HOME | 事件 | 社会 | 芸能 |Movie |新聞・雑誌 | お絵かき | Essay | Memo | Book |スポーツ |お気に入り | 不思議











 
  カリスマホスト土田正道さんの遺体と排水管のつまり除去液
                         
                                          2013年10月01日  23:45

     


        ログ

 ・土田正道さんの遺体と除去液
 ・連続放火殺人・63歳男の狂気
 ・強姦被害訴えた女性に姦通罪
 私生活の秘密でピンチ猪瀬直樹
 ・桜田淳子さん、17年の空白
 ・宮沢りえの女優魂!天才伝説
 ・ウクレレ漫談家・牧伸二死去
 ・悪魔の人名辞典での秋元康
 ・急上昇『超高解像度の4K』
 ・記憶力選手権の著者とレインマン
 ・小池俊一!逮捕できず遺体で
 ・さよなら「エマニエル夫人」
 ・角田美代子尼崎猟奇連続殺人
 ・怪事件・コンクリート詰め遺体
 ・藤本亮介死亡事件と石元太一
 ・藤本亮介死亡クラブ乱入事件
 ・松井康子逮捕!M資金詐欺
 ・綾部祐二と若貴の母と美人妻
 ・崖っぷちの男・高所恐怖症?
 ・スーパ強盗殺人・中国人犯人を

          

 


 ホストクラブの経営者の土田正道さん(当時43)は、2010年11月から行方がわ
 からなくなっていた。
 土田さんの家族が、事件の解決につながる有力情報の提供者に最高300万
 円の私的懸賞金を支払うことを決めていた。

 ホストクラブという職業と、行方不明というフレーズが何かドロドロした人間関係
 のトラブルの印象が持たれたものだが、土田さんの遺体が溶かされていたのに
 は、驚いた。

 それも、『市販の排水管のつまり除去液』との事。
 ライオンの「パイプマン」やジョンソンの「パイプユニッシュ」で知られる排水管の
 詰まり除去液で溶かしたうえで、排水口から流した疑いがかけられているという。

 ● 同型のインプラントが約600個
 警視庁捜査1課は9月19日までに、死体損壊・遺棄などの疑いで土田さんの
 店の元店長、玄地(げんち)栄一郎容疑者(31)と元従業員の阿部卓也容疑
 者(29)ら男女7人を逮捕した
 警視庁へのその後の取材で、『拳銃を埋めた』という阿部卓也容疑者の供述
 通り、東京・多摩地区にある多摩湖の周辺での捜索で拳銃が見つかっている。
 捜索は阿部容疑者の立ち会いのもと、行われた。

 ホストクラブという職業柄、歯にも気を配っていたのであろう。
 阿部卓也(26)容疑者の汚水漕から発見された上田さんのインプラントが決め
 手となったという。

 今年4月、捜査1課は阿部容疑者の父親・秀樹容疑者(59)の自宅を家宅捜査
 し、浴室の汚水槽から人の顔の骨とみられる骨片とインプラント(人工歯根)
 を発見した。

 骨のDNA型は照合できなかったが、同型のインプラントが国内で約600個
 しか作られていないことが分かり、捜査1課は歯科医院などの捜査で土田
 正道さんのものと特定した。
 その事により、土田さんが既に死亡し、遺体が処分されたと判断した。

 しかし、体が溶けて判別がつかず、唯一本人を識別できる物として残った
 のは人工のインプラント・・・・というのも、何か物悲しいものだ。

 ● 一言でいえば『カネの亡者』
 今週号の週刊文春では、土田正道さんの性格に関して、このような記事を掲載
 している。

 亡くなった土田さんは、歌舞伎町や八王子市内で複数のホストクラブを経営し、
 カリスマホストとしてテレビ出演するなど、業界では広く知られた存在だった。
 だがその一方、強引な経営手法や従業員に対する暴力で地元、八王子では
 恐れられる存在だったという。

 「土田さんは、自分で『平成の貯蓄王』と名乗るくらい、金にがめついことでは
 有名でした。店の内部の人間には殴ったり蹴ったりということもあったようです」
 (ホスト情報誌「マルマル」元編集長・浦悟氏)

 八王子のホストが話す。
 「一言でいえば『カネの亡者』です。ホストの世界でカネがものを言う
 のは当然のことですが、十代で皿洗いからこの世界に入った叩き上げで、彼
 が手がけた店はどこもバリバリの体育会系。従業員に手を上げることなどは
 日常茶飯時で、売上の少ないホストには、月末に『お前はこれで男を磨け』と、
 アダルトDVD一枚を給料として手渡すこともあった。
 上田さんの店から独立したホストからも、百万円単位のカネを巻き上げていた
 と聞きます」

 ところで、排水管の洗浄液で人間一人を溶かすというのは、どれだけ大変な
 作業だったのだろう?
 そもそも本当に可能なのか?という事に関しても週刊文春にこんな記事が
 掲載されている。

 元東京都監察医務院長の上野真彦氏が語る。
 「排水管の洗浄液で死体を溶かすことは、時間さえかければ可能です。
 本来、髪の毛や皮脂を溶かすための薬剤ですが、カルシウムが主成分の骨を
 溶かすこともできます。

 以前、荒川区で起きた事件で、大きな容器の中で溶液に浸かった遺体が発見
 されたのですが、殺害から十日間ほど経っていた成人男子の遺体は、ラグビー
 ボールほどの大きさに萎縮していました」


           

 参照:
ホストクラブ経営者の遺体を薬剤で溶かす カセイソーダ使用か

    
 
 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




inserted by FC2 system