズ」は芸能プロや女性誌への紹
 介、金銭的報酬といった恩恵を受けていたといわれる。この「ギャルズ」は
 逮捕を免れている。


 このことから、この事件は重大な社会的波紋を呼び、2004年の集団強姦
 罪・集団強姦致死傷罪の創設につながった。

 ● サークルの公認取り消しと廃部
 さて、再び今回の歌舞伎町の集団昏睡事件に戻るけれど、関係した大学
 からの報告があった。

 7月18日、明治大学はサークル行事における過度な飲酒や未成年飲酒の
 常態化が確認されたとして、サークルの公認取り消しと廃部を決定した。
 同様に、日本女子大学もサークルの廃部を報告している。

 関係した学生全員を対象に個別面談を実施した明治大学によると、過度
 の飲酒と未成年飲酒はあったが、薬物や睡眠薬の混入などはなかったと
 結論づけたとの事。

 明治大学による、事件の事実経緯は以下のように発表された。
 1 事実経緯
 2014年6月20日(金)夜,本学公認サークル「クライステニスクラブ」は
 春学期最終練習後,新宿歌舞伎町の飲食店において,他大学と合同の
 懇親会を実施し,本学学生34名(うち未成年者21名)が参加しました。

 この懇親会では,未成年飲酒に加え,カクテルの他,アルコール度数の
 高いウォッカやウィスキーをイッキ飲みする等,一歩間違えれば生命の
 危険を脅かしかねない過剰な飲酒を行いました。

 飲食店を退店し,旧新宿コマ劇場前に集合したところ,泥酔状態に陥って
 いた女子学生を含む複数名の本学学生が路上に倒れこみました。その
 様子を見て心配した方が警察に通報し,2名の成人男子学生が病院に
 救急搬送されることになりました。この2名は,アルコールの過剰な摂取
 と診断され,数時間後に治療を終え無事に帰りました。

 ところで、男子の過剰摂取に関しては記述はあるものの、女子に関しては
 おざなりの記述のような印象だ。
 もし、今回の件が過度の飲酒のみで起こったとしたら、それではなぜ、『同
 じグループと思われる男性たち』がほとんど無事だったのか?
 事件のもみ消しを感じてしまう、とてもスッキリしない終わり方だ。

           

 参照:スーパーフリー事件
     「女子大生集団昏睡」の真相は酒に睡眠薬

  

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system